ジョギング


色々な分析をしても結局は、相場の動きは「上がるか、下がるか、横ばい」のどれかで、我々ができることは「買うか、売るか、様子見」かのどれかです。


途中に建玉操作などを加えれば、買い玉と売り玉が混ざって複雑になることもありますが、それでも「買うか、売るか」の選択に幅を広げているだけとも言えます。


昔から「売るべし、買うべし、休むべし」という格言があり、凄く単純で簡単なこの三択の中で四苦八苦するのが我々トレーダーの悲しいさがだと思います。


チャート分析や売買を複雑にする必要は無いと思いますし、継続こそ力だと思います。

しかし、簡単なことを続けることは大切ですが、簡単なことを続けることには難しさもあると思います。

スポンサーリンク


簡単なことを普通に続ける難しさ…

例えば、資金管理、損切り、売買ルールを守るなどのことは出来て当たり前のことだと思います。

しかし、チャートの前に座ってお金をかけがじめた途端に、出来て当たり前のことが出来なくなることも多いです。

少なくても私は、
  • 損切りが出来ない
  • 負ければ熱くなって取り返しに行く
  • 自分で決めた売買ルールを破る
  • 少し儲かったら天狗になってすぐに金額を上げる
などなど、よくある失敗を何度も何度も犯してきています。


そのたびに、相場からお仕置きをうけながら、当たり前のことを普通に続けて行くことの難しさを痛感してきました。


損しても儲かっても淡々と、額が上がっても平常心で相場を張ることができれば理想的だとは思いますが、機械ではないので、口で言うほど簡単なことでは無いというのが私の意見です。

そして、多くの人が相場で失敗する原因は、自分の心の中で起こっていることが原因であることが多いです。

簡単なことを普通に続けるのは、意外と難しいはずです。


関連記事:相場で理屈が理解できても実行できない時の対処法!



継続させるために必要なこと

チャートを開いて注文を出す作業はクリック一つなので簡単です。

ポジションを持った後も、最終的には利益になるのか?損切りになるのか?なので凄く単純な話です。

なので、いざ注文を出す、ポジションを抱えたという段階で、できることはそれほど多くは無いはずです。

この段階で、バタバタと慌てないためには、売買をやっていない時間をどう使うか?だと思います。

準備不足や練習不足ではメンタルがもたない

上にも書いたように、続けることは大切ですが、続けることの難しさもあります。

当たり前のことを当たり前にこなして行くことは、そうそう簡単には出来ないはずです。


相場は非情で、損をすれば自分の資金が無くなりますし、決して手加減をしてはくれません。


そして、我々ができることは凄く限られています。だからこそ、準備に時間を掛けるべきだと思います。

例えば、
  • 良書を擦り切れるまで読む
  • 過去検証(バックテスト)に時間をかける
  • 練習売買の期間を長めに設定する
などの、実践の前の段階の作業に時間と労力を費やすことは最低限必要な努力だと思います。


もちろん、これらを省いてトレードをすることは可能ですし、それも自由なのですが、取引の決断は自分一人で下す必要があり、いざお金をかけるという段階になってメンタル的にグラつかないためには、やはり下準備は必要だと思います。

その場の雰囲気につられて、何となく売買をやって、損になって後悔しても資金は戻ってきません。


関連記事:FXはまず装備(準備)に「お金・時間・労力」をかけるべき!



完璧なトレードを目指しても失敗する

相場で利益を上げている状態と、心の満足度は必ずしも一致するとは限りません。

もちろん、儲かって嫌な気分になることは無いのですが、勝ちトレードでも、もっと取れたのに…とか、どうやったら金額を上げて行けるのか?などの心の葛藤は常に抱えるはずです。


どうしても、もっと取りたい、もっと上手になりたいという気持ちが先行しがちですが、程々の所で満足をして、それを継続させるという考え方も必要だと思います。


当たり前の話ですが、底から天井(天井から底)全ての値幅を取ることは不可能ですし、細かい値動きの波を全て取ることも不可能です。


完璧なトレードを目指して常に高みを目指したい向上心とともに、自分の出来る範囲のことを淡々と続けて行くという考えも持っておくべきだと思います。


上手にトレードをやっている人の動画などを見ると、自分も…と考えてしまいがちですが、カリスマトレーダーの売買を自分がそのまま実行できるかは微妙です。

自分にとって簡単な値動きだけに手を出して、その値動きの一部分だけを取ることができれば良いはずです。

それを継続させるために全力を注ぐべきだと思います。

次のレベルのことにチャレンジするのはそれからでも遅くないはずです。


関連記事:FXの成長曲線は人それぞれ!他人と比較すると焦って失敗する

まとめ

「継続は力なり」という言葉は相場にも当てはまるはずです。

簡単なことを続けることは大切で、複雑なことに手を出す必要は無いと思います。

しかし、単純で簡単なことを続けることは意外と難しいです。


下準備に時間と労力をかけても、実践では役に立たないかもしれません。

しかし、練習で出来ないことは本番でも出来ませんので、実際にお金をかける前の段階の準備に全力を注いで、実践に備えるべきです。


また、せっかく、出来上がりつつあるトレードスタイルに余計なことを追加してリズムを崩して行くということはよくあります。

この、根源にあるのはもっと勝ちたい、もっと儲けたいという人間の欲だと思います。


関連記事:相場で過去検証と実際の結果に違いが出る?理由と対策を考察!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク