ビジネス


FXで結果を追求することは必要な考え方ですが、儲けることができても内容が滅茶苦茶では最終的には大きな損になってしまうことが多いです。

結果が全てで、儲かっているのだから結果オーライなのでは?と考えがちですが、せっかく大きく儲けていても最後には、利益を吐き出してしまった…というパターンにハマる人は多いです。


それでは長い目で見た場合には、意味がないのでFXで利益を安定させて、稼ぎ続けるためには一回一回の売買の内容について厳しくチェックしていく必要があります。

こういった、作業は地味ですし面白みは全くないです。

しかしFXを金儲け(仕事)として考えるなら、面倒でつまらない作業もこなして行くべきだと思います。


大金を失ってから、もっとしっかりとトレードの内容に目を向けておけば良かった…と思っても失った金は帰ってきませんので、自分の資金を守りながらお金を稼ぐためには収益結果だけではなく、売買の内容についても目を向けるようにしましょう。

スポンサーリンク


間違った儲け方は変な癖がつく

損切りや売買ルールが大切だということは、FXを勉強していけば知識としては頭に入ると思います。

しかし、実際にお金を掛けて売買を行っていくと、損切りを躊躇したり、売買ルールを破ってしまうことも出てくるかもしれません。

本来はそのような状態は良くないので、一度売買をストップさせて「なぜ損切りができないのか?」「売買ルール破ってしまうのは何故か?」といった事を深く考えてみる必要があります。

ただ、その一方で含み損を抱えても耐えていれば利益に持っていけるケースも出てきますし、売買ルールを破ってトレードを行って利益になることもあり、結果は利益になっているのでその事について深く考えないで終わってしまうことも多いです。


結果的には利益になっているので、その時はそれで良いのかもしれないですが、知らず知らずにうちに悪い癖がついていくことになり、いつも間にか地獄の入り口に足を踏み入れている可能性も出てきますので、儲かっているからOKだという考えではなく、一回一回のトレードの内容について厳しく内容を確認する必要があると思います。


関連記事:FXの勝ちトレードでも反省が必要!勝って兜の緒を締めよう!

損切りをしないで助かることもあるけど…

損切りが大切なのはわかるけど、損切りした後に仕掛けた方向にレートが動くということも多いです。

損切りなんてしていても、いわゆる「損切り貧乏」になるだけだから、含み損を抱えても粘っていた方が良いのでは?と考え損切りのオーダーを外すという気の迷いが出てくることもあるかもしれません。


確かに、損切りをしなくてもレートが仕掛け値に戻ったり、その後の展開次第では利益になることだってあります。

そうなれば、損切り分が利益になるのですから効率が良いと考えてしまうのも分かります。

そして、損切りしなくても助かったケースを何度か経験すると損切りをすることが馬鹿らしくなってきたり、損切りをすることの重要性をおろそかにしがちになってしまします。


当然、次回のトレードで含み損を抱えた際も損切りをしないで粘る可能性が高いと思います。

しかし、この考え方は非常に危険な考え方で、仮に利益になっていたとしてもその利益の出し方は間違った利益の出し方と言っても過言では無いと思います。


含み損を粘っていても必ず戻ってくるという保証はないですし、含み損がどんどん拡大していけば、自分の器では処理しきれないほどの金額の損を抱える羽目になります。

精神的にどこかの時点で限界が出てくるはずなので、最終的には大損をしてしまうことになります。


関連記事:FXは損切りしない方が儲かる?戻らない場合はどうなる?



売買ルールを破る弊害

PC


トレードを長い期間続けて行けば、売買ルールを破ってしまうことも一度や二度では無いはずです。

売買ルールを破って損になった場合は、そのことを悔いて深く反省するのは当然なのですが、ルールを破っても利益になった場合は反省をすることは少ないかもしれません。


しかし、一度売買ルールを破ってしまえば、二度目も三度目もルール破りをするはずですし、結果が利益になっているのであれば、余計にルール破りをする可能性も高くなります。

はじめのうちは問題無い行動だと思っていても、売買ルールを破っているので、徐々に自分のトレードが変な方向に向かっているはずです。


また、この様な勝ち方は、勝てなくなるときに突然負け始める感じで連敗が続く負け方になってしまうことが多いです。

しかも、今までは勝てていたので、突然負けるようになったのは、自分が売買ルールを破ってトレードを行っていることが原因の一つであるということに気がつきにくいです。

ちょっとしたきっかけや気の緩みから、スランプに陥ってしまうことはよくあります。

なので、儲かっている最中も自分の決めた通りの行動ができているかのチェックは欠かさず行っていく必要があると思います。



まとめ

FXで勝ちにこだわることは大切ですが、儲かっていれば何でも良いという考えではそのうち大損をしてしまう可能性が高いです。

やはり、稼ぎ続けるとか安定した利益を継続させるとなると、トレードの内容にこだわって行くことが大切です。

「儲かっている人が上手い」という考え方もできるかもしれませんが、「上手いから儲かる」という考え方もできると思いますので、トレードの内容についてこだわり間違った儲け方をした際は深く反省をすべきだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク