チャート


ブレイクアウト系で仕掛ける手法は多く、最近では逆張りで仕掛けるよりブレイクアウト系の方が王道という感じも出てきています。

しかし、ブレイクアウトで仕掛けてもダマシが多く、損切りばっかりになってしまうことも多いはずです。

そもそも、ブレイクアウトが綺麗に決まることは少なく、教科書通りの仕掛けが決まる場面は数えるほどしかないかもしれません。

それに耐えて、取れるときに大きく取ることこそがトレードであるといったフレーズも目にしますが、本当にそうなのでしょうか?


いくら損小利大であるといっても、あまりにも勝率が低ければ耐えられないのも事実です。

仮に、ブレイクアウトする前にすでに仕掛けておくことができれば、ブレイク後は余裕を持ってポジションを保有できるという考えになるのは私だけでしょうか…?

ここでは、ブレイク前に仕掛けるコツを見ていきます。

スポンサーリンク


飛び乗るのが嫌な理由

ブレイクアウトで飛び乗るということは、相場が更に勢いよくその方向に動くことを期待して仕掛けるということです。

しかし、そこまで勢いがある相場は珍しく、大抵の場合はブレイクアウト後に失速してしまったり、一度ふるい落としの様な動きをします。

このため、ブレイクアウトで買えば高値掴み、売れば安値掴みとなってしまうことの方が圧倒的に多いです。

確かに、大きく動くときは仕掛けてから含み損を抱える瞬間がなく一気に利益確定まで持っていけるのですが、勝率の低さにうんざりしてくることも多いです。

個人的には、飛び乗りで仕掛けるのは余り好きではありません。

特に直近高値や直近安値に水平線を引いて、それをブレイクラインと考えるやり方は苦手です。



ブレイクアウトの前に仕掛ける方法

トレンドラインのタッチで仕掛ける

3つの仕掛け位置
上のチャートでは3つの仕掛け位置を示しました。

買いの場合の説明ですが、当たり前の話ですが買値が高くなればそれだけ不利な位置で仕掛けているといえます。

最後の、直近高値で買いを仕掛けると損切りになる可能性は高く、はじめの赤いトレンドラインを使った買いを行えば、逆にその辺りが利食いポイントになる位置でもあります。

ブレイクアウトアウト以外のポイント

上のチャートでも直近高値のブレイクアウトで買うと効率が悪いことが分かります。

もちろん上がったチャートで説明しているので、最初の斜めのトレンドラインを使った仕掛けも、途中のフラッグを使った仕掛けも綺麗に決まっているのですが、それなりに上がった後から更にブレイクアウトで飛び乗ると失敗することが多いということです。

トレンドフォローといえばそうなのかもしれませんが、飛び乗りをしていては損切りばかりになってしまうので、注意が必要です。


関連記事:ダウ理論で勝てない原因は?手法には必ず欠点がある!


ラインのダマシを利用する

高値ブレイク、安値ブレイクで上手く行かないと考えているなら、逆の発想も必要です。

逆もまた真なり」ではないですが、高値ブレイク、安値ブレイクで飛び乗った人たちが損になる様な場面で逆側に仕掛けるという考えです。

ダマシを利用した仕掛け方で、ヘッドフェイクなどとも呼ばれます。

ヘッドフェイク

上でも説明した場面ですが、最後のブレイクで買うのではなく、一度上にブレイクアウトしたのをあえて見送って、水平線の内側にもう一度入り込んだポイントで売りを仕掛けるとその後の下落をとらえることができます。

この仕掛けのメリットは、買った人たちの損切りの売りも出やすいので、新規の売りと損切りの売りのオーダが多く入るので、より下がりやすいということです。

ヘッドフェイク

買いのパターンも見てみます、よくある青の水平線を利用したブレイクアウトでの買いは損切りになります。

こういう光景はよく見られるパターンだと思います。

ここで、応用技として赤の水平線のダマシを利用した仕掛け方もあると知っておくとトレードのバリエーションは増えます。

損切りまでの距離も近いので、損小利大のトレードに持ち込みやすいのがメリットです。


関連記事:FXのブレイクアウトのだましを逆手に!ヘッドフェイクとは?



目線を固定しておかないとできない!

ここまで紹介してきた方法では、買いなら買い、売りなら売りに的を絞っておかないとポイントを探すことは出来ません。

高値掴み安値掴みになってしまう、飛び乗りは避けることができるのですが、その反面逆張りっぽい仕掛け方になりますので、自分が仕掛けたい時間軸の上の時間軸(上位足)でトレンドの方向をしっかりと確認しておく必要があります。

長くなりますので、上位足を使った目線の固定方法については別の記事で書いていく予定ですので、少々お待ちください。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

ブレイクアウトでの飛び乗りが苦手な人も多いと思います。

ブレイクアウトでの仕掛け方は基本的な仕掛け方なのかもしれないですが、実際問題、ブレイクアウトが綺麗に決まって利益になるケースは少ないです。

基本的なパターンでしか上手く取れないということは、基本的なパターン以外では負けてしまうということになりますので、色々な考え方があるのだと柔軟に考えるようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク