仮想通貨


仮想通貨が儲かるらしいと知人や友人から進められて、仮想通貨に投資をして暴落に引っかかり大損をしてしまった!

という人もいるかと思いますし、今後も沢山出てくると思います。

どれくらいの額の損失だったかによって現状に違いも出てきますが、トレードの世界では株でもFXでも大損をするといった経験は誰しもが通る道です。

この「大損」を持ってして、入学式を終えたという意見もあるぐらいですので、ある意味、登竜門を通過した状態とも言えます。

問題は、これからどう行動するかが重要です。


この手の投資は危険なことが分かったし、もう怖いので二度と手を出さないという選択肢もアリですし、今回は勉強もしないで仮想通貨に手を出したので損してしまったので、しっかりと勉強をして再度、投資に挑戦するのもアリです。

ただ、もう一度、仮想通貨にチャレンジしようと考えているのであればちょっと危ない可能性が出てきますので、以下の文章に目を通してよく考えてみて下さい。

スポンサーリンク


仮想通貨についての感想

「これをすれば儲かるらしい!」「今はこれがアツいらしい!」といった話は、古今東西いつでも、どこでもたえないようで、仮想通貨についても同じ類の話です。

投資の世界では、数年に一度これが儲かるらしい的な話が出てきます。


相場歴が長い人から見れば、仮想通貨に手を出している人はかなり危なっかしく見えるのですが、本人は真剣そのものなので反対すると、嫌な顔をされるのであまり指摘もできないです。


そもそも、仮想通貨は仮想の通貨です。

ドルや円・ポンド・ユーロなどの国が発行している通貨ではありません。

仮想と名前がついている時点で仮想通貨に価値が出るとは考えにくく、売買されている資金の性質も短期的な値動きに目を付けた、投機的な資金がほとんどだと考えるのが玄人的な考えになります。


なので、値動きがあるうち(ボラティリティがあるうち)だけは、投機目的で取りざたされるかもしれませんが、雲行きが怪しくなってきた時には資金が逃げて行くのは当然です。

ここら辺の知識が無い(投資と投機の違いなどが分からない)まま、いつまでも上がるだろうと考え仮想通貨(ビットコイン)など買ってそのまま放置をしておくと痛い目にあいます。


関連記事:FXで聖杯を見つけた!と一喜一憂する前に確認すべきこと!



投資と投機について

投機の話が出てきましたので、私なりに投資と投機の違いについてお伝えをしたいと思います。

投資とは

投資というのは商品だったり人だったり、その物や人物自体に価値を見いだしてお金や時間を出していく(かけていく)行為だと私は思っています。

なので、必ずしも株式やFX、仮想通貨だけに限ったことではなく、幅広い意味でも使われる言葉だと思います。

投機とは

投機とは、値段(値動き)にお金を賭けていく行為だと思います。

なので、商品その物の価値とは関係なく、値段が動いてさえいればOKだといった感じになります。


かなり一言で済ませてしまっていますが、ニュアンスとしては伝わったと思います。


では、トレーダーは投資家なのか?投機家なのか?といった疑問も出てきますが、答えとしては人それぞれであり、私としては投資家であろと投機家であろとどちらでも良いと考えています。


とぢらかといえば、投資の方が長めにポジションを持つ傾向がありますので、例えば、株であれば会社の財務状況や経常利益や配当について、読み解いていく力が必要だったり、FXであれば各国の経済情勢などを読み取るファンダメンタルズ的な力も多少は必要かと思います。


一方、投機であればファンダメンタルズはあまり関係ありませんが、チャートの見方も分からない状態では、勝ち残ることは難しいので、テクニカル分析ができる必要があり、頻繁にトレードを繰り返す事に耐えられる生活環境やメンタルが必要です。

どちらも一長一短がありますし、両方を駆使してトレードを行うタイプの人もいます。

いずれにしても、ただ人から奨められたからだとか、雑誌に書いてあるから、適当なタイミングで買って値上がりを待っているだけでは、暴落が起こった時には大損になってしまいます。


関連記事:FXで大損したトラウマを克服する!気持ちを切り替えるコツ!



FXについて

トレードで利益を出したいのであれば、しっかりと勉強をして売買の練習を重ねていく必要があります。


なので、仮想通貨で大失敗をしてしまったのであれば、しばらくの期間はトレードの勉強をするようにしましょう。

そして、勉強をしていけば、仮想通貨にこだわる必要は無く、むしろFXや株の方がしっかりとした商品なので魅力的であると気が付くと思います。


もちろん株のトレードをやってみるのも良いですが、ここでは「FX」をお奨めしたいと思います。

なぜ、FXの方が良いのかというとFXの方が少ない金額で練習売買ができるからです。

中には、損益の額が数百円ぐらいの単位で売買できるFX業者も有ります。


大の大人が数百円~数千円単位の売買を行うのは馬鹿らしく感じるかもしれませんが、いきなり大きな金額を張り込んでしまうと、また大損をしてしまうかもしれません。

二度と嫌な思いをしないためにも、石橋を叩いて渡るように慎重に売買の練習をしましょう。


損をした分を取り返そうと無理な売買をすることは危険で、傷口に塩を塗っているかのように更に地獄に巻き込まれていくことになりますので、損をしたことは授業料だと思って諦める必要があります。


関連記事:FXとは?始める前に理解しておきたい仕組みやメリット!

まとめ

仮想通貨であっても、FXであってもリスクは必ずあります。

また、値段が上がる時もあれば、下がるときもあります。

なので、リスクについて十分に理解することと、買い一辺倒ではいつかは暴落に引っかかることを念頭に置いて売買をしましょう。

相場が下がっている環境では一般的には難しい相場つきとされていて、皆が渋い顔をし始めます。

ニュースなどでも暴落時には大騒ぎになります。


しかし、一方的に上げ続けるのであれば、いつかは月まで届くほど値段が上がりますので、下がる局面は必ずあります。


これは仮想通貨でも昔の米相場でも全く同じことですので、上げ相場でも下げ相場でもどちらでも同じく稼げるようにならないと、トレードの世界で生き残ることは難しいです。

まずは、トレードに対しての知識や考え方をしっかりと確認していきましょう。


関連記事:FXと株どっちが儲かる?初心者向けなのは?

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク