男性


「FXでは9割の人が退場する」という説もあります。

退場とは呼んで字のごとく、FXで負けてFXから退場(撤退)することを余儀なくされる状態です。


実際問題として勝ち組に入るためには、それなりに勉強したり売買の練習を繰り返さないと難しいのは事実です。


しかし、上手く行かない状態が続くのと「退場」ではかなりニュアンスが違います。

退場となると、一発でアウトになってしまった!というイメージが強いです。


では、FXで退場を余儀なくされる人にはどんな特徴があるのでしょうか?

しっかりと確認して、一発退場をすることが無いようにしましょう!

スポンサーリンク


資金管理と損切りについて

FXを始める同機はお金を稼ぎたいからだと思います。


しかし、どうしても儲ける方法にばかり目が行ってしまい、資金管理や損切りなど面白くない(おいしくない)部分についてはおろそかになりがちです。


トレードで退場になってしまう人の最大の特徴は2点で
  • 資金管理がずさんなこと
  • 損切りができないこと
だと思います。


逆の言い方をすれば、この2点さえきっちりと抑えておけば、少なくても一発退場は無くなるといえます。


つまらない話なのかもしれませんが、大切な資金を守るためには絶対に必要なことです。

資金管理

レバレッジという言葉があり、レバレッジを効かせることにより100万円の資金を短い期間で1億円にしたなどと言った話もよく聞きます。

ただし、レバレッジを効かせるということは、利益になるときも早いですが、損が膨れ上がって行くときのスピードも速いです。


そして、含み益に関してはすぐに利益を確定してしまい、含み損に関しては切る決断がつかずに、ズルズルと引き延ばしてしまうのが人間の心理です。

この事はプロスペクト理論といい、人間である以上誰しもが抱える心理状態です。


トレードが難しく、9割の人がFXから退場すると言われるのも、この心理とは逆の行動をしていかないと上手く行かないことが多いからです。


このような心理状態は実際に資金を運用してみて、始めて分かることでもあります。

そして、自分の資金に対して張り込んでいる額が大きいと心理的プレッシャーも多くなりますので、余裕資金を十分に残しながら売買をしていかないとなりません。


資金いっぱいいっぱいに張り込んでいった方が良いと考えるのは、大変危険な考え方で、相場が自分の思惑と逆に動くと退場になってしまいます。


関連記事:FXで大きな損失を防ぐ資金管理!勝率よりも期待値を意識する!

余裕資金について

FXはレバレッジがかかっている投資商品です。

例えば1ドル=100円だった場合は、1ドルを10,000通貨(1Lot)買うのには通常であれば、100円×10,000通貨=100万円となり、10,000通貨を買うのに100万円必要であるとなります。


この感覚は、海外旅行に行く際に円をドルに両替するイメージをすると良いと思います。両替のイメージはまさにレバレッジが掛かっていない状態です。


しかし、FXにはレバレッジがきいていますので、ドル円であれば、最低約48,000円(FX業者やタイミングによって多少違いが出ます)で10,000通貨の取引が可能となります。


この事を、少額の資金で取引ができる!とプラスにとらえることもできるのですが、48,000円の資金で1Lotの取引を行っている状態では、余裕資金が無い状態です。

例えば、2倍の96,000円の資金を入金して1Lotを取引していてもやはり余裕資金は十分とは言えません。


私の感覚では、資金の稼働は全体の資金の30%までにとどめておくべきだと考えています。


なので、10Lot位の取引をしたいと考えるのであれば150万円位の資金は必要だと思います。


余っているお金が勿体無いではないか?


と思われるかもしれませんが、入金した資金ギリギリまで張り込んで行くのと、余裕資金がたっぷりある状態では精神的な余裕が全然違いますので、余裕資金に関しては十分に確保しながら取引を行うことを強くお奨めします。


このようなことを考えながら取引を行っていくことが、資金管理できている状態だと思います。


関連記事:FXは資金管理だけを徹底すれば勝てる?2%ルールを使うコツ!



損切りできない

上の説明と少々かぶってしまいますが、損切りできないというパターンも退場を余儀なくされるパターンです。

トレードとは失策が続くゲームです。


利益になることもありますが、損になることも多く、勝ったり負けたりを繰り返しながらトータルで利益になるように工夫をしていく仕事です。


一つの売買の一つの含み損にこだわっていたり、ナンピンをしてしまったり、どうしても損をするのが嫌だと考える傾向が強い人は、最終的には大きな含み損に膨れ上がってしまい、退場を余儀なくされることになります。


大きな含み損もはじめは小さな含み損ですので、小さな損失のうちに損切りをして売買を仕切り直した方が結局は大損をしなくて良かった!となりますので、そのことは真剣に考えるようにしましょう。


関連記事:FXで損切りができないメンタルを改善するコツ!

儲かったのでロットを上げる

ここまでは、始めてから儲かる期間がない感じで退場していくパターンを見てきましたが、FXを始めて比較的順調に利益が出せている(大きな失敗を経験していない)場合も退場の危険性をはらんでいます。


むしろ、こっちのパターンの方がトレードに対して恐怖感が無いので、危険度が増していますので、確認してみましょう。


投資を始めて順調に資金が増えていけば、ロット数を上げて売買をしていこう!と考えるのは当然です。

この時の、ロットの上げ方に注意が必要で
  • 1Lot⇒10Lot
  • 10Lot⇒50Lot
  • 50Lot⇒100Lot
の様に急激にロット数を上げるのはNGです。

  • 1Lot⇒2Lot
  • 2Lot⇒3Lot
  • 3Lot⇒5Lot
  • 5Lotでしばらく続ける
  • 5Lot⇒8Lot
の様に慎重なペースで少しずつ、少しずつロットを上げていくようにしましょう。


気が付いたらそれなりの金額を扱えるようになっていたといったイメージの方が良いです。


1Lotを50Lotにして売買をすること自体は、注文の際にLot数の数字を変えるだけですので簡単に思えますし、月に200pips取れたのなら、50Lotにすれば100万円になる…と頭の中では計算できます。


しかし、1Lotで売買するのと50Lotで売買するのとでは、全くの別世界だと思うようにしましょう。


メンタルにかかるプレシャーは全然違いますので、その辺りを少しずつロットを上げていくことで慣らしていく必要があるのです。
  • 過去検証を沢山しているから大丈夫!
  • 自分はロットを上げてもルール通りに売買できる!
といった、気持ちのゆるみというか傲りに対して、相場は容赦なく襲い掛かってくるものだと心に刻んで、ロット数を上げていくようにしましょう。


1ロット単位ではメンタル的にロットが上げずらいと感じる場合は、1,000通貨単位で取引が可能なFX会社で少しずつロットを上げて行くと良いです。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!



まとめ

FXで退場をしてしまう理由を確認してみました。

まずは、「資金管理」と「損切り」について徹底的に勉強をしましょう。

この二つをしっかりと抑えておけば一発退場にはならないと思います。


また、順調に利益が増えてきた時にこそ大きな落とし穴が待っている可能性もありますので自分の売買をしっかりと売買ノートなどに記録して、常に売買の反省やメンタルの状態をチェックしていきましょう。


関連記事:FXの資金管理と損切りの重要性!初心者が最初にぶつかる壁!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク