分岐点


自分が利確した!損切りした!と試行錯誤しているのと同じくチャートの向こう側には同じように為替の動きに翻弄されている人がいるはずです。

相手がみえないので、あまり考えないことなのかもしれませんが、他人の動向を探ってみることで新たな気づきを得られる可能性も出てきます。


例えば、ある程度の人が損切りポイントとして意識している場所を何となくでも把握できれば、それを利用して少しは有利に立ち回ることができるかもしれません。

ここでは、多くの損切りオーダーが入っていそうな場所を見極めるコツを考えてみます。

スポンサーリンク


順張り派と逆張り派の心理

FXの手法は多く存在します。

もちろん、私も全ての手法を試したわけでもないですし、知らない手法も沢山あります。

ただ、ざっくり振り分ければ、逆張り系の手法か順張り系の手法に分けることができると思います。


どっちの手法にも一長一短があるので、どっちが儲かるか?という答えは出ないはずです。

ただ、それぞれ損切りするポイント、もしくは含み損に耐えられなくなり投げるポイントがあると思います。

これらの、ポイントを探すことで、エントリーポイントに活かすこともできますし、利益を伸ばすこともできるかもしれません。


順張り派がどこで投げるのか?逆張り派の気持ちが折れる場所はどこか?という目線でチャート分析をすることで、自分なりに市場心理を紐解くことができます。


市場心理に注目をすることで、冷静にチャートを見つめることができるのでメンタル的なメリットも多く、チャートの向こう側の人達の気持ちを考えることは意外と重要だと思います。


関連記事:FXで逆も真なりについて!勝てないので真逆の事をやると儲かる?

順張り派の損切りポイント

順張りの考えはレートが上がっているから、まだ上がるあろうと考えて買うということです。(売りの場合は下がっているから、まだ下がるだろうと考えて売る)

基本的には勢いがある場合は良いのですが、勢いが失速した時には逃げないと、仕掛け値が不利なので含み損が酷い状態(高値掴み、安値掴み)になります。


傷口が浅いうちに切れるポイントに損切りのオーダーを置いて、ダメならさっさと損切りをして次のポイントを待つというのが順張りのセオリーだと思います。


pips数や金額で損切りを設定する人もいますが、チャートから順張り派の損切りポイントを見つけるとなると、やはり直近高値・直近安値が分かりやすいポイントになると思います。

直近高値・直近安値の少し外側に損切りのオーダーが並んでいることも多いので、その近辺では動きが加速することがあります。

仮にその付近で含み益を抱えているなら、利を伸ばせるチャンスがあるかもしれません。

順張り

関連記事:順張りは勝率が低くて勝てない?FXで負けが多すぎると厳しい



逆張り派の損切りポイント

逆張りの考えとしては、これぐらいまで下がってきたらそろそろ切り返すだろうと考えて買うという考えです。(売りの場合は、ここまで上がったのだから少し調整が入るだろうと考える)


トレンドに歯向かって仕掛けることになるので、危険であるという意見が多いですが、順張りで飛び乗るのが安全であるとも言えないので、個人的には逆張りだから危険だとは思いません。


逆張りをするのであれば、できれば分割売買をして平均値にこだわるべきだというのが私の持論です。

計画的に分割売買(買い下がり、売り上がり)などを入れて行く場合は、早々に損切りをしていたのでは仕事にならないのですが、含み損が拡大し続けて強制ロスカットになるなどは、最悪の事態ですので程々の場所で逃げるべきで、このレートを抜けたら損切りをするというポイントはあるはずです。


含み損の拡大が酷くてこれ以上は絶えられない…といった感じで投げるケースも多々あります。


逆張り派がポジションを投げる場所としては、チャートの左側に抵抗帯が無くなった場所が一応の目安になるはずです。

こういった、ポイントは順張り派にとっては絶好のエントリーポイントになると思いますので、よく観察してみると良いです。

逆張り

関連記事:FXの逆張りで損小利大にすることは意外と簡単?



深読みし過ぎも注意

人の損切りポイントを探るというのは、チャートリーディングの中でも結構深読みをするパターンです。

なので、こればかりを追求し過ぎると、相場の波のうねりやリズムに乗るという最も重要な感覚がくるってしまう可能性も高いです。

なので、あくまでもオマケ程度に考えておく方が無難だとは思います。


それでも、ちょっとしたことの積み重ねを一つ一つこなして行くことで塵も積もれば山となり、収益結果に大きな違いが出てくることもありますので、普段の検証に付け加えてみると色々な発見があるかもしれません。


関連記事:FXの過去検証をする時間が無い!めんどくさいときの対処法!

まとめ

個人的には相場で成功したいなら「ちょっとのこと」はとても大切だと思います。

特に、トントン状態(損もしないけど儲かりもしない状態)の場合は、エントリーがちょっと上手くなる、利益確定がちょっと上手くなるだけで、利益を残すことができますので色々な角度から相場と向き合ってみると良いと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク