パラボリックはチャート上に点(ドット)が描かれ、仕掛けるタイミングや手仕舞いのタイミングを計るのに使うことが多いインジケーターです。

一目見ただけで、売りなのか買いなのかが分かりやすいのですが、ダマシも多く、パラボリックだけで勝ち続けることはちょっと難しいかもしれません。

ここでは、パラボリックと他のインジケーターを組み合わせて弱点を補い上手に使うコツを考えて行きます。

スポンサーリンク


パラボリックの弱点は?

パラボリックの最大の弱点はレンジ相場に弱いことです。

しかも、相場はトレンドが発生している期間より方向感がない期間の方が長いことが多いので、パラボリックの転換のサインに無邪気に従っていたのでは、往復びんたの様に損が連発してしまうことは想像できます。

個人的にはインジケーターはトレード分析においては補助であると考えていますが、パラボリックは補助のさらに補助といった位置づけになるインジケーターだと思います。

なので、パラボリックをメインに考えるのではなく、他のテクニカル分析の補助として使うと良いです。

レンジに弱いパラボリック



組み合わせて使いたいインジケーター

ここでは、ボリンジャーバンド平均足とパラボリックを組み合わせて条件を満たした時に行う売買(手法)についてご紹介したいと思います。

(あくまでも、一つのサンプルなので、必ず自分で検証を行ってから実践するようにして下さい)

ボリンジャーバンドでは、
  • トレンドが発生したのか?
  • トレンドが継続するのか?
  • 押しや戻りの深さ
を観測します。

平均足では
  • トレンドの方向
  • 転換のタイミング
を確認します。

>>平均足についてはこちらを確認!

そして、パラボリックで「仕掛けるタイミング」を見極めて仕掛けるといった感じのやり方になります。


関連記事:FXでレンジ相場を見分ける方法!判断するコツを紹介!

売り買いの条件

ここでは、基本的に押し目、戻りから切り返した所で買う方法を見ていきます。

買いの条件としては
  • 上昇トレンドが発生していること
  • 押し目を作ったこと
  • 押し目から反転したこと

売りの条件としては
  • 下降トレンドが発生していること
  • 戻りを作ったこと
  • 戻りから反転したこと

上昇トレンドか下降トレンドかの判断には平均足を使います。

平均足の陽線・陰線が連続している状態を見つけたらトレンドが発生していると考えます。

そして、ボリンジャーバンドの+-2σを上抜けるか下抜けるかをすれば、そのトレンドが継続するかもしれないと考えます。

この条件が満たされた後に、押しや戻りを待ちます。

できれば、角度があるボリンジャーバンドのミドル(移動平均線)の辺りまで、押したり戻したりすることを確認したいです。

ここまでで、上昇トレンド中の押し目、下降トレンド中の戻りであると判断ができますので、後は仕掛けるタイミングを待つだけです。

仕掛けるタイミングにパラボリックを使い、パラボリックの反転で仕掛けると弱点であるFXでダマシを見極めて回避する方法は?ダマシを上手く回避できることが多いです。


関連記事:FXのブレイクアウトのだましを逆手に!ヘッドフェイクとは?


買いの条件まとめ

買いの条件をまとめてみると、
  1. 平均足の陽線が続いている
  2. 平均足の終値がボリンジャーバンドの+2σを上抜ける
  3. ボリンジャーバンドのミドル(移動平均線)の辺りまで押す
  4. 移動平均線は上向きか横向きである
  5. パラボリックが買いに転換する
といった感じになります。

買いの条件
関連記事:FXで手法が使えないと判断するタイミングや変更するコツ!

売りの条件まとめ

売りの条件をまとめてみると、
  1. 平均足の陰線が続いている
  2. 平均足の終値がボリンジャーバンドの-2σを上抜ける
  3. ボリンジャーバンドのミドル(移動平均線)の辺りまで戻る
  4. 移動平均線は下向きか横向きである
  5. パラボリックが売りに転換する
といった感じになります。

売りの条件



パラボリックでは勝てない?

ここまで、パラボリックを使うコツを書いてきましたが、個人的にはパラボリックだけで勝つことは難しいと思います。

弱点を補うために他のインジケーターと組み合わせる方法を一つ紹介しましたが、パラボリックが転換する前に平均足が転換していることが多いので、仕掛けるのにわざわざパラボリックを使う必要は無いかもしれません。

また、利食いのポイントとしてパラボリックが転換するのを待って利益確定をしたのでは遅いことが多いです。

感覚的にはなってしまうのですが、パラボリックに為替レートがぶつかるかぶつからないかということは、慣れてくればとらえることができますので、転換する少し前に仕掛けたり利益確定をしたいです。

ここで紹介した組み合わせが正解では無いですし、他にも色々な組み合わせが考えられますが、単体で使うよりは転換前の動きを読み取りやすくなりますので、色々と検証してみるとトレードのの精度が上がり、高勝率の取引が可能になります。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

パラボリックはレンジに弱く、転換ポイントも遅いので使い方が難しいインジケーターだと思いますが、他のインジケーターと組み合わせることで使いやすくなります。

トレード分析の補助として上手に使えば、無駄打ちを減らし高勝率のトレードができるかもしれないので、興味がある場合は良く検証をしてから使うようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク