グラフ


大きく動いている方が儲けやすいと考えるのはリスキーな考え方です。

FXとは話が違うのですが、株式投資では銘柄を選ぶ作業が出てきます。

その際にどうしても派手に動いている銘柄に目が行くのですが、実際に売買をやってみると荒っぽい動きの銘柄は難しいものです。


これは、FXにも当てはめることができると思います。

基本的には、自分が取りたい波というのを描いておいて、動きが荒っぽくなって来たらちょっと手を引くというのが私の考え方です。

スポンサーリンク


取れそうな動きと取れる動きは違う

大きく動いているチャートを見ると取れそうな気分になります。

また、出来上がったチャートを見て「ここで仕掛けて、ここで手仕舞う…」といった感じのことも考えつきます。

しかし、それらの考えと実際に「取れるのか?」「取れないのか?」という問題は別の話になってきます。


どうしても、利益側のことを考えがちなのですが、値動きが乱高下している時に
  • ビビらずに仕掛けることができるのか?
  • 失敗した時に躊躇なく損切りができるのか?
ということは考えておかないと、大怪我の原因になります。

仕手株に手を出して大損をしたという人は大勢いますし、FXでも乱高下しているチャートにつられて売買をして負ける人は多いはずです。


仮に、大きく動いている値動きに乗れたとしてもその最中には、レートがどこまで伸びるのかは分からないことなので、程々の所で利益を確定させないと逃げ遅れてしまいます。

そう考えれば、大きく動いても取れる範囲はそれなりに限定されるという考えに落ち着くはずです。


関連記事:FXで狙う波の大きさ決まってる?小さい波と大きい波について



上げ下げのリズムが大切

確かに、動きがない(ボラがない)状態も厳しいのですが、私の場合は、突然激しく動き出されても手の出しようがない…といった感じになってしまいます。


上げ下げの動きは縦の動きですが、それがどんなリズムで動いているのか?ということも大切だと思います。

例えば、上げ下げのリズムが手に合っている時と、手に合わないときがありますし、酒田新値の本数をカウントが難しいタイミングも出てきます。


そんな時は、数日間様子見をするというのも一つの方法ですし、ためし玉の数量を少なくして動きを探るというのも一つの考え方になってきます。

やらなければ、儲けることはできませんが、やらなければ損にもならないという考え方もできますので、荒っぽく乱高下している時や相場のリズムと自分の売買ルールがかみ合わない時は、少し様子見をするぐらいの心のゆとりは必要だと思います。


関連記事:FXで良いポイントまで待てない?仕掛けも利確も早くなる原因



大きく動くというこはリスクも大きい

大きく動いている時に、上手く乗れれば大きく稼ぐことができるのかもしれません。

しかし、大きく動いている時に失敗して逃げ遅れた場合は大きく損を出すことになります。


個人的には相場では防御の方が大切だと思っていますので、リスキーな動きになってきた場合は、積極的に売買をするべきではないというのが私の考え方です。


私の場合は、専業トレーダーなので大きな損を出してしまうとそれは致命的な傷になりますので、大損をする可能性があるやり方は絶対にできません。

(兼業トレーダーの方でも、基本的には無くしても良い金などは存在しないと思いますので、誰でも同じだと思います。)

置いていかれるかもしれないという心理

大きく動いているチャートを見ると、今すぐ仕掛けないと置いていかれるのでは…?という思いが強くなり、衝動的にエントリーをしてしまう…という人もいるかもしれません。

しかし、その場の雰囲気に流されてエントリーやエグジッドを繰り返していたのでは、ただの運まかせの繰り返しです。


大きく動く場合でも、動く値幅の全てを取ることは無理ななずです。


「頭と尻尾はくれてやれ」という相場の格言は昔からあるので、こういった人間の心理は今も昔も変わらないことなのだと思います。

便利な世の中になり、様々な方法でトレードができるのですが、最終的にはチャートを動かしているのは、人間の「欲」や「恐怖心」といった部分が大きいはずです。

なので、自分のメンタルとしっかりと向き合って、大きく動いても、動きがなくても、常に淡々と売買を繰り返す忍耐力を養って行くことに目を向けるべきだと思います。


関連記事:FXで勝ち逃げできない?利益確定が遅い癖を直すコツ!

まとめ

取れそうな相場と取れる相場は違うと思います。

荒っぽく動く方がチャンスが多く見えるのですが、その分リスクも高くなります。

また、値動きの全てを取ることも無理なので、見送る値動きも多くなるはずです。

見送った際に「もっと取れたのに!」と感じて、無駄なエントリーをしてしまうと売買のリズムが崩れてしまいます。

リズムが崩れ出すと、メンタル的にも追い込まれていく可能性がでてきますので、大きく動く(荒っぽく動く)相場は意外と難しい一面もあると思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク