PC


ここ数年で注目を集めているソーシャルレンディングですが、その中でもOwnersBook(オーナーズブック)は東証マザーズに上場している会社ということもあり、安心感があるので人気があります。

ソーシャルレンディング業者選びで、その業者自体の安全性を重視することは大切なので、OwnersBook(オーナーズブック)に人気が集まる傾向にあるようです。

ここでは、私が実際にOwnersBook(オーナーズブック)に口座を開設して投資をしてみて感じた事を書いていきます。

最大のデメリットを発見してしまった

ここでは、
  • ソーシャルレンディングがどういったものなのか?
  • OwnersBook(オーナーズブック)はどんな会社なのか?
という事については割愛して、実際に私が口座を開設して資金を入金して、投資をしようとした際に起こっていることを書いていきます。

オーナーズブックの案件に投資をするためには、先に入金を済ませておく必要があります。

実際には、HP上で前日の夕方~夜くらいには次の日に投資案件があるのかを確認できますし、設定しておけば案件がある日の朝にはメールでお知らせが来ます。

それらを確認して、投資案件がある日の午前中にでも入金を済ませれば投資口座に反映されますので、そこは問題ないと思います。

アクセス集中でエラーになる

OwnersBook(オーナーズブック)の入札は18:00に開始されることが多いです。

私も18:00の10分ぐらい前からPCの前でスタンバイをして入札に参加しているのですが、申込を完了させようとした段階で「エラーが発生しました」という下の画像のような状態になります。

エラー
この段階では、自分の注文が通ったのかダメだったのかが良く分からない状態なのでこの状態ですでに問題だと思います。

更に、OwnersBookトップに戻るボタンを押しても、申込画面に戻るまでに時間が掛かりますし、もう一度トライしてもまた「エラーが発生しました」が出てきます。

これらを、何回か繰り返しているうちに申込総額が募集総額に到達してしまい、募集完了になってしまいます。


先着順だし、人気があるのですぐに売り切れてしまうということは理解できますし、そのことについては不満は無いのですが、アクセスが集中しているから繋がりにくい状態でHPが動かなくなるというのは正直に言ってマイナスポイントです。

実際に、私も何度も試してみていますが成功したのは一つの案件だけです。

先に資金を預けている状態で、買えるか買えないかは運任せになるのでは正直に言って仕事になりません。

これらのシステム上のトラブルを改善する予定があるのかを電話で問い合わせてみましたので、その内容を以下にまとめておきます。

電話で問い合わせてみた

先着順に売れて行くという事に関しては、皆さんが同じ条件で行っていることなのでそれに対して不満はありません。

私が聞きたかったことは、
  • そもそも何で、HPが固まるのか?
  • システム上の問題を改善する予定が有るのか?無いのか?
という二点です。

これについて帰ってきた答えは、
  • 入札時刻には、アクセスが集中するのでこのような状態になっている
  • システム上の問題に関しては改善策を考えているが、詳細についてはお答えできません
といった感じでした、あくまでも私がうけた印象ですが、改善する気はあまり無いように思えました。

そもそも、ネットを使って資金を集めようとしている会社であるなら、アクセスが集中しても大丈夫なシステムを完成させた状態で世の中に公開すべきで、それができない会社に資金を預けるといういうことに若干の不安を感じてしまいます。

オーナーズブックで思惑通りに買えない!対策は?

OwnersBook(オーナーズブック)に口座を開設して何度も入札を試したけど、エラーになって思惑通りに投資ができないという問題点が出てきました。

それに対して、電話で問い合わせをしてみたのですが、対応は私としては納得できる内容ではありませんでした。

確かに、マザーズに上場しているという安心感もありますし、1万円から不動産投資ができるというのは魅力的です。

しかし、先に資金を入金しておいても、その資金を投資でるかできないかはその時の運しだいとなるのなら、私としてはOwnersBook(オーナーズブック)への投資は一番後回しにするしかないと思います。


一応は、ちょっとした資金だけを口座に入金させておいて投資したい案件がある日の18:00にはトライはしますが、私の肌感触としては実際に注文が通る確率は10%か20%ぐらいだと思います。

こちらとしても、資金を遊ばせておくのは勿体無いので、他のソーシャルレンディング業者さんへの投資を優先させていくことにします。

LENDEX
例えば、不動産に特化したソーシャルレンディング業者だと「LENDEX」という業者もあります。

LENDEXはまだ実績が短い会社なので、資金を預けるのが不安な点もありますが、
  • 東急リバブルの審査済みの案件である
  • 案件の大部分に担保が設定されている
  • 案件の運用期間が短い(1年以内の案件が多い)
  • オーナーズブックより予定利回りが高い
ので悪くないと感じています。

電話で問い合わせをして色々と話を聞いてみたのですが、入札時のネット環境トラブルなども今のところは無いとのことですし、電話での応対の感じも、オーナーズブックよりは好印象でした。

2019年以降は案件を増やして行くとのことだったので、私はLENDEXでも投資をすることにします。

(あくまでも私はそうするということなので、ご判断はご自身の責任で行ってください。)


まとめ

ここでは、オーナーズブックに実際に口座を開いて投資を試みた結果、弱点があったという事を書いてみました。

こちらとしても、資金を遊ばせておいてもリターンが無いのでLENDEXや他のソーシャルレンディング業者への投資を優先するしかない状況です。

もちろん、オーナーズブックがシステム上の問題を改善すれば話は変わりますが、現段階(2018年12月中旬)ではちょっと…という感じを受けます。

(あくまでも、個人的な感想であることをご了承ください)