女性


FXを始めてみたいが、いきなり大きな金額を動かすことに抵抗を感じてしまい、躊躇してしまうこともあるかもしれません。

実際にネット上ではFXで大損をしてしまった話や、FXはギャンブルみたいなものなので危険であるという話も多く出回っていますので、やめておいた方が無難かもしれないと感じるのも当然です。

しかし、FX会社によっては本当に少額から取引ができる会社もあります。

初心者の方は、まずはFXがどんなものなのか少額で体験してみてから、本格的な投資に移行するのがリスクが少ない賢い選択だといえます。

FXの取引単位とレバレッジについて

FXには取引の単位がありこの事を、通貨数と呼んだりロット(Lot)と呼んだりします。(株であれば株数、先物取引であれば枚数です)

通常FXでは1ロットが最低取引単位とされています。

FXで1ロットの取引をするということは、10,000通貨単位で取引をするということになります。

例えばアメリカドルが100円だった場合は、ドル円を買うのであれば100円×10,000通貨=100万円になりますので、100万円の資金が必要なのか?

と考えてしまいますが、FXはレバレッジが効いているのでドル円を10,000通貨取引するのに必要な証拠金は4万円前後です。

(その時々によって多少変動ししたり、レバレッジのかけ方によっても変わりますので詳しくはFX会社で確認してください。)

4万円で取引できるなら余裕があると考えがちですが、証拠金維持率が一定の額を割り込むと強制的にポジションが決済されてしまうのが、通常のFX会社のルールでこの事を強制ロスカットと言います。

10,000通貨(1ロット)のポジションを持った場合、為替が1円動くと1万円の損益が発生します。

会社によって多少の違いがあるのですが、証拠金維持率が50%を割り込むと強制ロスカットを発動させる会社が多いので、4万円の資金だと2円ほど為替が変動した場合は強制ロスカットになります。

投資において資金の50%を失うということは壊滅的な損失とも言えますので、たかだか4万円が2万円になっただけという考え方は甘い考え方といえます。

また、1ロット分だけの証拠金を入金させてFX投資を進めて行くということも現実的な話ではないので、余裕をもって10ロット分、20ロット分の資金を入金することがほとんどです。

そうなると40万円~80万円の資金が必要になってきますので、本格的な投資の資金となってきます。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


SBIなら1通貨(ドル円なら4円)から取引できる

10,000通貨(1ロット)単位での取引では、下手をすると数十万円の損失になることもあります。

なので、FXがどんなものなのかを体験してみるのであれば10,000通貨より少ない単位で取引が可能なFX会社を探したいです。

実際に1/10の単位の1,000通貨で取引が可能なFX会社も多く、口座開設数はどの会社も伸びていますので少額で取引をスタートさせる人が多いこともうかがえます。

そんな中、SBIFXトレードという会社であれば1,000通貨よりもはるかに少ない単位の1通貨から取引が可能です。

まずは、少額で試してみたいと考えるのならSBIFXトレードの口座開設をして1通貨とはいわずとも100通貨や500通貨ぐらいから徐々にFXに慣れて行くと手痛い損をせずにFXの勉強ができます。

はじめのうちは取引画面の操作にも慣れていませんので、注文ミスなどもあります。

その点に慣れる意味合いも含めて、少ない通貨数での取引から始めることをお奨めします。


関連記事:SBIFXトレードは通貨単位以外にもメリットが!評判や口コミは?

デモトレードでは意味がない

FXの勉強の話が出ましたので、デモトレードについてもお伝えしていきます。

デモトレードで勉強をする方法を推奨する人も多いですし、デモトレができるFX会社も多いです。

SBIFXトレードで100通貨ぐらいの取引では、金額的には数十円~数百円の損益での練習になりますので、デモトレードとの違いが良く分からないかもしれません。

しかし、例え数百円でも実際に自分の資金が、プラスになったりマイナスになったりすることを体験することが必要です。

それでは、あまりにも負荷が足りないと感じるのであれば500通貨や1,000通貨に増やすことはすぐにでも可能です。

デモトレードでは実際に自分の資金が増えたり減ったりすることがありませんので、メンタル的な要素が抜け落ちています。

昔から「つもり売買」はなぜか失敗する原因の一つとされていますので、少ない額でもリアルなお金を動かすことが大切です。


関連記事:FXのデモトレードには弊害が多い?初心者の練習にならない理由!

関連記事:FXのデモトレードでは勝てるけど実際の売買では負けるのはなぜ?

まとめ

大学生やニートでもFXで大儲けしたという話を目にすると、自分ならすぐに同じぐらい稼げるようになると思うのも良く分かりますし、現に私がそうでした。

しかし、いざやってみると損が連発して嫌になってしまいます。

気分的に嫌になるならまだ良いですが、実際に大きな額の損が出てしまうとシャレになりません。

なので、これからFXを勉強したり売買の練習をしたいと考えるのであれば少額から取引をスタートさせることをお奨めします。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク