頭を抱える


普段は温厚な性格でカッとなるようなことは無い冷静沈着な人はFXに向いているように思います。

しかし、いざFXを始めた途端に不断の性格とは別人のように熱くなって、FXにのめり込んでしまう人も多いです。


このパターンの人は結構多いはずで、これに関しては性別や年齢や学歴などはあまり関係が無いようです。

この記事では、FXで熱くなる(カッとなる)のは何故かということと合わせて、それに対する対処法などを書いていきます。

スポンサーリンク


お金が絡むと性格が変わる?

普段は温厚な人でも酒を一杯ひっかけた途端に人格が変わる人がいます。

また、良い人なんだけど時間にだらしないとか、お金にルーズな人も結構います。

逆に、パッと見た感じはチャラチャラしているように見えても考え方がしっかりしている人もいますし、強面でも話してみると実は優しい…など人の性格は色々あります。

FXはお金が絡んでいる事柄ですので、自分では気がついていない上記のような性格の一面が顔を出すこともあるかもしれません。


これまで、ギャンブルはやったことが無いし、お金に対してはしっかりとした考え方を持っているという人でも、リアルタイムでチャートが動いて、儲かったり損したりすると、自分では気がつかないうちに熱くなってしまうケースは多いはずです。


関連記事:トレーダーに向き不向きな性格は?必要な素質はたった1つ!



熱くなって取り返そうとすると傷口を広げる

熱くなったりキレたりするかは別として、損をすれば誰だって気分は悪いです。

しかし、損した分をすぐに取り返そうと考えてトレードにのめり込んでしまうと、最悪の結末が待っている可能性が高いです。


FXで一晩で数百万円単位の大損をすといったことは、それほど珍しいことでは無いです。


もちろん大損をする原因はやり方が悪かったり、資金管理が甘かったり、色々な原因があるのですが、熱くなって売買を繰り返してしまう…ということも大損の原因の一つにあげることが出来ます。


しばらく時間が経過してから、あの時何であんなバカなことをやったのか…?と気がつくことも多いですが、後から後悔しても損した金は帰ってきませんので、損をしても傷口を広げるような愚行は絶対に避ける必要があります。


関連記事:FXは勝ちにこだわり過ぎると失敗する?勝率より内容が大切!



FXで熱くなる性格を改善するコツ

いずれにしてもFXをやってすぐに熱くなることは百害あって一利なしです。

いくらキレてもむかついても状況は何も変わりませんし、FXのチャートはこちらの事情や都合とは関係なく好き勝手に上がったり下がったりします。


もちろん、チャート分析の方法をしっかりと学ぶことや、資金管理を徹底することは大切です。


しかし、FXで大損をする原因は、ほとんどの場合は自分の心の中で起こっている感情を処理できないからであることが多いです。


そして、その中でも一番厄介といえるのが、すぐに熱くなる(カッとなる)という性格だと思いますので、少しずつでも改善するための工夫をしていく必要があります。

売買の反省を記録に残す

そもそも、なぜ損をしたのかとか、なぜすぐに熱くなってしまうのかを自分で把握しないことには改善することもできません。


FXは基本的には一人で行うものなので、誰かが自分の欠点を指摘してくれるということは無いです。


なので、売買が終わったら自分自身でしっかりと反省をしていくことが大切です。
  • どんな方法で(何を根拠に)仕掛けたのか
  • 何を基準に降りたのか
  • その時のチャートの形や時間帯
  • 今後の反省点
などを印刷したチャートに書きこんで記録として残して、何度も読み返すと自分の癖が分かってきます。

また、書きこむ内容に感情面のことを書いておくと、どんな展開の時に自分がカッとなりやすかも把握することができます。


人に見せるものでは無いので、自分の感情を素直に書いていかないと意味がないです。


関連記事:FXの売買記録・トレード日記の書き方!

取引回数を制限する

取引を何度も繰り返してしまうことで感情にブレーキが効かなくなることも多いです。

損益に関係なく、一日の取引回数を制限する(デイトレの場合)というのも効果的な方法です。

例えば、一日に何十回も取引を繰り返しているのならそれはオーバートレード気味かもしれません。


もちろん、スキャルピングというやり方は存在するのですが、売買の時間軸が短くなればなるほど、メンタル的なコントロールが難しくなるはずです。


関連記事:FXのデイトレードでメンタルが崩壊する原因と対処法!

負けたら一回チャートから離れる

カッとなるときは損した後の時が多いと思います。

なので、損をしたら一度頭を冷やすためにチャートから離れて違うことをやるのも一つの方法です。

のめり込んでPCの前に座っていて悪循環に陥るケースも多いので、気分をリフレッシュさせる方法を自分なりに考えておくことも大切なことです。


関連記事:FXで負けた時に落ち込む?打たれ弱い性格を改善するコツは?

休むことも必要

毎日トレードを行う必要は無いです。

気乗りがしない時や、ちょっと熱くなってきたな~と感じた時は休むという選択肢もあることは念頭に置いておくと良いです。


休みを入れると儲けそこなうという気分になると思いますが、無理をして損をするぐらいなら休んでおいた方がトータルではプラスになることが多いです。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

FXをやっていてすぐに熱くなる性格であるのなら、早めに改善することを考えるべきです。

カッとなって冷静に売買ができない状態でFXを続けるということは、かなりリスキーな状態です。

資金管理という概念も、その状態の時には頭には思いつかない状態だと思いますし、多くの人が自分の感情をコントロールできないでFXから退場していくというのが現実です。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク