メモ


裁量トレードを行うのであれば、自分の売買結果を見直したりする作業が必要になります。

そのためには、自分が行った売買の記録をノートなどに書いていく作業が必要になってきます。


これについては、売買記録と呼んだりトレード日記、売買ノートなどと言われ色々な所で紹介されていますので、一度は目にしたこともあるかと思います。


しかし、売買記録(トレード日記)を書く際には注意点があります。

それは後から見直すことができて、次の売買に繋がるものでなくてはならないということです。


ただ仕方なく義務的に書いていくといった感じでは、時間と労力の無駄となってしまいますのでその点について、確認していきましょう。

スポンサーリンク


後から見直すことが大切

はじめに売買記録(売買ノート)は書いてオシマイならあまり意味がありません。


トレード日記を書く目的は、最終的に売買で利益を残せるようになるためであることを再確認しましょう。

なので、付けた日記は後から何度も何度も見直して、自分の売買の欠点や無駄打ちをしてしまう原因などを探っていける記録である必要があります。

必要な項目


上記の事を踏まえて売買記録に必要な項目を確認してみましょう。

最低限必要な項目は
  • 仕掛けた日付(デイトレであれば時間)
  • 売買した通貨(株なら銘柄)
  • 仕掛けたロット数や株数
  • 仕掛けた根拠
  • 損益の結果と手仕舞いをした根拠
  • ポジションを持っているときの気持ち
  • 手仕舞い後の気持ちや売買の反省点など
このようなことは最低限書いておく必要があります。

また、売買ルールを破ってしまったのであれば、そのことについてもしっかりと書いておきましょう。


人に見せるものでは無いので、正直に書いていくことが大切です。

過去検証の時と同じように売買ができないのであれば、そのことについても書いておきましょう。

とにかく、ノートでもワードでも良いので書いて記録をしておかないと、しばらくたつと忘れて、また同じミスを繰り返すことになります。


これは、売買記録を付けて何度も読み返していても、同じミスを繰り返します(私はですが…)ので記録が無ければ、ほぼ間違いなく同じミスを繰り返し、いつまでも同じレベルで時間ばかりが経過している最悪の事態になるかと思います。


関連記事:FXで同じ失敗を何度も繰り返してしまう原因と対処法!



チャート上に印をつける


売買記録はノートに手で書き込んでいくのが良いという説もあります。

手で書くことによって記憶に残りやすいという理屈です。これは確かに一理あるのかもしれませんが、私は手書きでノートには書いていません。


手で文字を書くということよりも、チャート上に仕掛けたタイミングや手仕舞いをしたタイミングを分かるようにして、視覚的に後から見返せることも重要だと考えるからです。


なので、手で書き込んでいきたいのであれば、チャートを印刷してそれに書くようにする方法がお奨めです。

また、今は必要としなくても自分が仕掛けた時間軸の足よりも上位の足にも印をつけて印刷をしておくと、後からどのような背景で買ったり売ったりしていたことが分かり、何かしらのヒントになることもあります。


関連記事:チャートを手書きする方法!ローソク足と折れ線グラフの違い!

作業はできるだけ簡単に!

これまでの話では、さも大変なことを毎日毎日続けていかないとならないと感じてしまうかと思いますが、あまりにも大変で日記をつけることを辞めてしまっては意味がありません。


継続は力なりという言葉もある通り、続けて行くことで少しずつ自分のスキルが上がって行きます。


なので、仕掛けの根拠の部分や手仕舞いの部分などは、あらかじめ売買ルールが決まっているのなら、
  • 売買ルール①で仕掛けた
  • 損切りルールにかかった
  • ルールに従って利益を確定した
などでもOKだと思います。

また
  • 損切り(ロスカット)=LC
  • トレーリングストップ=TS
などの略語を使って、書き込む文字数を少なくしていく工夫も必要です。


関連記事:FXの勝ちトレードでも反省が必要!勝って兜の緒を締めよう!



継続は力なり

始めのうちは、売買記録の作り方も分からない!といった状態ですし、売買の結果も損が多くはっきり言ってトレード日記どころか、デタラメ記録・負け犬ノートといった感じもするかもしれません。


それでも、作業を1カ月続ければ、1カ月続けただけの実力が付きますし、半年続ければ半年前と比べれば少しは進歩しているはずです。

大切なことは、継続することです。

微々たる進歩かもしれませんが、それでも塵も積もれば山となります。

面倒な作業ですが、続けることによって大きな損を防ぐことに繋がったり、メンタルが安定するのであれば、やる価値は十分にあると思います。


関連記事:相場に向き合う「姿勢」や「信念」について私が思うこと!

まとめ

トレードと聞くとどうしても、手法や仕掛けるポイントばかりに目が行きがちですが、実はトレードを行っている最中は、買いのボタンや売りのボタンをクリックするだけの単純な作業を行うだけとも言えます。


事前の準備やトレード終了後の作業を大切にして、日々のトレードに臨みたいです。


関連記事:FXはまず装備(準備)に「お金・時間・労力」をかけるべき!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク