階段


FXは上手い、下手が収益の結果としてあらわれます。

確かに、ビギナーズラックなどもあり実力が伴っていない段階で、大きな利益を出すこともあるかもしれませんが、長い期間FXを続けて行けば実力以上の利益を得ることは難しいはずです。


いきなり利益を出したからと有頂天になるのは危険ですし、まだ結果が出ていないからと必要以上に悲観するのも良い考えではありません。


上手い下手があるということは、人それぞれ成長段階があり、その過程で大きなミスを犯すと大損をしてしまいます。

ここでは、成長段階で犯しやすいミスについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


成長段階で実力を過信するのは危険

FXの恐ろしい一面は、適当な売買でも利益になることがあるということです。

もちろん、本人としては適当にやっているという意識は無いのかもしれないですが、いわゆるビギナーズラックで勘違いをする人は結構います。


相場環境が良ければ、損切りをしないで我慢していれば利益になることだってありますし、ナンピンをして損を避ける幸運が続くこともあります。


この様な、間違った成功体験を繰り返していると、損切りや資金管理という概念は頭から消えるでしょうし、投資金額をドンドン上げて行くのは当然の行動かもしれません。


もしかしたら、会社から貰っている給料をはるかに凌ぐ利益が出るかもしれません。

そうなれば、会社勤めもバカらしく感じて専業トレーダーの道を選ぶということを考え出す人もいるかもしれません。


もちろん、実力があれば専業として暮らして行くことは不可能ではないのですが、まだ成長段階であるのに、実力を過信して大胆な行動に出て失敗するトレーダーも多いです。


関連記事:FXで連勝が続いている時は大損の可能性がある?大きな落とし穴!



成長段階で失敗しがちなこと

ロット数を急激に上げる

FXを行う目的はお金を稼ぐことなので、上手く行くと感じたらロット数を引き上げて行くのは自然な考えなのですが、失敗しがちなパターンとしてはロットの上げ方が早すぎるというパターンです。


少ない金額ではコントロールできていた損失やメンタルも、額が大きくなれば制御不能になるということは人間である以上多かれ少なかれある現象です。


短期間で資金を大きく増やしたいと考えるのではなく、実力と共に少しずつ利益の額を増やして行くという考え方をしないと、成長段階で手痛いミスを犯してしまう原因となります。

経験が浅い段階で大損をしてしまうと、そこからのリカバリーの方法が分からないのでそのままFXから撤退してしまう…なんてことにもつながります。


「ローマは一日にして成らず」という言葉はFXにも当てはめることができる言葉で、それくらい慎重に資金を動かして行く必要があります。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!



手法や通貨ペアを増やす

一つの方法で上手く行ったので、その方法に違う方法を加えて、更に利益を増やそうと考えるのもよくある失敗です。


マルチストラテージなどと言うカッコイイ横文字もあるようですが、私はマルチストラテージはおすすめしません。


一人の人間が行うことなので、違う考え方のやり方を同時に行うと迷いが生じやすいです。

こっちのやり方では買いを示唆しているけど、違うやり方では売りを示唆している、とか、利食いや損切りのタイミングもそれぞれバラバラなことが多いです。

結局どれに従えば良いのか分からなくなる原因となりますし、せっかく上手く行っていた一つ目の方法でも上手く行かなくなる可能性が出てきますので、成長段階で複数のやり方に手を広げるのは避けるべきです。


通貨ペアに関しても、主軸となる通貨ペアがあるのなら、それに特化してトレードを続けて行くべきです。

ボラティリティが低下してきたときだけ、動きがあるポンドを利用するという考え方をした場合でも、ボラティリティが元に戻ったら通貨ペアは得意とするペアに戻すべきです。


関連記事:FXで手法をコロコロ変えると経験値が上がらないので逆効果?

pips数にこだわる

デイトレードなどをやっていると、その月に何pips取れたのかということが気になったり、pips数を多く取ることが目的になってしまうこともあります。


しかし、相場の値動きの幅以上のpips数を抜くことは不可能です。


先月より今月、今月より来月という感じでドンドン取るpipsを増やしてい行くという考えは不可能なことに取り組んでいるといえます。


相場が動く月もあれば、動かない月もあり、動かない月にはそれなりのpips数しか抜けないですし、場合によってはマイナスになる月が出てくるかもしれません。


しかし、FXはもっと長いスパンの差し引きで儲かるか損するかを考えるべき仕事なので、取るpips数を常に増やして行かないと満足できないという考えもどこかで限界がくる考え方です。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

傍から見ているとすごく順調にFXで利益を出しているのに、突然売買のリズムが狂いだす人は多いです。


自分では気がついていないかもしれないですが、ちょっと傲慢になって雑な売買を行っていたり、実力以上の金額で売買を行っているということは、ありがちな失敗です。


FXは基本的には一人で行う仕事ですので、変な方向に進んで行ってもそれを正してくれる人はいません。

なので、損した時も儲かった時も常に自分のトレード結果を反省する癖を付けて、成長段階で大きな失敗をすることを回避するようにして下さい。


関連記事:FXの成長曲線は人それぞれ!他人と比較すると焦って失敗する

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク