OwnersBook


投資に興味がある人であれば、不動産投資に興味を持つことも多いと思います。

しかし、不動産投資となればそれなりに大きな金額を用意する必要が出てくるかと思います。

少なくても数千万円~数億円という額を用意できないのであれば、銀行から融資を受けたりすることになりますが、個人投資家が銀行の融資を受けることができるかは微妙です。

また、大きな額を運用して失敗した際のリスクは計り知れないはずです…

更に、東京や大阪に住んでない場合は、有利な物件探しをスムーズに行うことが難しい可能性が高いです。

しかし、ソーシャルレンディング事業者のオーナーズブック【OwnersBook】を使えば、個人でも1万円から不動産投資が可能です。

ここでは、オーナーズブック【OwnersBook】について色々とまとめて行きます。

不動産投資について

あくまでも個人的な意見なのですが、まずは不動産投資について考えてみます。

不動産は資産として保有することができるので、固い投資であるという考えもあると思います。

しかし、不動産の物件自体は購入した後は老朽化していくはずなので、修繕費などの維持費は必要になると思いますし、家賃収入などを目当てに保有していても、空室が発生した場合などは、計算通りの利回りに回せない可能性も出てくるはずです。


また、好条件の物件を選ぶ能力が必要になってきます。

好条件の物件は企業なども目を付けてくるはずなので、高くて個人では手が出ないという可能性も出てくるかもしれません。

もちろん、物件を選ぶ能力がプロ並みだったり、自分で修繕工事などができるなら直接不動産を買うのもOKだと思うのですが、個人でそこまでできる人は多くはないと思います。


それでも、利回りが高い不動産投資に興味がる場合は、オーナーズブック【OwnersBook】を上手く利用すれば、効率的な資産運用ができると思います。

↓詳しくはこちら↓
OwnersBook

オーナーズブック【OwnersBook】とは

オーナーズブックはロードスターキャピタル株式会社(東証マザーズ上場企業)が運営している、不動産投資に特化したクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業者です。


仕組みとしては、インターネットを通じてオーナーズブックが不特定多数の個人や企業から資金を集めて、集めた資金を(不動産を購入する際の自己資金)個人や企業に融資します。

仕組み
投資した場合は、対象不動産が生み出す賃料収入および売却益が、投資家の皆様への配当原資となりますので、元本と利子(または、それに相当するもの)を受け取ることができるという仕組みです。

メリットは?

オーナーズブックのメリットとしては、
  • 利回りが高い
  • 1万円からの少額投資が可能
  • 手間がかからない
ということがあげられます。

定期預金や国債・社債などより利回りが高い案件が多く、オーナーズブックの実績利回りは2018年6月時点で、4.5%~14.6%です。

また、1万円から不動産投資ができるというのも魅力的なので、少額で多くの案件に投資をすることでリスクを分散させることが可能です。

不動産の知識がないと自分で行うことが難しい、修繕工事や賃貸の広告を出したりする手間がかからないのも大きなメリットの一つだと思います。

メリット

デメリットは?

オーナーズブックのデメリットも確認しておきます。

デメリットとしては、
  • 元本保証ではないこと
  • 途中解約ができないこと
  • 情報開示が限定的であること
があげられます。

例えば、貸付けた案件が債務不履行(デフォルト)になった場合は、元本が大きく減る可能性もあります。(そのために、貸付け先を分散して投資する必要があります)

また、一度投資をしたら定められた運用期間が終わるまでは、途中で資金を引き揚げることができませんので、その間は資金が拘束されてしまいます。(なので、余裕資金で行うことが絶対条件になります)

情報開示が限定的で投資の判断がしずらい面も、デメリットの一つにあげることができると思います。

これらの、デメリット(リスク)を軽減させるためには、担保と貸付先を選定する運営会社の見極めが重要となってきます。

オーナーズブックの運営会社の信頼性は?

オーナーズブック【OwnersBook】の運営会社であるロードスターキャピタル株式会社は、2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しています。

ロードスターキャピタル

引用元:楽天証券MarketSpeed

ロードスターキャピタル

引用元:楽天証券MarketSpeed


元々、2012年4月に総合不動産会社として開業している会社で、不動産投資・不動産運営・アセットマネジメント等に関する豊富な知識・経験等がある会社です。

オーナーズブックの全ての担保は不動産のプロが厳選した流動性の高い東京エリアの不動産なのでリスクはかなり低いと考えて良いと思います。


ロードスターキャピタル株式会社の経営状態も創業以来黒字経営が続いていますので、この数字こそが不動産投資のプロの会社であることを立証していると思います。

経営

>>【口座開設無料】1万円からの不動産投資についてはこちらをクリック!

まとめ

ここでは、オーナーズブックについて色々と取り上げてみましたが、リターンがあるということはある程度は、リスクはあります。(ノーリスクハイリターンの投資は存在しません)

これは、FXでも株でも社債でも全て同じです。

オーナーズブックの場合は、運営会社もマザーズに上場しているしっかりとした会社なのでデフォルトなどの心配も少ないと思います。

また、少額(1万円)から投資が可能なメリットを活かして、分散投資をすることで更にリスクを減らしながら4.5%~14.6%の利回りを受け取ること(ローリスクハイリターンな投資)が可能になると思います。

最終的にはHPなどをよく確認してより安定した資産運用を目指しましょう。

>>OwnersBook公式サイトはこちら!