腕組み


FXで負けない方法はやらないことです。

バカにするなと言われそうですが、やらなければ稼ぐことは出来ないですが、損をすることもないです。

稼ごう稼ごうと考えて、結局は損になってしまっているのであれば、一度「休み」を入れて気持ち落ち着かせる必要があります。

この考え方は、大切な資金を守るために是非とも頭に入れておくべき考えだと思います。

スポンサーリンク


迷ったらやらないのが原則!

チャートを開いたら必ず取引をしないといけない決まりはありません。

もちろん、やらなければ利益にならないですし、様子見をしたことによって見送る値動きも出てくるかもしれません。

しかし、値動きを見送ってもプラスマイナスゼロですみます。


無理をして、取引をしてマイナスになるのとでは「しまった!」と思う感情にも違いが出るはずです。


問題は、どちらのパターンの方が負の感情を引きずるか?ということです。


私の場合は、取り損なった値動きに関しては「仕方ない…」とある程度割り切って考えることができますが、自分のパターンでは無いのに手を出して失敗した場合の負の感情は後々まで引きずってしまいます。


そういった、メンタルのブレが取引結果にも大きく反映されてしまうので、やはり迷ったらやらないというのが原則になるかと思います。


関連記事:FXはメンタルによる損失を防ぐだけで負け組から卒業できる!

ついついやってしまう場合は?

上に書いた内容については、理屈としては分かるけどついついやってしまうという人も多いと思います。

気持ちは分かりますが、こればかりは自分自身の心の中で起こっていることなので、自分を見つめ直す以外に解決策はありません。

そういった、感情を上手くコントロールできるかどうか?ということも含めて相場の実力になってきます。


例えば、過去検証に時間を掛けて無駄打ちを減らすとか、売買の後に反省日記を書いてなぜ、感情のコントロールができなかったのかを確認するなどの工夫をしていかないと、ついついやってしまう状態は克服できないと思います。


私は、チャートを監視している以外の時間、取引をしている以外の時間の使い方についてもよく考えて、自分を律して僧侶のような生活を日々送っています。


関連記事:FXのデイトレードでメンタルが崩壊する原因と対処法!



傷口を広げる行動は避けるべき

「損したから取り返そうとする」「損したくないから切らない」「倍掛けをして帳消しにしようとする」このような行動は損の傷口を広げる行動です。

相場は間違った行動を取っても助かることもあります。


しかし、間違った行動を続けて行けばいつかは大失敗してしまい、その時の損失額は大きなものになるはずです。

コツコツと稼いだ数十回分の利益を一回の損で全て吹き飛ばすということはよくあり、「コツコツドカン」などとも言われます。


ドカンと負けた経験がある人であれば分かると思うのですが、大きく負けた後に軌道修正をすることは本当に大変なことです。

なので、まずは今ある資金を大きく減らさないことを心がけることが大切です。


数日~数週間、相場を休んだからといって大局には影響がないはずです。

逆に、ムキになって傷口を広げてしまえば、資金が大きく減るため強制的に撤退をさせられる可能性も出てきます。


関連記事:FXで熱くなる・カッとなる性格は危険!すぐに改善すべき理由!



大きな損を取り返すのが難しい理由

大きな損を出すことは致命的になります。

大儲けはできなくても、大損はしないという張り方をしていかないと、最後まで生き残ることが難しいかもしれません。


例えば、100万円の資金を投入して-50万円の損を出してしまったとします。

この場合は100万円が50万円に減るので-50%の損を出したことになります。


ここからが肝心なことですので、よく確認して下さい。


100万円が50万円に減ったので、残った50万円を使って元の100万円に戻そうと考えた場合+50%の利益では+25万円なので75万円までしか戻せません。

-50%の損を出して残った資金で元の状態に戻すためには、+100%の利益が必要になります。


これは、数字で遊んでいるのではなく現実の問題としてしっかりと考えておくべきです。

(もしかしたら、私のサイトの他の記事でも書いているかもしれませんが、それだけ大切な考え方だということです。)

大きく減らした資金を元に戻すのは想像以上に大変だということを意識して、まずは資金を大きく減らさないように行動していくべきです。


関連記事:FXで大きな損失を防ぐ資金管理!勝率よりも期待値を意識する!

まとめ

やらなければ損をしないです。

大の大人がこれで稼ごうと考えて、チャートを開いたのに何もしないというのは苦痛だと思います。

しかし、だからといってオーバートレードを繰り返しても良いことはあまり無いと思います。

相場では、待っている時間も仕事の一部です。

仮に、迷いがある日があるのなら思いきて数日間トレードを休むという選択肢もアリだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク