階段


ブレイクアウトで仕掛ける方法もありますが、押し目を拾うという方法もあります。


どちらも一長一短があるので、どちらを選択するかは好みが分かれるのですが、ここでは押し目を拾いたいけど、押し目が無い、いわゆる「押し目待ちに押し目なし」という状態の時にどう対処すべきかを見ていきます。


自分が押し目を待っている状態の時にも、価格は上昇し続けて行きますので、置いていかれる感覚は強くなるのですが、慌てて戦略を変更するのは愚の骨頂ですので注意が必要です。

スポンサーリンク


飛び乗りで買うのはNG

押し目を拾うというルールの元にトレードを行っているのであれば、それを徹底して続けて行くべきです。

確かに終わったチャートを見れば、どこかの時点で思い切って飛び乗っておけば取れたはずですが、それでは、場当たり的ですし、感情に流されてトレードを行っていることになります。


普段やり慣れていない飛び乗りのタイミングも、すぐにはつかめない可能性も高く、かなり上昇してしまった値位置から飛び乗っていることも多く、それでは高値掴みになる可能性が高いです。


相場で難しい作業の一つに「待つ」こともあり、自分の思惑通りに動かないことが多い相場の世界で自分のポイントまで待つということは本当に難しいです。

しかし、あらかじめ自分ややると決めていること以外の事をやって儲かったとしても、その悪い経験値は後々自分の売買に悪影響を及ぼすということは肝に銘じておくべきです。


なので、押し目を待っているけど押し目が無いから焦って飛び乗るという考えは取り消すべきだと思います。


関連記事:FXのブレイクアウトの買いで勝てない?高値掴みになる理由!



置いていかれるという恐怖を処理するコツ

とはいっても、買いそびれたり、一度利益確定をしてしまった後にレートがドンドン上昇しているのを指をくわえて見ているだけだと、焦りも出てきます。


焦りや恐怖を上手くコントロールするということも大切な作業です。


チャートは色々な動きをするのですが、全ての値動きを取りきるということはプロにも不可能なことです。


逆にプロは、自分が出動すべきポイントになるまで黙って待ち続けることができるからこそ、プロとして生活ができているとも言えます。

待つのも相場だと割り切る必要性

実は取ることができる値動きより、見送る値動きの方が圧倒的に多いですし、全ての値動きに対応しようと考えだすと、常にポジションを持たないといけないという感覚に陥り、それがポジポジ病などの原因になります。


また、押し目を待っているけど押し目が無いという状態の時にチャートを監視していても疲れるだけかもしれないので、そういう時は過去のトレード履歴を反省したり本を読んだりして時間をやり過ごすということも立派な仕事の一部だと思います。


無理をして、損を出すぐらいなら売買に休みを入れるという発想は大切な資金を守るという観点からも大切な考え方です。


関連記事:FX中毒になる原因!トレード依存症を克服する考え方!



浅い押し目が出現した場合

押し目を待っていても押し目が無い状況の時に、浅い押し目が発生した場合はここぞとばかりに買いたくなる気持ちは分かります。


しかし、あまりにも押し目が浅い場合は、その浅い押し目での買いはすぐに損切りに掛かる可能性が高いので注意が必要です。

押し目というからには直近の高値から1/3や1/4ぐらいは下がっている必要はありますし、デイトレードであっても日足で陰線が何本目ぐらいなのか?というちょっと引いた目線も押し目を拾う時には必要です。



とにかく、浅い押し目が発生したと思えたその時は、それが押し目なのか、下落の入り口なのかは分からないです。(それが押し目だったということは、しばらくたってから分かる)

ためし玉

色々と考えて見ても、押し目か下落の入り口なのかの判断を確実に見分けることは難しいです。

そんな場合はためしに、いつもより少ないロット数を打ち込んで様子見をして見るという方法もあります。


仮に、それが間違いだった場合は損切りになるのですが、ロット数を少なくしているのでダメージは限定されます。


ポジションを持ってみた感じで行けると思ったなら、追加で買い増しを行うという方向にもっていくことも可能です。


この様に最初に探りのために、少しのポジションを仕掛ける方法は押し目を探るのに有効で、このポジションのことを「ためし玉」と言います。


ためし玉が間違っていたと思えば損切りをすれば良く、思惑通り押し目だと分かれば追加でポジションを仕掛ければ良いです。


追加のポジションが出来上がった時点でためし玉は本玉へと変化していきます。

この様なやり方は昔の相場師は良く行ったやり方なのですが、最近ではこれらの技術的なことはあまり語られなくなりました…


関連記事:FXで試し玉と本玉の違いについて!適当な打診売買では意味が無い


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

「押し目待ちに押し目なし」とは上手く言ったものでです。

そしてよくありがちなのは、上昇に置いていかれるのが嫌で飛び乗り気味に買ってしまうというミスです。


もちろん相場のことなので、飛び乗って買っても上手く行くことだってありますが、押し目を待っていたけど、落ちてこないから慌てて買うというパターンを繰り返していたのでは、いつかは高値掴みになるはずです。


高い値位置で買ったポジションをすぐに損切りできないと大損をしてしまうので、押し目が無ければ諦めるぐらいの心のゆとりは必要です。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク