聖杯


FXの過去検証(バックテスト)を行っていて、儲かりそうなやり方、いわゆる聖杯を発見した時には心が踊ります。


しかし、検証では上手くいく方法でもリアルトレードでは全然勝てないのでひどく落胆してしまうということはよくあります。

ここでは、聖杯を見つけた!と思った時に確認したいことを見ていきます。


大切な資金を投入する前に確認しておくと無駄な損失を避けることができますので、意外と大切なことです。

スポンサーリンク


FXにおける聖杯とは?

FXを行う目的は稼ぐためなので、儲かる手法を色々と探したり、儲かる売買ルールをあれこれ考えるのは当然なのですが、それをいつまでも続けていると聖杯探しをしている状態です。


結局のところ、どんな局面でも100%勝てる手法は存在しないし、それを理解したうえで上手く行かない状況の時にどうするか?といった部分を考えられるようになっていくと意外とトータルで儲かるようになることが多いです。


この辺りは、これで儲かるだろう!と思った手法(売買ルール)で失敗して落ち込む→また次のやり方を探す。

ということを何度も繰り返さないと理解できない部分もあるのですが、永遠と聖杯探しをしている人も多いのは事実です。


手法や過去検証の結果に過度な期待をしてしまうと、結果が伴わない時のショックも大きいので、聖杯を見つけた!と思った時は注意が必要です。



リアルタイムでは機能しない理由

過去のデータ上では儲かるのにリアルトレードでは儲からないのには、それなりの理由があります。


この事を理解しておくと、手法や過去検証の結果に過度な期待をしたり、聖杯探しにハマることも少なくなると思いますので、リアルトレードに移行した時に上手く行かない理由を見ていきます。

メンタル的要素

やはり、実際に利益になったり損になったりすることで気持ちが揺れ動くことは無視できないです。


また、連敗が続いたりしたら理論上は仕掛けるべきでも、ビビッて仕掛けることができないという問題も出てきます。


トレードで稼ぐために必要なことは、やり方よりメンタルであるという意見も多く存在するのはこのためです。

なので、過去の検証上は儲かる場合でもリアルトレードに移行したら検証通りには行かないと、はじめから少し差し引いて考えておくと、思い通りにならない時のショックが少ないです。


関連記事:FXのデモトレードでは勝てるけど実際の売買では負けるのはなぜ?



時間経過の概念が抜ける

当たり前の話ですが、日足が1本出来上がるにには1日掛かりますし、1時間足が1本出来上がるのには1時間必要です。


過去検証の時にはすぐに横に動かすことができるチャートも、実際にはローソク足ができあがるまで待つ時間が必要です。


例えば、含み損を抱えながら数日過ごすのが耐えられなかったり、仕掛けるタイミングまで待ちきれないということも、チャートが右端で動いている時には起こり得ることだと想定しておく必要があります。


関連記事:FXの横軸は意外と重要!チャート分析するときは時間の概念も必要!


カーブフィッティング

過去検証を行う際に注意したいのが、カーブフィッティングという現象です。

どうしても、結果が分かっているので、それに対して上手く機能するようにルールを当てはめて行く傾向が出てしまいます。


ある程度は仕方がないことなのですが、その度合いが余りにも強くなると検証では勝てるけどリアルトレードでは負ける…原因になります。


過去検証は大切な作業なのですが、検証結果の成績が極端に良い場合はカーブフィッティングになっていることを疑うべきです。


関連記事:カーブフィッティングとは?FXの過去検証でやりがちな失敗!

相場環境の変化

上げ相場、下げ相場、レンジ相場、トレンド相場、など色々な相場環境があります。

それぞれに適したやり方があり、発見した聖杯は確かにある一定の相場環境では機能するかもしれません。


しかし、相場環境が変わると機能しないということも多いので、環境に合わせてやり方を変えていく必要が出てきます。


これで、絶対に大丈夫だと思えるやり方でも機能しなくなることもあり、相場の流れはちょっとしたことで変化しますので、手法(やり方)も少しずつ変化させていかないと臨機応変に対応することが不可能です。


そうなると、いつまでも聖杯を探すという悪循環にもなりかねませんので、手法(やり方)に過度な期待をするのは危険であるといえます。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

書籍やネット上で、参考になりそうな手法を元に色々と過去検証を行い聖杯を見つけた!と思った時の注意点を確認しました。


もう一言付け加えると、一般的に取れると言われている手法は相場の値動き(ボラティリティ)がそこそこあることが前提で作られていることも多いです。


しかし、値動きが小さくなってしまう局面もありますので、その辺りもよく確認してリアルトレードに臨むようにしたいです。


関連記事:FXは動きがない・ボラがない時の過ごし方で収益が変わる!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク