FXに興味があり取引をはじめてみたいと考える人も多いですが、大儲けをしたという話の一方で、FXで大損をしたという話も聞くので取引を躊躇してしまうこともあるかと思います。


トレードで大損をする原因はいくつかあるのですが、その中の一つに資金管理が甘いということがあります。


FXだと初心者にありがちなのは、まだ良く分かっていない段階で大きな金額で取引を行い、あっという間に資金を失ってしまうというミスです。

ここでは、初心者に向けて、FXのLot数(通貨単位)についてお伝えしていきたいと思います。

まずは少ない金額から始めるべき

プロは余裕資金を大切にする

FXのトレードが上手い人は、資金に対して余裕を持ったLot数で取引を行います。

周りから見れば、上手ならもっと大きな金額を張り込めば更に儲かるのでは?と思うかもしれませんが、上手な人ほど余裕資金を持たせた売買を行います。


「相場のカネと凧の糸は出し切るな」という格言もあるぐらいですから、相場歴が長く実力がついてくればくるほど、資金に余裕を持たせることがいかに大切かを熟知しています。


もちろん、そこに至るまでには、自分の手に余る金額を張り込む愚行を犯し、とんでもない失敗を繰り返したこともあるかもしれませんが、資金一杯一杯に張り込むことは危険であることを紆余曲折を経て覚えて行くものです。


関連記事:FXは余裕資金で始めるべき!負けられない状況では勝てない理由

下手な人ほど資金一杯に張り込む

逆に、下手くそな人ほど資金一杯一杯に張り込んで行くべきだとか、常に相場を行っていないと値動きを取り逃すという考えを強く持ちます。


こればかりは、経験してみないと分からい部分なのかもしれませんが、用意した資金に対して一杯一杯に建玉を行ってしまうと、心に余裕を持ってチャートを監視することができません。


トレードではこういった、メンタル的なことが儲かるか損するかに大きな影響をもたらしますので、とにかくいきなり大きな資金を張り込むということは避けるべきです。


1Lot?1,000通貨?

では、これからFXをはじめる方が1Lotから始めるべきか1,000通貨以下で始めるべきかですが、結論から先に言えば絶対に1,000通貨以下から始めるべきです。


人によっては、それなりに資金を用意できるので1,000通貨以下の単位での取引なんで馬鹿らしく感じるかもしれません。


ただ、1,000通貨単位とはいえ実際に自分の資金が増えたり減ったりすることで、意外とメンタル的な動揺が起こることがあります。


これは、年齢、性別、社会的地位、学歴などとは関係なく誰にでも起こり得ることです。

こういった、自分の心の中で起こることを一通り経験するFXの練習の段階で1Lot単位での取引を行ってしまうと、下手をすると損の額が数十万単位になることもあります。


そうなってしまうと、損を取り返したいという感情が先行してしまいドンドン悪循環の地獄にはまり込んでいきます。


FXで失敗してFXから撤退していく人の多くは、こういったパターンで、その原因の一つに始めたばかりなのに、多くの金額で取引を行っているということがあげられます。


1,000通貨以下での取引はつまらないかもしれませんが、あくまでも練習の段階ですので、上手く行けば、徐々にLot数を上げて行けば良いだけのことです。


大切なのはいきなり資金を減らさないことで、大切な資金を守る意味でも、はじめの段階では石橋を叩いて渡るぐらい慎重にはじめるべきだと思います。


関連記事:10万円を入金してトレードの練習をする!3つのFX会社を使い分ける!


デモトレードではダメなの?

1,000通貨以下の取引ならデモトレードとそれほど変わらないのでは?と感じる人も多いかとおもいますが、デモトレとは似て非なるものでだと強調しておきます。


昔から、つもり売買は弊害が多くなぜか失敗してしまうものだとされています。

やはり、少ないとはいえ実際に自分の資金を動かすリアルなトレードと、儲かっても損してもバーチャルのトレードとでは、メンタル的な部分などに違いが出てきます。


デモトレードでは勝てるけど、リアルトレードでは勝てない…というケースもよくあり、それだと、結局は1,000通貨以下の練習売買をはじめからやり直すことになり、デモトレを行っていた時間は全く無駄な時間だったと言っても過言ではないです。

なので、デモトレを行うぐらいなら、1,000通貨以下の少額取引で練習を行うことをおススメします。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

ロットを上げるということは、注文画面で数字を多く入力するだけなのですぐにできることです。

なので、軌道に乗ってきたら、いつでもすぐに行えることです。


はじめたばかりの頃は「軌道に乗せる」部分でつまずくことも多く、下手をするとこの段階で大損をしてしまう危険性もあります。


なので、初心者であれば1Lotで取引をスタートさせるのではなく、まずは1,000通貨以下で取引をはじめてみることを強くおススメします。

SBIFXトレードは1,000通貨よりさらに少ない単位の1通貨から取引が行えます。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク