ヘルプ


相場は「損小利大」になっていれば、勝率が低くても儲かるという理屈は分かりますし、高勝率を維持させることは難しいので勝率だけではなく値幅の概念も必要なのは当然です。


ただ一番最悪なのは、欲張って粘ったために利益を取り逃すことかもしれません。

利を伸ばすのは相当難しいことで、かなりの上級者でも日々この部分をもっと上手くできないものか?と頭を抱えていると思います。

利大にこだわるのではなく、ほどほどの所で利益を確定させていくという考えも一つだと思います。

スポンサーリンク


損小はできるけど利大は難しい

損を小さくするということは、ある適度はこちら側(自分自身)でコントロールできることです。


自分で損切りラインを決めて、そこに到達したら降りればよいだけなので、相場の動きに左右されるということは無いはずです。

もちろん、損切りが多くなりすぎて苦痛だとか、損切りの後にレートが順行するという悩みも色々出てくるとは思うのですが、それはまた別の話しになるかと思います。


一方、利益確定については、相場が動かない時には確定したい所まで到達しない(動いてくれない)という問題が出てくることも多いです。

どれだけ「利大」に持っていこうと考えても、相場の動き次第では難しい…という局面もあるので、相場の動きに左右されることがあります。


関連記事:FXで利小損大を繰り返してしまう人の特徴!原因はメンタルかも?



利益確定は難しい

個人的には、相場で一番難しいのは利食いだと思います。

「頭と尻尾はくれてやれ」という格言がある通り、底から天井・天井から底をとらえることは不可能です。


仕掛けのタイミングについては、慣れてくればある程度計算がたつようになるはずですが、仕掛けた後にはポジションを保有する時間があります。

目の前でポジションが含み益になったり、含み損になったりするのを目の当たりにすると、気持ちがグラつき利食いが早くなるということも多くある現象だと思います。


また、どのような状況になったら利食いをするとルールを決めておいても、相場の値動きが悪ければ、利食いルールに掛からないこともあるはずです。


途中までは含み益だったけど、結局は建値付近までレートが戻ってしまった…とか含み益だったポジションが結局は損切りに終わった…という展開もよくある光景です。


そう考えだすと、多少ルールに届いていなくても利食いをした方が、無難とも言えますが、その都度ルールを変更したのでは、一貫性が無くなるのも事実です。

こういった、ことから利食いに関しては本当に迷いが深い問題だと思います。


関連記事:利食いができない?FXの利食い千人力について考える!



ひと山取り逃すリスク

利食いは難しいですし、できれば「損小利大」をキープさせたいのですが、私が最も嫌いなのは、せっかく含み益だったポジションを利食い損なうことです。


人によって、とらえ方は変わると思うのですが、私はとにかく含み益だったポジションが建値付近に戻ってきたり、損切りなった直後にイラッとしてしまう傾向が強いです。


大きく動いている中で、程々の部分しか取ることができないと、なんだか自分だけが置いていかれたような気分になるのも分かります。

しかし、それ以上に行って来いの動きをされたときのメンタル的な動揺が大きい場合は、はじめから利益確定のpips数などを決め打ちしてしまうのも悪くない方法だと思います。


とにかく、行って期間トレードを継続させて差し引きでプラスにするという経験値を積んでから利を伸ばすことに挑戦しても遅くないはずです。


関連記事:FX初心者は勝ち癖をつけることが大切!綺麗なトレードは次の段階!

もっと取れたのにと考える前に

自分が利益を確定させた後にまだレートが動いていれば、まだ取れたのにと思うことも多いです。

そんなことが数回続けば、実はもっと取れるのでは?と考えだすものですが、それをやり始めるとキリがないです。


結局は、動いた値動きの全てを取ることは不可能なので、動いた波の中の一部分でも取ることができたのなら満足して、次のトレードに備えるべきだと思います。


更に言えば、相場の損益は「値幅×金額(ロット数・株数・枚数など)」で決まります。


値幅をバンバン抜いていくトレードは派手さがあり、一見すると凄く見えるのですが、金額を上げた時に同じことができるのか?はよく考えておくべきだと思います。


大抵の場合は、張り込む額が大きくなれば、利食いは早くなるはずです。

これは、額が多くなればその分、ポジション保有中のプレッシャーも大きくなるので仕方がないことだと思います。


FXで言えば1ロット、2ロットで行う売買と10ロット、20ロットで行う売買には違いが出るはずです。

更に100ロット、200ロットと額を上げて行ったら全然違う景色になるはずです。


多くの人が、ロットを上げた途端に勝てなくなるのはこの辺りのことを考えずにロットを上げてしまうからだと思います。

張り込む額を上げて行った時に、含み益だったポジションが損切りになるというケースに耐えることが出来るのかを、目を閉じて想像してみるとイメージがつくかと思います。

とにかく、含み益を抱えたのに利益を取り逃すのは手痛いミスだとよく分かるかと思います。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!

まとめ

「損小利大」の理屈はよく分かりますし、それができれば理想的なのですが、「損小」はできるけど「利大」はなかなか難しいものです。

利食いに関しては、おそらく私が相場を辞めるまで永遠と悩みが続くテーマだと思います。

現時点で、利益が残っているのであれば、利を伸ばそうなどと考えずに今まで通りの利食いを続けるのも悪くないと思います。


関連記事:FXで微益撤退に後悔する?もっと取れたのにと欲張るとリズムが狂う

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク