トレード


自分が仕掛ける(エントリーする)と必ず逆に動く気がする!!

エントリー直後に逆側に動くことが、あまりにも多いのは何故なのでしょうか?


頻度が多い場合は、もしかしたらFX会社が悪いことでもしていて、自分が狙われているのでは?などと被害妄想的な発想にもなってきます。


逆に動くと言っても、少し反対側に動いて最終的には、自分のエントリー方向に戻る場合もありますし、そのまま損切りになる場合もあります。


必ず逆行するように感じるのは、損をした時の記憶の方が鮮明に残るからだとも言えます。

この記事では、その辺りの自分がポジションを取ると必ず逆に動くと感じる心理について考えてみます。

スポンサーリンク


必ず逆に動く?

まず、必ず逆に動くのであれば、反対の売買をすれば100%利益になるはずですので、100%反対に動くのであれば、発想を転換させれば勝ち組が見えてきます。


しかし、必ず逆に動くと言っても大抵の場合は順行する場合と逆行する場合がランダムになっているはずです。

上にも書きましたが、必ずヤラれる気分になるのは、損になった時の記憶が鮮明に残るからです。


早い話が、反対側に動いたことが気になっているのではなく、損になったことが気になっているということです。

まずは売買記録を確認

そもそも、自分がポジションを取ったら必ず逆に動いているのかをキチンと確認する必要があります。

そのためには、自分が行った売買をさかのぼって一つ一つ確認していく必要があります。

そうすれば、どれくらいの確率で逆行するのかが確認できて、あまりにも確率が低い場合は逆の仕掛け方をすれば改善できるかもしれません。

売買に統一性が必要

売買の記録を確認しても、そもそも売買自体に統一性がない(売買ルールがない)のであれば、ランダムに買った売ったを繰り返しているだけなので、逆の売買をするといったことも不可能です。


なので、まずはFXの売買をする際に、一定のルールの元に売買しているのかを確認する必要も出てきます。


もし、この点で問題があるのであれば、自分なりの売買ルールを作ってからFXに臨むようにしましょう!



いきなり両建てで仕掛ける方法も!

逆にばかり動くので、エントリー(仕掛け)自体に恐怖感を持ってしまうこともでてきます。

そういった場合は、いきなり両建てから練習してみる方法もあります。


この手のやり方はあまり有名ではありませんが、心理的なブロックを外すには良い方法だと思います。

両建てから始めるので、はじめから買いポジションと売りポジションを持っています。


なので、仕掛けてた直後に逆に動いてもどちらかは含み益、どちらかは含み損になっています。


基本的にはこの段階では損益はプラスマイナスゼロ(スプレッドは無視します)の状態で、どちらかのポジションを外した段階から、実質の損益が生まれてくることになります。


これをやる意味が本当にあるのか?と首をかしげる人も多いかと思いますが。

数回~数十回繰り返していると、仕掛ける段階で、必ず逆に動くという感覚が薄れていくのが分かると思います。


関連記事:FXの両建てはツナギの練習に最適!必勝法になるのかを解説!

小さなロット数で練習する

FXは基本的には、トライアンドエラーの繰り返しですし、初心者のうちは上手く利益を残すことは難しいです。

なので、少ないロット数で売買の練習を重ねていく必要があります。


この時には利益を残そうと考えるのではなく、あくまでも練習をしている段階であると割り切り、チャートリーディングや資金管理などの基礎固めに徹しましょう。

デモトレードではなくて、少ない額でも実際の資金を使て売買の練習をすることに意味があります。

特に自分が仕掛けたら必ず逆に動くというイメージが強くある人は、本当にそうなのかを確認していく必要がありますので、少ないロット数で確認するのが良いかと思います。



勝率にこだわる必要はない

仮に、自分が仕掛けた後に逆に動くことが多くて、損切りの回数が多かったとします。

しかし、勝率が20%位でも「損小利大」になっていれば最終的には利益になるルールもあります。


あくまでも、自分の売買ルールがあり、そのルールに従って売買ができていることが前提となりますが、一回一回の損益に気を取られず、数十回の売買のトータルで損益がどうなっているのかを確認するようにしましょう。

トータルで利益になっているのであれば、仕掛けた直後に逆に動くことなどそれほど気にならないと思います。


関連記事:FXは勝ちにこだわり過ぎると失敗する?勝率より内容が大切!

まとめ

チャート自体に意味があるわけではありません(意味を求めてしまいがちですが…)。

相場は好き勝手に上に動いたり、下に動いたりしています。


そして、相場の方から「今買いなさい!」とか「今が売り時です!」と語りかけてくるわけでもなく、我々は自分で勝手に売買の判断を下しているのです。

なので、自分が仕掛けたら必ず逆に動くと相場に腹を立てても解決はしませんので、これまでの売買について真剣に見直して、改善できる部分があるなら改善していく作業をひたすら繰り返すしかないです。

トレードの結果は全て、自分で下した決断の結果だと考えましょう。


関連記事:FXは逆にエントリーすれば儲かる?反対の行動をするのは簡単?

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク