計算機


為替のチャートをみてどこにエントリーポイントがあるかをチェックしたり、分析方法を勉強するのは当然です。

しかし、チャートが底から天井もしくは、天井から底まで動く中で取れる値幅には限度があるはずで、どんなに上手い人でも全ての値動きを取ることは不可能だと思います。

また、相場自体の動きが悪い期間は当然ながら狙える値幅も小さくなります。


FXを行う最終的な目的はお金を稼ぐことで、損益の金額は値幅(pips数)だけで決まるのではなくロット数との兼ね合いも出てくるはずです。


結論から言ってしまえば、ある程度の段階になったらロット数を上げて行かないと利益の金額は増えて行かないのですが、かといって突然大きなロットで勝負をするのは自殺行為です。

ここでは、pips数とロット数について考えてみます。

スポンサーリンク


金額が大きくなれば利益率は下がるはず

人によって扱える額の限界値に違いが出るはずですが、どこかに限界値はあるはずです。

少ない金額でやっている時は、躊躇なく損切りができたのに額を上げたら
  • 損切りを躊躇する
  • 損切りができなくなる
  • 淡々とエントリーすることが難しくなる
  • 利食いが早くなる
という心の葛藤は人間であれば誰だって出てくると思います。


なので私は、投資額が上がって行けば利益率は少しずつ下がってしまう…と思っています。

もちろん、額が上がっても何の抵抗もなくそれまでと同じく淡々と取引を繰り返せる人もいると思いますが、私のような凡人にはそれはできない芸当です。

金額(FXならロット数)を上げて行くという行為にも慣れや練習が必要不可欠だと思います。


金額を上げて行く過程で、メンタル的な負荷が原因で失敗した場合は、またロット数を下げて体制を整えつつ、再度チャレンジするという試行錯誤は私もいまだに繰り返しています。


関連記事:FXでメンタルが強いってどんな状態?強化する方法の誤解について

スポンサーリンク


pips数を上げることが全てではない

FXで稼ごうと考えるなら、最終的にはそれなりのロット数を打ち込んでいく必要が出てきます。

どうしても取れたpips数に注目されがちですが、損益の金額は「pips数×ロット数=損益の額」になりますので、
  • +100pips×1ロット=+1万円
  • +10pips×10ロット=+1万円

  • +500pips×1ロット=+5万円
  • +150pips×10ロット=+15万円
という感じで、多くの値幅を取ることができてもロットが少ないと、金額的にはそれなりにしかならないはずです。


例えば、+500pipsを取るということは、クロス円であれば5円幅が必要になります。

デイトレ・スイング・ポジションでも同じですが、毎月コンスタントに5円幅を取りきるというのは至難の技だと思います。(少なくても私には絶対に無理です。)


為替のレートは常に動いていますが、動いた波の全てを取るということは不可能なことで、取れるpips数にはある程度の限界があります。

特に相場が動かない期間が長くなると取れるpips数も微々たるものになる可能性も出てきます。


それでも一定の額をFXで稼ごうと考えるのなら、ロット数を上げる必要が出てくるはずです。

動かない時期は休めばよいという意見も見かけますが、動くのか?動かないのか?という判断は難しいはずです。

また、動かない期間が長くなった場合は、その間ずっと休んでいるという状態に耐えられるのか?という問題も出てくると思います。


関連記事:FXはチャンスを逃した時に限って動く?焦る気持ちへの対処法



金額(ロット数)を上げる練習も必要

上でも書いた通り、ある程度の段階になればロット数を上げて行く必要があるのですが、ロット数を上げればメンタル的な負荷も大きくなって行きます。

少ないロット数で勝てるから大丈夫だと思って、いきなりロット数を5倍、10倍と上げて行くやり方は乱暴な資金管理だと思います。


ロット数を10倍にすればメンタルには10倍の負荷が掛かりますので、気がつかないうちにかなりのストレスを抱えながらトレードを行っている状態になります。


実際には損切りにかからずに、勝ちトレードだったとしても、仕掛ける際には損切り値を決めるはずですし、ポジション保有中の含み益含み損などのプレッシャーはロット数を上げるに伴い大きくなります。


仮にスイングトレード以上の時間軸ならオーバーナイトの問題も出てくるので、ポジションを保有したまま寝る必要も出てきますし、兼業トレーダーであれば、本業との兼ね合いも出てくるはずです。


こういったメンタル的な負荷は、実際に自分で大きなロットを張り込んでみて始めて分かることも多いです。

過去検証の時には分からないことですし、もちろん他のトレーダー達と自分とでは負荷が掛かる額に違いがあるので他人と比較もできない問題だと思います。


チャート分析ができるようになり、少額で利益を出せるようになったらロット数を上げて行くべきなのですが、ロットを上げるのにも練習が必要だと考えて、必ず少しずつ上げるべきだと思います。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!

まとめ

FXをやる目的はお金を稼ぐことだと思います。

そして、損益の額は「pips数×ロット数=損益の額」で決まります。

動かない相場はもちろん、動く相場でも値動きの全てを取れるわけでもないので、何pips取れたかということに、こだわり過ぎるとお金を稼ぐという目的から遠くなるかもしれません。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク