PC


FXでも株でも当てはまるのですが、デイトレードなどの短期売買をやっていると、突然勝てなくなることがあります。

一言で言えば「スランプ」なのかもしれませんが、その間は損になり口座の資金は減って行きますので、調子が戻るのをただ待っているのは考えものです。

ここでは、突然勝てなくなってしまった時の対処法や、そもそもスランプに陥らないために必要なことなどを書いていきます。

スポンサーリンク


ただのドローダウンだと割り切れない

どんな手法でも100%勝つことはできないので、当然連敗してしまうこともあります。

なので、ある程度の連敗はトレードを続けて行けば起こり得ることだと割り切る必要もあります。

しかし、それも度を越してくると耐えきれないですし、それまでは順調に利益になっていたのなら、単にドローダウンであるから気にしないで、それまで通りトレードを続けて行けるかといえば、現実的にはかなり厳しいと思います。

ここには、数字上には出てこないメンタル的な要素も絡んできますので、デモトレ過去検証では体験できないことだったりします。

トレードで安定して利益を出すためには、上手く行かない期間をいかに上手くしのぐかも大切なことです。
というのも、一つの選択ではありますが、やり方を変えても勝てなくて、結局は元のやり方を続けておけば良かった…というケースも有りますので、違うやり方に切り替える前に確認したいことがあります。


関連記事:毎日勝つことは目的ではない!FXは近視眼的になると儲からない!



勝てなくなる前兆を確認

突然勝てなくなると言っても、その前まではトレードを行っていたのですから、スランプに陥る前兆のようなものが、ある可能性も高いです。

利益になっているので、見逃しがちですが、連勝が続くと気持ちが大きくなったり、強引な仕掛けを行うということは人間であれば起こり得ることです。

雑な仕掛け方になっている

慣れという物は恐ろしいもので、はじめの頃は恐る恐る仕掛けていたのに、利益が積み上がってくると、仕掛けに対しての恐怖心は無くなります。

この状態が続き、気持ちが大きくなると、知らず知らずのうちに、やればやるだけ儲けられるという錯覚をしていることもあります。(この状態を自分で認識することは難しいです。)

このような微妙な心境の変化から、本当に微妙な違いかもしれませんが、仕掛けが雑になったり、無駄打ちを行っている可能性もあります。


関連記事:FXで儲けるコツは欲望をコントロールすること!

ロット数が自分の力量に合っていない

大きな金額を動かせば、それだけプレッシャーも大きくなりますので、メンタル的な負荷は増えて行きます。

例えば1ロットで月間500pips取れるから100ロットでも500pips取れるとは限りません。

損をした時に額が大きくなるのは当然で、その分、仕掛けに迷いが出たり、利益確定が早くなったりすることも考えられます。

このような、微妙な違いがトレードを狂わせて行き、突然勝てなくこともあります。

ロットが上がっている分、金額的にはそれなりに儲かっているので、微妙なくるいに気がつかないことも多いです。


関連記事:FX初心者が少額から実際の資金で売買の練習をするには?



スランプを抜け出すコツ

突然勝てなくなった場合は、それまでは勝てていたので損を取り返しに行きたくなりますが、それをやると傷口が人がって行くことが多いです。

なので、スランプかも?と感じ始めたら数日間トレードを休むのが良いです。

休みを入れることは、意外とおろそかにされがちですが、一度メンタルをリセットすると、また調子を戻すことができることが多いです。

休みを入れないにしても、ロット数を下げる必要はあると思います。

勝っている時にロット数を上げて行って、負けてきたらロット数を下げる方がリスクを管理できています。

負けたので、それを取り返そうと倍掛けなどをやると、いつかとんでもないことになってしまいますので、それだけは絶対におススメしません。

休みを入れたり、ロット数を調整しながら口座の資金が減って行く状態を一度ストップさせて、突然勝てなくなった前後のトレードと、比較的上手く行っていた期間のトレードを見直してみると違いが分かることも多いです。

なので、負けた売買の反省だけでは無く、勝っている時にもなぜ勝てているのかを冷静に見つめる必要があります。


関連記事:FXで嫌な感じがするときはどうする?感覚を無視しない方が良い?

スランプに陥らないために

スランプを抜け出すよりも、そもそもスランプに陥らない方が良いです。

私の場合は、連勝が続いたときや、ロット数を上げた後などにスランプ気味になることが多いです。

基本的には、「勝てる→勝てなくなる→勝てる→勝てなくなる」といった感じを繰り返しているうちに、
  • こんな状態になったら勝てなくなる可能性が高い
  • スランプに陥ったらこのように対処する
といった自分の癖を掴めてきます。

売買ルール自体には問題が無くても、自分のメンタル的なことが原因でスランプに陥ることも多いので、売買日記には心理的状態なども書いておくと自分の弱点を発見しやすいです。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

突然勝てなくなると、ついついムキになって損を取り返しに行きがちですし、それまでは勝てていたので、トレードにくるいが生じていることに気がつきにくいです。

それまでは、普通に勝てていたのなら手法には問題は無い可能性が高く、自分で勝手に崩れて行っていると考えて、上手く行っていた期間との違いを見つけて、それを修正する作業が必要です。

その間は、トレードは休んだりロット数を下げたりして資金が目減りしていくのを避けるとダメージは少ないです。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク