成功


チャートの前に張り付いて監視をしていると、どうしてもトレードをやりたくなりますし、利益を取り損ねてしまうのでは?という感情が出てきます。


自分ではそんな感情が出ていないと感じても、無意識のうちにエントリーポイントを強引に探しているということもあり得ます。


自分の中でしっかりと根拠のあるポイントでエントリーをしたのであれば、損切りになってもある程度納得ができるのでメンタル的に折れずに続けて行くことができます。

ここでは、根拠の薄いトレードは見送るべき点についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


根拠の薄いエントリーのデメリット

確かに、いい年をした大人がこれで稼ごうと思ってパソコンの前に座っているのですから、何もしないで見ているだけでは満足できないのは当然です。

しかし、そのようなこちら側の都合に合わせて相場が動いてくれはしないので、根拠の薄いエントリーは損切りになってしまうことが多いです。

仮に上手く行ったとしても、無駄打ち気味のトレードを繰り返す癖がつくのは良いことでは無いです。

どこかの時点で無駄打ちを減らす作業が必要になりますので、はじめから根拠の薄いポイントではトレードを見送るように徹底すべきです。

ギャンブルみたいになる

根拠の薄いポイントでのエントリーをしてしまうということは、その場の雰囲気や自分の感情に流されるがままにトレードを繰り返していると言えますので、たまには儲かることもあるかもしれませんが、儲け続けることは難しいです。

その状態では、トレード中毒になってしまい、トレードを行うこが目的となってしまいギャンブルの様にはまり込んでしまう可能性もありますので、しっかりと自分がエントリーをする根拠を決め手からトレードを行うようにしましょう。


関連記事:FXにおけるポジポジ病の克服方法!悪い癖は早めに改善しよう!



いつまでも上達しない

後から自分の売買を見直したときに、根拠の薄いポイントでのエントリーが多いと儲かった時にたまたま儲かったのか、損したのかの区別ができません。

その状態では、悪いトレードを排除していって、良いトレードだけ残して行くという作業ができませんので、いつまでたっても上達しない状態が続きます。

時間がもったいないだけでは無く、損をしてしまうとお金が無くなりますので、まずはエントリーの根拠について勉強する必要があります。


関連記事:FX初心者が少額から実際の資金で売買の練習をするには?

損をした時に納得ができない

根拠のあるポイントでエントリーをした場合は、ここで損をしたのなら仕方ない!と割り切って次のトレードチャンスをしっかりと待つことができます。

損切りにに納得がいかずイラッとしてしまったり、腹を立ててしまうと熱くなって損を取り返そうと無理なエントリーをして傷口を広げたり、気持ちが折れて次のエントリーができなかったりします。

儲かる時もあるし損をする時もあるのがトレードですので、一回一回の損を引きずる状態は良い状態とはいえず、そうならないためにはまずは、しっかりとした根拠の元にエントリーをする必要がありあります。


関連記事:FXから退場するとはどんな意味?9割以上の人が失敗する理由!



トレードチャンスは減っても見送る勇気が必要

例えば、買いたいと思っていてチャートを見ていても、自分のトレードルールではエントリーできないこともありますし、ちょっと躊躇したりして買えないこともあります。

その後、チャートがドンドン上昇していくのを黙ってみているのは苦痛ですが、そこで慌てて飛び乗るなどは絶対にすべきではありません。

また、少し条件がそろっていないけど、ここで買って良いかな?といった感じのライングも良くないです。

フライングをして仕掛けて損切りになってしまう奥底には、早く結果を出したい、動きに乗り遅れてしまうのが嫌だというメンタル的なものが隠れている可能性もありますので、それらについてもよく考えてみる必要があります。


関連記事:FXは一日の取引回数を制限すると儲かる?

見送る動きの方が多い

トレードでは自分が仕掛ける根拠になるまで、引き付けて仕掛ける必要があり、実働している時間より待機している時間の方が長いことが多いですが、それも仕事の一部です。

どうしても、ポジションと取っていないと資金が回転していないので、効率が悪いかの様に感じますが、根拠の薄いポイントで仕掛けて損になったり、そのことによって自分の売買のスタイルが崩れてしまっては、それこそ効率が悪いです。

全ての動きを取ることはできませんので、大きく動いていてもそれをただ見ているだけということも出てきます。

しかし、そこで仕掛けていたら取れたのにと感じて、次のチャンスを待ちきれずに感情に任せて仕掛けてしまうのは愚の骨頂です。

その動きを取るために、売買ルールに変更を加えるのであればしっかりと過去検証を行い優位性があることを確認したうえで売買ルールに加えるようにしましょう。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

チャートを監視しているとついつい手を出したくなるのですが、次から次へと売買を繰り返しているうちは収益をコントロールできる状態では無いです。

結果的に利益になっていれば良いという考え方もできますが、何かの拍子に売買が崩れ出すと一気にマイナスに転じて行くもろさがあり、トレードの根拠が曖昧なので修正をすることが難しいです。

しっかりと、根拠を持ってトレードを続けることで、例え結果が良くなくても、それを修正しながら内容を良くしていくことができますので、根拠の薄いポイントでのトレードは見送る勇気も必要です。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク