プラン


デイトレードとスイングトレードは別物です。

FXの場合は、株と違ってチャートが連続しているので境目が曖昧になりがちですが、自分がどっちをやっているのかは、しっかりと意識しておく必要があります。

特に注意したい考えは、デイトレードで仕掛けたポジションがマイナスになったので、次の日に持ち越すという考えです。


そのやり方で、助かることもあるのですが、最後には大きく損を出してしまう地獄への入り口になる可能性が高いので、デイトレードで仕掛けたのであれば、その日(寝る前)に決済するべきです。

この記事では、実践する上でデイトレスイングの違いをしっかりと意識しておくべき理由をまとめてみます。

スポンサーリンク


やりたいのはデイトレ?スイング?

デイトレードにはデイトレードのメリット・デメリット、スイングトレードにはスイングトレードのメリット・デメリットがあります。

なので、どちらが良いのか?ということは一概に言いきることはできないのですが、自分が、デイトレードとスイングトレードのどちらをやりたいのかをハッキリしておくことは重要です。


デイトレで含み損を抱えた場合に損切りが嫌なので、そのまま放置するのは愚の骨頂です。

含み益の場合も、その日に決済することでオーバナイトのリスクを避けるのがデイトレなので、利益になっても損になっても、デイトレをするなら寝る前にはポジションを片付けておくべきだと思います。


逆に、スイングで仕掛けたのに利益を引っ張れないとスイングトレードのメリットが消えます。

また、短い時間軸での売買に慣れてしまうと、長い時間軸での売買に戻すことが難しくなります。

スイングで仕掛けたけど、たまたまデイトレになった…というパターンも出てくると思いますが、基本的には、オーバナイトに耐えるのがスイングトレードだと思います。


関連記事:FXで短い時間軸から長い時間軸に変更するのは意外と難しい?



都合の良い解釈は危険

デイトレでもスイングでもどっちでも大差はないし、どっちでもかまわないだろ?という考えは危険です。

自分が何をやっているのかを理解していない状態はリスキーです。

基本的には、オバーナイトありきでポジョションを作るならスイング、その日のうちにポジションを片づけるならデイトレです。


これらは、自分で決めたのであれば一定期間はそのスタイルを続けるべきです。


決めたことをやり抜くとか、場当たり的に行動パターンを変えないという姿勢は、相場で生き残るためには絶対に必要なことです。

同じ事をやり続けないと売買に一貫性がでませんので、上達しませんし、連敗などのスランプに入った時に軌道修正が難しくなります。

なので、やり方をコロコロ変えることはあまりおススメしません。


関連記事:FXで「まあいいか」は悪い癖?金額が多くなればできない考え!



自分のルールや時間軸で売買をするべき

FXについて色々と勉強をしていくと、「損小利大」にこだわるべきだと言っている人が多いです。

しかし、その一方で、利益はほどほどの所で確定していかないと、利益を逃してしまうという意見もあります。


また、勝率に関しても高い方が良いと考える人もいれば、50%以下でも十分に利益を残せるという考え方も存在します。

情報過多になり、色々な意見に振り回されていたのでは、いつまでも迷いが消えないと思います。

まずは、
  • 自分がどの時間軸で売買をしたいのか?
  • どうなったら仕掛ける(エントリーする)のか?
  • どうなったら、利益確定もしくは損切りをするのか?
を、ノートなどに書いて自分なりのルールを作るようにすべきです。

そして、できることであれば、余計な情報は見たり聞いたりしないで、自分なりのルールを淡々とこなして、取引結果を反省すべきです。


トライアンドエラーを繰り返しているうちに、自分の性格や生活のリズムとトレードとの距離感が掴めるようになり、自分がデイトレ向きなのかスイング向きなのかが分かってきます。


はじめから、大儲けしようと考えるのではなく、まずは試行錯誤を続けて自分のスタイルを築き上げていくことで、段々と負けないトレーダーに近づけると思います。


関連記事:FXで売買ルールが決められない?作れない時の解決方法!

まとめ

自分が何をやっているのかが分かっていない状態はリスキーです。

相場の恐ろしいところは、よく分かっていない状態でも利益になることもあるということだと思います。

簡単に儲かる…!という感覚が身について、金額を上げた途端に負けまくる…という話はよくある話です。

ちょっとした「気のゆるみ」や「おごり」を見逃してくれないのが相場様で、私も何度も痛い目に合っています。


今にして思えば、リスクをコントロールできていると思っていたのは自分だけで、実際にはリスクコントロールができていなかったことが分かります。

これに関しては、毎取引ごとに反省日記を付けているから、当時を振り返ることができるのであって、そういった地味な作業が5年後、10年後に繋がると思っています。


関連記事:FXはチャートから離れるのも技術の一つ!24時間監視は無理!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク