脳波


FX投資や株式投資は、才能で利益を上げていくものではありません。

努力を続ける能力孤独に耐える能力が、ある意味才能なのかもしれませんが、別にIQが高い天才である必要は無いです。


ましてや一時の運などでは儲けることは難しいです。

確かに運が良ければ一時は美味しい思いをできるかもしれませんが、儲け続けるとなると話は違ってきます。

また、一時的に相当な金額を稼いだとしても1年後、2年後にすべて吐き出してしまったら意味がありません。


ここでは、トレードにおける才能について考えていきます。

スポンサーリンク


頭が良くても儲からない!

トレードは知的なイメージがあるので、頭の良し悪しが損益に影響するかのように思えるかもしれません。


確かに、本も読めない、簡単な掛け算などの計算が全くできないのなら無理だと思いますが、その状態であれば、そもそもFX会社に口座を開くこともできませんし、FXに関して調べごとをしようなどとは思わないはずです。

なので、この記事を読んでいる時点でそれはクリアできていると思います。

学歴や職業とは関係ない

一応は数字を扱う仕事ですので、簡単な計算は電卓などを使って行う必要はありますが、かといって複雑な方程式などが解ける必要はありません。

FXで利益を残し続けている人には、普通の主婦もいますし、フリーターの人もいます。


その一方で、医者や弁護士などの職業についていたり、会社の社長など一般的には成功者の部類に入る人でもトレードでは損ばかりを繰り返している人も多いです。

この様な事からも、トレードで利益を出すことと学歴やIQがあまり関係ないと言えると思います。


大切なのは頭ではなく欲望(もっと儲けたいと思う心)や恐怖(損をしたくないという心)などのメンタル的な部分だと思います。

必要なのは頭より心

トレードのルール自体はそれほど複雑なものでは無いですし(複雑にしている人もいますが…)、難しくすれば儲かるといったものでは無いと思います。

結局は、買うか売るかしかないですし、最終的には上がるか下がるかの2パターンしかないのです。


買うか売るか?上がるか下がるか?の単純なパターンの中で、様々な感情が発生して、一喜一憂しているのは、古今東西同じですし、年齢や性別、学歴や職業には関係ありません。


確かに、頭が良ければ学習能力が人よりも高いので多少は有利かもしれませんが、複雑に考えすぎて上手く行かなくなることもあります。

なので、トレードで儲けるという観点からは、どちらかと言えば、頭より心(メンタル)を強化していく必要があります。


関連記事:FXでメンタルが強いってどんな状態?強化する方法の誤解について



必要な能力は

トレードで稼ぎ続けるためには、高いIQなどは必要ないとお伝えしてきましたが、必要な能力もありますので、ここからは必要な能力について見ていきたいと思います。

継続する能力

トレードを始めるきっかけは、人それぞれありますが、お金を儲けたいという思いは皆一緒だと思います。

しかし、実際に始めてみると思うように稼ぐことができずに、心が折れることもあります。

そこで、諦めてしまう人も多いですが、勝ち組のトレーダーは諦めずに努力を繰り返しています。


なので、負けて負けても、検証や勉強を継続できる能力は必要です。


関連記事:FXの成長段階でよくある失敗のパターン!

自分を律することができる能力

自分の長所を伸ばして成功することもあります。

それに対して、短所を直すことができたので、成功することができた!といった話もあります。


個人的にはトレードでは、自分の短所を直していく事の方が大切だと思います。

トレードでは、上手く行かない期間をどう乗り切れるかによって大きな差が出てきます。


言い方を変えると、トレードが上手な人は、上手く行かない期間の過ごし方や損の出し方が上手であるとも言えます。


なので、思惑通りに行かないからと腹を立てるのではなく、自分を律して上手く行かない相場環境に自分を合わせていく必要があります。


関連記事:FXの成長曲線は人それぞれ!他人と比較すると焦って失敗する



決断できる能力

トレードでは様々な決断が必要とされます。

それは、売買だけではなく例えばどんな商材を買うのか?どのような売買手法で運営していくのかなど多岐にわたります。


その都度、自分で決断を下して行き、そのことで起こった結果に関しては完全に自分で責任を取って行かないとなりません。

なので、頭は良くても決断力に欠ける人はトレードには不向きだと考えられます。

博才

トレードはギャンブルでは無いといった意見も多いですし、私もその通りだとは思いますが、やはりお金を賭けてその結果として、儲かったり損をしたりするので博才がある人の方がトレードには向いているとも言えます。


しかし、これまでにパチンコや競馬などのギャンブルは一度もしたことが無くても、トレードで利益を出し続けている人もいますので、絶対に必要な能力とは言えないです。


ただし、今が危険な相場環境なのか?雲行きが怪しくなってきたときに、しばらく様子を見るなどの逃げ方に関して、潜在的に嗅ぎ付ける能力を持っている人もいて、そんな人はトレードに向いている人と考えられます。


関連記事:FXはギャンブルより危険じゃない!似てるけど違う部分も多い!

商才

上の博才とは違い商売の才能です。

持って生まれて商売の才能がある人がいます。

そんな人は、トレード以外の商売をやっても上手く行くのでしょうが、トレードでもその能力は発揮されると思います。


しかし、自分に商才があるのか無いのかは分からないので、基本的には自分では気づくことができない能力とも言えます。


関連記事:FXは忍耐力と我慢が大切!仕掛け・利食い・損切り全てに必要

まとめ

努力をしたり、継続をしたからといって必ず成功できるとは限りません。

しかし、成功している人は皆努力をしていますし、地味な売買の練習を繰り返し継続をしています。


基本的にはトレードの成績は、他人と比較するものではありませんので、人より多少時間が掛かっても良いので、諦めないで続けて行く必要があります。


ただ、資金管理などを間違って、いきなり大きなロット数で売買を始めると継続することすら出来なくなりますので、始めのうちは利益についてはあまり考えずに、少ない資金でトレードの練習をするイメージで売買を継続していくべきだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク