監視


PCの前に座って四六時中チャートを監視している方が有利だというイメージを持つ人も多いと思います。

確かに、チャンスを逃さないという意味では有利なのかもしれませんが、デメリットもあります。

また、人それぞれ生活のスタイルがあり、本業や家事との兼ね合いは必ず出てきますので、常時チャートを監視できるという人は少数派になると思います。


なかなか、時間が取れない人から見れば、常にチャートを監視できる人が羨ましく思えると思うのですが、ダラダラと監視をしていても逆に成績が落ちることもあります。

ここでは、チャートの監視時間と収益結果について考えてみます。

スポンサーリンク


相場との距離感を確認

自分の人生と相場との距離感をどうするかを考えることは大切だと思います。

私は、専業トレーダーという選択をしました。

専業トレーダーはもちろん多くのメリットもありますが、他に収入が無い状態で相場を張るということは想像以上のプレッシャーを感じるものです。

なので、他人におススメできる生き方では無いのかもしれません。


専業になるというリスクは取れないと考え、副業としてトレードを行い兼業トレーダーで給料プラスFXの利益というキャッシュポイントを作るという考え方をするのが一般的だと思います。


仮に兼業トレーダーという立場で相場を行っているのなら、例えば、本業との兼ね合いでチャートの監視時間が自由に取れないという悩みも出てくると思います。


チャートを監視する時間を多くできれば、もっと稼ぐことができる…!と思いがちなのですが、単純に「監視時間を増やす=利益が増える」とならないのが相場の奥深さです。


相場のことばかりを考えて、本業の方で注意力が散漫になってしまうと取り返しがつかないミスを犯してしまうかもしれません。(私が尊敬する立花さんは、まさにこの状態で片足を失う事故に巻き込まれてしまっています…)


私生活でのトラブルが多くなると、相場でもミスを犯しやすくなりますので、私生活でも相場でもミスが続く悪循環から抜け出せなくなる可能性もあるので、相場との距離感は適度に保つ必要はあります。

自分の人生と相場との距離感というものをよく確認してみると、監視時間うんぬんという悩みはスッキリすることも多いです。


関連記事:FXに自分の事情や都合を当てはめても上手くいかない!



ダラダラと監視していても逆効果

デイトレードやスイングトレードに挑戦する人も多いと思いますが、常にチャートを監視していないと不安だと感じたり、常に取引を行っていないと満足できない状態は相場にのめり込み過ぎかもしれません。


FX中毒」「ポジポジ病」などという言葉もあり、短期売買で相場に入り込み過ぎて、身を亡ぼす人も大勢いることは事実です。

全ての動きを取りたいと考えると、チャートから離れることができなくなりますし、強引な売買をしてしまう原因になります。


自分が取りたい波や自分の監視時間などを決めて、自分の間合いではない時は、チャートから離れるというのも技術の一つだと思います。

どんなに上手な人でも、見送る値動きは必ずありますし、見送った際に大きく動いたとしても悔しがるのではなく、冷静に次のチャンスを待つべきです。(慌てて飛び乗るなどは愚の骨頂です。)


チャートから離れることは、口で言うほど簡単なことではなく、強い意志を持って取り組んで行かないと身につけることが難しいです。

しかし、ダラダラ監視から卒業しないと次のレベルに到達できないと感じているのであれば、自分なりにルールを作って苦痛を伴っても訓練を繰り返すべきだと思います。


関連記事:FXは忍耐力と我慢が大切!仕掛け・利食い・損切り全てに必要



FX=短期売買ではない

仮に監視時間があまり無いのであれば、一日に数回の監視でもできるやり方に変更すべきです。

FXと聞くと短期売買をイメージしやすいですが、FX=短期売買という決まりはありません。

FXでうねり取り(ポジショントレード)をすることもできますし、うねり取りであれば常時チャートに張りついていなくてもできるはずです。


もちろん、ポジション保有の期間が長くなるので資金は短期売買より回転しませんし、不測の事態に備えて口座内の余裕資金を十分にしておく必要があります。


また、一度仕掛けたら決着がつくまでにはある程度の時間も掛かりますので、短期売買よりは経験値を積むのに時間が掛かることも事実です。

そんなに悠長なことはやってられないと思うかもしれませんが、現実問題としてチャートを監視する時間が取れないのであれば、それに合ったやり方を選択するしかないです。

また、その場の雰囲気にのまれて勝った負けたを繰り返してしまうことに抵抗を感じているのなら、時間軸を長めにしてみるのも一つの考え方だと思います。


関連記事:FXのポジショントレードのコツ!長く持つとリスクが高い?

まとめ

チャートを監視する時間を長めに取った方が有利かどうかは、一概には言いけれないと思います。

仮に、生活のスタイル(本業との兼ね合いなど)の関係上、チャートの監視時間が取れないのであれば、それに合ったスタイルを考えて行くべきだと思います。


相場がこちらの都合に合わせてくれることはないので、こちらが相場の動き合わせてリズムを変えていくしかないのですが、無理なことをやろうとしても続かないです。

派手さは無くても、余裕資金を十分に持ちながらゆっくりとした波を取って行くというスタイルでも利益を残すことは可能だと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク