初心者


FXを始めるためには取引用の口座が必要になるのですが、初心者のうちは少額で取引が可能な会社で練習売買を行うべきです。

これは、多くの資金を用意できる、できないに関係なくまずはFXの世界がどんなものなのかを体験してみることが必要だからです。


少額でも実際の資金で練習することに意味があり、バーチャルな世界であるデモトレードでは練習の甲かは薄いので、必ず現実のお金を使って練習することが必要です。


ここでは、売買の練習に最適なFX会社と初心者が勉強に役立てたいFX会社を紹介しますので、参考にして下さい。

SBIFXで練習売買を開始する

FXを始めてしばらくの期間は、勉強の期間だと割り切って練習期間を設けるべきです。

FXの通常の取引単位である、10,000通貨では練習売買にはちょっと多い金額だといえます。


なので、始めは1,000通貨以下で取引ができる会社でスタートさせるべきで、SBIFXなら1通貨から取引が可能なので、練習用の口座には最適であるといえます。


取引額を上げるのは、いつでもできることなので、自分の売買の基礎が固まるまでは少額で試行錯誤を繰り返すことで、いきなり大損をしてしまうリスクをなくすことができます。


1通貨から取引が可能なSBIFなら、10万円以下の資金でもコツコツと利益を積み重ねていくことが可能です。

このように、少額でもきちんとしたリスクをコントロールできる単位で取引ができる会社でトレードをすることが、とても大切な考え方でFXで儲かるか損するかを左右すると言っても過言ではありません。

SBIFXトレードに口座を開いて、まずは少額から取引を開始しましょう。


>>SBIFXトレード口座開設はこちら!


資金を減らさないことが大切

例えば、10万円の資金を5万円に減らした場合は、50%の資金を減らしたことになりますが、残った5万円から50%資金を増やしても7万5千円にしかなりません。

5万円を元の10万円に戻すのには、50%ではなく100%の利益が必要になります。


この考え方はとても大切な考え方で、損になる時の金額を少なく抑えておかないと、どんどん苦しい状況に追い込まれていくといえます。


資金に余裕がある人であれば、銀行の口座から減らした分の資金を入金させることも可能かもしれませんが、それでは、パチンコやスロットにのめり込んでいるギャンブル中毒の状態と同じです。


トレードは基本的には一人で行うことで、会社の仕事とは違い困った時に相談できる上司や先輩もいないので、変な方向にのめり込んで行ってもストップをかけてくれる人はいません。

損をしてカーッとなっている状態では、冷静に判断を出来なくなることも多く、ほとんどの人がこれでFXから撤退していきます。


なので、初心者の段階で大きく資金を減らしてしまうと、手の打ちようが無くなってしまうことも多いので、しばらくの間は少額で練習をして大切な資金を減らさないようにして下さい。

資金管理についてはこちらでもまとめています。
↓ ↓ ↓
大きな損失を防ぐ資金管理!勝率よりも期待値を意識する!

FXプライムbyGMOの解説を視聴して知識を増やす

初心者の方は「FXプライムbyGMO」にも口座を開設すると良いです。


FXプライムbyGMOに口座を開設すると朝と夕方に為替の解説を無料で視聴することができます。


この解説は為替のディーラーが行っているものなので、毎日視聴することで、どのような戦略でトレードを行えば良いのかが分かってきますし、為替が荒く動きやすい経済指標がある時なども事前にお知らせしてくれます。


FXの解説っぽいものは、無料の動画サイトやブログなどでも行われていますが、大切なのは毎日同じ人の解説を視聴するということです。

自分にとって説明がしやすい日だけ気まぐれに行われている解説では、あまり参考になりませんし、人それぞれ相場観が違ったりしますので、同じ人の解説を毎日視聴していくことに意味があります。


もちろん、解説どおりに取引をしただけで勝てるようになるという単純な話ではないのですが、初心者のうちは参考になると思いますので、動画をチェックしてからチャート分析を行うと良いと思います。


無料で視聴できる解説とは思えないほど、レベルが高い内容ですので、勉強用にFXプライムbyGMO口座を開設するこおをおススメします。



練習期間はどれくらい必要?

練習期間はどれくらい必要なのかという疑問も出てくるかと思います。

これは人によって違いが出てきますので、一概に言えないのですが、デイトレードや一週間に2~3回ぐらいトレードを行うスイングトレードでも最低でも半年は練習をした方が無難だと思います。


もっと慎重に進めたいのであれば、上げ相場、下げ相場、動きが無いレンジ相場の期間をひと通り体験してから、本格的に資金を投入していっても遅くないと思います。


私がトレードを始めた時に、参考にした書物にはコンスタントに取引を行って利益が手元に残せるようになるまでには、最低3年ぐらいは必要であると書かれていて、「石の上にも三年」という言葉もあるので、それぐらいの期間は必要だと覚悟した記憶があります。


3年とまでは行かなくても半年~1年ぐらいは、試行錯誤(悪戦苦闘)の期間が続くと想定しておくと良いと思います。

大抵の人は、いきなり大金をつぎ込んで大損をして私生活にまで影響が出るほど悲惨なことになってしまいます。


そうならないために、これからFXを始めるのなら、少額で取引ができるFX会社と、セミナーや解説が充実している口座を2つご紹介しました。

2つの口座を上手に使いこなして、コツコツとFXで利益を積み上げて下さい。


>>SBIFXトレード口座開設はこちら!



ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク