チャート


トレードにおいて損切りが大切だという話はよく耳にしますし、損切りに関する情報はよく出回っています。

損切りを躊躇なくできる様になったら、次は、含み益になったポジションをできるだけホールドして利益を伸ばす力を身に着けたいです。

そうすれば「損小利大」ができるようになりますので、トレーダーとしてはかなり優秀な部類に入れると思います。

ただ、損切りになる場合とは違い、行って来いの動きだったら粘ってしまったがために、せっかくの利益を取り逃すトレードも出てきますので、利を伸ばすことに関しては永遠のテーマでもあります。

この記事では、「ホールドする力」や「利を伸ばす」ことに関して掘り下げて考えてみます。

スポンサーリンク


欲張りと粘りは紙一重

「損小利大」という言葉は言葉の通り、損はできるだけ小さくして、利益はできるだけ大きくした方が良いという言葉です。

トレードを始めたての段階で、最初の壁として出てくるのが損切りの問題だと思います。そして、損切ができずに消えて行くトレーダーは大勢います。

毎日毎日トレードと自分のメンタルと真摯に向き合い損切りは躊躇なくできるようになったら、次に出てくる壁は利益を伸ばせないことです。

利益を伸ばしたいと考えるのは、人間であれば当然ですが利益確定については本当に奥が深いです。

基本的には、損になる時の幅より利益の時の幅が少しでも大きければ「損小利大」になっているので下手に利食い幅をいじらない方が良い場合も多いです。

粘りと言えばカッコイイですが、それが単なる「欲」だった場合は話が違ってきます。

結局は、ほどほどの利益幅で利益を確定させておいた方が、トータルで儲かる場合もあります。

なので、
  • 含み益のポジションをホールドすべきか?
  • ほどほどの含み益の段階で利益を確定するべきか?
は、性格の違いなどによって個人差が出ます。

自分の性格をよく理解する

性格の違いによって個人差がでると書きましたので、その辺りをもう少し具体的に見てみます。

  • 一度含み益になったポジションが結局、行って来いになり、チャラもしくは損になって終わる
  • 利益を確定した後に、さらに仕掛けていた方に動いていく
この二つのパターンをイメージして、自分がどちらに対してより負の感情(頭にくる、腹が立つ)かをよく考えてみましょう。

一度は含み益になったポジションが結局ダメになるパターンが嫌な人は、含み益を伸ばしていくよりも、ほどほどの利益で確定させていく方が向いています。

逆に、利益確定後にさらに仕掛けていた方に動いているのを見るのが苦痛な人は、中途半端な利益確定はしないで、利益を伸ばした方が良いと考えられます。

ケースバイケースではありますが、まずは自分の性格から、できるだけホールドした方が良いのか、程々で利益を確定させた方が良いのかを決めましょう。

終わったチャートを見て、
  • ここは少ない利益で確定させる。
  • この場合は利益の伸ばす。
と考えるのは愚の骨頂です。

毎度毎度都合よく利益確定の幅を変えることはできませんので、どりらかに決めたのであれば、しばらくはその方針でトレードを行っていく必要があります。


細かく利益を出していく方が向いていると感じ、そちらを選択したのであれば利益確定は値幅などで最初から決め打ちをすることにして、その後は次の仕掛けのタイミングを淡々と待つようにしましょう。


関連記事:FXで逆にしか動かないと感じた時の確認事項!



トレーディングストップと半分利確

ここからは、ある程度ホールドすると決めた場合のやり方を二つほど見て行きます。

ホールドすると言っても、その間にも値段は上がったり下がったりしていますので、単純に放置しておけるケースは少ないです。

出来るのであれば、行って来いの状態になっても、少しは手元に利益が残る方法を模索したいです。

トレーディングストップ

トレーディングストップとはポジションが含み益になったら、損切りの位置をずらしていく方法です。

例えば、100円でドル円を買って90円を下回ったら損切りになるようにストップオーダーを置いていたとします。

その後150円になったら+50円の含み益になります。

この時に90円に置いておいた損切りのオーダーを100円に引き上げるといった感じです。

トレーディングストップを使えば、150円まで上昇したがその後下落をしてしまっても損切りにはならず、100円で切れますので、リスクはゼロの状態でその後の上昇を狙うことができます。

その後、200円になったら100円に置いておいたストップオーダーを150円に引き上げれば、+50円の利益は確保しつつ、さらなる上昇を狙えます。

ポジションを抱えてから含み益の状況を見ていないとできない方法ですので、仕事の関係などでチャートに張り付いていられない場合は、工夫が必要です。


関連記事:トレーリングストップは意外とデメリットが多い?FXでの使い方は?



分割決済

この方法は、売買単位が2単位以上の場合で使える方法です。

先ほどの例の様に100円でドル円を買って150円まで上昇した時に、損切りは90円のままでポジションの半分を利食いします。

50円幅の利益は確定しつつ、残りのポジションで更なる上昇分を狙っていく方法です。

半分で利益を確定する方法のメリットとしては、そのまま上昇が続いた場合は、残ったポジションの含み益を抱えつつ、新規でポジションを作ることができます。

日々上昇していく中で、買い直しをしていくことは、だんだんと買値が高くなってきますので、それならば最初に買ったポジションを持っていた方が良いのでは?

という考えと

ほどほどの所で利益を確定して安心感も得たい!という考えの両方を満たすことができます。

デメリットとしては、始めに半分利益を確定していますので、利益の受け皿が半分になっています。損切りに掛かるときは全部のポジションが損切りになりますので、勝率が低めだと厳しいです。

少額でも分割決済できる方法

FXの業者によっては1,000通貨(0.1ロット)で売買ができる業者があります。

0.1ロットで出来るのであれば、0.5ロット×2で仕掛ければ実質は1ロットでも分割決済の方法ができます。

分割決済をやってみたいが、株や225先物では単位が大きいと感じる場合は少額で取引できるFX会社で練習をすべきだと思います。

まとめ

利益確定に関しては本当に奥が深いです。

ホールドする能力は身に着けたいですが、実は下手に粘らないで小刻みに利益を確定していった方がトータルでは儲かる場合もあります。

実際に自分が売買した記録を元に、過去検証を行うことである程度の傾向はつかめます。

また、ホールドをするという事は、ポジションを抱えたまま、食事をしたり夜になれば寝たりもしますのでメンタル的に耐えられるのかもよく考えて決めましょう。(慣れればできるようにはなりますが、慣れるまでは大変です…)

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク