ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは人気があるインジケーターで特に2σに注目して売買を行う手法は色々な所で紹介されています。


ただ、ボリンジャーバンドを使ってやってみたけど全然勝てない…というケースも多いです。

ここでは、ボリンジャーバンドが使えない!と思えてきた時に考えたいことや、ボリンジャーバンドの効率的な使い方について考えてみます。

スポンサーリンク


ボリンジャーバンドで勝てない理由

ボリンジャーバンドで勝てない理由は単純明快です。

それは、ボリンジャーバンドは未来を当てる魔法のインジケーターでは無いからです。


なので、ボリンジャーバンドのみで相場を判断したり、先を予測しようと考えると、本来よく観察すべきである、ローソク足そのものの動きをとらえることがおろそかになりがちです。


現在、ボリンジャーバンドを表示させていて上手く行っていないのなら、バンドは消した方が良いとまでは言いませんが、バンドは価格から計算して作られた派生物であることを念頭におくべきです。


そして、ボリンジャーバンドはあくまでも補助として利用すべきだと考えるべきだと思いいます。


逆張り派VS順張り派

ボリンジャーバンドで混乱しがちな原因の一つが、逆張りと順張りの手法がそれぞれ存在するためだと思います。

逆張りを狙う手法

±2σにタッチもしくは±2σを抜けた辺りで仕掛けて、再びバンド内に価格が戻ることを狙う逆張りの手法。

逆張り

ボリンジャーバンドで逆張りをするコツはこちらの記事でまとめています。
↓ ↓ ↓
FXでボリンジャーバンドの2σで逆張り!ダマシを回避するコツは?

順張りを狙う手法

バンドが縮小(スクイーズ)てきたら次は拡張(エクスパンション)すると考えて、スクイーズからエクスパンションを狙い±2σから順張りで仕掛けてバンドウォークを狙う手法。

順張り

ボリンジャーバンドで順張りをするコツはこちらの記事でまとめています。
↓ ↓ ↓
FXでボリンジャーバンドのバンドウォークを取る!利益確定のコツ



このように、ボリンジャーバンドを使うと言っても、逆張り派と順張り派では±2σ付近での見方が違います。

そして、結局どっちが儲かるのか?という疑問に対しては逆張り派・順張り派でそれぞれ意見が分かれます。


これについては、バンドに限ったことでは無く、逆張り派と順張り派は考え方が違うので仕方がないことで、それぞれの意見を参考にして自分の性格に合った方を取り入れるしかないです。


関連記事:FXは順張りと逆張りのどっちが損しにくくて勝ちやすいのか?



臨機応変に対応しようと考えるのは難しい

自分は±2σで逆張りをするのか?順張りをするのか?を決めておかないと場当たり的な売買になってしまします。


その都度、臨機応変に対応しようと考えるのは少し無理がある考えだと思います。

その考え方では、ボリンジャーバンドを使ってはいるけど違うやり方をその場の雰囲気で採用していることになりますので、売買に統一性が出ません。


それでは、後から反省のしようもないですし、ボリンジャーバンドの使い方も中途半端な状態が続きます。


逆張りをして負けたら順張りの方が取れるのでは?

順張りをして負けたら逆張りの方が効率的では?

と考える気持ちは分かりますが、一つのやり方に絞ってしばらくの期間続けてることで理解できることも多いので、コロコロとバンドの使い方を変更することは避けたいです。


関連記事:FXでレンジ相場を見分ける方法!判断するコツを紹介!



ボリンジャーバンドの動きに過度な期待をしない

上の方でも書いたのですが、ボリンジャーバンドは価格を計算して表示させるインジケーターで派生物です。

利益になったり損になったりするのは、あくまでも為替のレートで決まります。

なので、ボリンジャーバンドの動きが買いを示唆していてもレートが下がれば損をしますし、±2σで売りだと判断できても、その後レートが上がり続ければ損になります。


例えば、-2σを抜けたので逆張りで買った後に、-2σに張りつきながら下がり続けるバンドウォークになることもあり、少しでも-2σ内にレートが戻れば、一応はバンド内に戻ったのでボリンジャーバンドの理論的には成立していますが、レートが買値より下にあれば損になります。


スクイーズからエクスパンションを狙った順張りの場合でも、自分が仕掛けた方向には動かず、反対側に大きく動いてしまうことも多いです。

バンドが縮小するということは結局は、為替の動きが小さい期間が続いているということなので相場が煮詰まっている状態です。

反対側にポジションを取ったのなら、即座に損切りをしないと、大きな動きに捕まえて含み損を抱えることになります。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

このようなことを突き詰めていくと、ボリンジャーバンドの動きに過度な期待をすることは危険であるといえます。

なのでボリンジャーバンドはあくまでも補助として利用すべきで、ボリンジャーバンドのみでは勝てないです。


とはいっても、売買をするのに何かしらの物差しも必要かもしれません。

その物差しにボリンジャーバンドが使いやすいと考えるなら、ある程度の目安にはなると思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク