ミス


FXで損切りはできるし、大損はしないんだけど、どうしても勝ち逃げができない癖がつくとストレスが溜まってきます。


例えば、一回は含み益になる瞬間があるのであればエントリーするポイントやタイミングは大きく間違っていないはずですし、損切りも躊躇なくできるのであればリスク管理についても問題ないはずです。


勝ち組までは、もう一歩のところまで来ているはずなので、後は利食いのやり方を一工夫すればトータルで儲かる可能性が高いです。

スポンサーリンク


勝ち逃げできないのは欲のせい?

一般的には、勝ち逃げができないのは、利益を欲張り過ぎているからだと言われています。

もちろん、それはもっともな意見だと思うのですが、相場では損小利大にすることが大切であるという考え方もあり、利食いが早いと効率が悪いという考えもあるはずです。


これらの考えがまとまっていない状態で、含み益が出ると、迷いが出るといった感じになっている可能性もあるかもしれません。


含み益が出たらできるだけ利を伸ばすということにこだわり、きちんと検証をした結果、優位性があると分かっているのであれば、それは欲張っているとは別物だと思います。


ただ、理論上は出来ることでも実践では出来ないこともあるので、利を伸ばそうと考えて取り逃す利益が多くなり、そのことがストレスになるのであれば、利食い幅などをもう一度見直す必要があります。


実際問題、利を伸ばすことは相場の中でも最も難易度が高い行動だと思います。


関連記事:利食いができない?FXの利食い千人力について考える!



動いた分だけ取れるとは限らない

せっかく含み益が出ているのに、利益確定が遅くて利益を取り逃してしまう癖がついてしまうと、やれどもやれどもトントンや損切りになるので、嫌になってきます。


また、不思議なもので一度変な癖がついてしまうと、その感じでトレードを続けてしまうということは多いです。


基本的には、「底から天井・天井から底」を全て取りきるということは不可能です。

もちろん、微益で終了させた後に、仕掛けていた方向に相場が動き続けることはありますが、利益は得ることができたので、満足をするという心の余裕も必要だと思います。


基本的にはマーケットは我々が死ぬまで一生動き続けているので、チャンスはいくらでもあります。

利益を確実に確定させる練習を繰り返していくうちに、利食いに対しての考え方がまとまてくることもあります。


関連記事:FXの利食い幅の決め方の目安!仕掛ける前に値幅余地を確認!



勝ち癖をつける

利を伸ばすことは確かに必要な技術だと思いますが、かなり難しい技術です。

大き目な利益幅を狙いに行けば成功率は低くなり、小さ目な利益幅であればすぐにすぐに利益確定ポイントに到達します。

なので、はじめから利を伸ばすことを意識し過ぎると、勝って終わるという勝ち癖が付きません。


まずは、少しの利益でも良いので確実に利益を重ねることができてから、少しずつ利食い幅を伸ばして行くという考え方の方がストレスが少なく上達ができると思います。


また、利食いを何度も繰り返して行くうちに、「今回はすぐに降りた方がよさそうだ」とか「少し粘っても良いかも」という感覚的な物も身についてきます。

少し粘ってみたいと思った時は、ポジションの半分とか1/3を利食いして残りは様子見をするといった方法もできるかもしれません。


とにかく、相場はまずは負けない状態を目指すべきです。


関連記事:FX初心者は勝ち癖をつけることが大切!綺麗なトレードは次の段階!

時間で降りるのも癖を直す練習になる

あくまでも練習段階であることが前提の話ですが、例えば仕掛けた後にポジションを保有する時間を決めておくという練習方法もあります。


例えば、仕掛けてから12時間後には、含み損でも含み益でも必ず手仕舞いをするという決まりを作ると、仕掛けてから手仕舞いまでにタイムリミットができます。


含み益が出た時点で残り時間が少なければ、利食いをするのは当然の流れになり、これを繰り返して行くうちに、程々の利益で降りることを身につけることができます。


もちろんこれは、練習方法なので勝ち逃げができない癖が直ったら時間制限のルールは外すべきなのですが、仮にこのルールを加えることによって儲かるようになるのなら、そのまま自分のトレードスタイルとして使い続けても良いです。


仮に、時間制限のルールを破ってしまうのであれば、それはルールを守れないというメンタル的な問題を抱えていることも発覚しますので、メンタルについて色々と見つめ直すきっかけになるかもしれません。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

最終的には利益を確定させないと口座の資金は増えません。

なので、ポジション保有中に含み益があっても、どこかでは確定させないと意味が無いとも言えます。


どこで仕掛けるべきかという問題については、色々と研究をする人が多いですし、損切りが大切だという事をよく理解している人も多いです。

ただ、利益確定については仕掛けた後に考える人も多いので、利食い方法についても掘り下げて考えるべきだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク