木


いくら勝率が高くても損になるときにドカンと大き目の損を出していては、数回分の利益を吐き出すことになるので、差し引きでは儲からないことも多いです。


勝率にこだわっていてもコツコツドカンになるのなら、最終的には手元に金が残らないことに気がつくと、損小利大になるトレードを目指すはずです。


ここでは、FXのデイトレードで損小利大のトレードを狙うコツを考えて行きます。

スポンサーリンク


上位足の値位置を確認

例えばデイトレードなどを行う際には、自分が仕掛ける時間軸(15分足とか1時間足)より上の上位足の値位置がどうなっているのかは結構重要です。


その日のうちに決済することを前提としたデイトレードなので、上位足の値位置はそれほど関係がないように感じるかもしれませんが、その場所で仕掛けたとして利食い余地があるのか、そろそろ動きが一服するのかを考えながらデイトレードを行うことで、損小利大に持っていきやすいです。


下のチャートはドル円の日足です。

日足
例えばAのポイントで底を確認したとして、その後は買いの方針で毎日デイトレードを行う場合でも、上値余地がどれくらいあるかを考えておく必要がありあます。

B・C辺りには左から水平線が引けるような山がありますので、私なら、この辺りに価格が近づいて来たらすこし上値への抵抗が出てくると考えます。


損小利大を目指すのであれば、仕掛けること自体を控える必要も出てきますし。

それでは、様子見ばかりで仕事にならないと考えるなら、あまり利を伸ばすことにこだわらずに程々の含み益で利益を確定させるという考え方も必要です。


色々とフィルターをかけ始めると迷いの原因になりかねませんが、デイトレードであっても日足などで値位置を確認しておくと利食い余地が有るか無いかの参考になることが多いです。


関連記事:利食いができない?FXの利食い千人力について考える!



損小利大にこだわり過ぎると失敗する?

損を小さく抑えることは大切で、損小を徹底して行うことができないと将来的には大損をしてしまう可能性がでてきますので、損切りができないのであればまずは、損切りを躊躇なく行えるように訓練を積む必要が出てきます。


そして、損切りができるようになった後に、出てくる課題として多いのが、利食いが上手くできないということです。


これは、プロの中でも利食いは最も難しい項目として話題に出てくることです。
  • 利益は出来るだけ伸ばすことが良いという考え
  • ほどほどの利益で満足して利益を確定すべきという考え
で意見が割れることも多いです。


これに関しては、人それぞれ性格が違いますので自分の性格に合ったスタイルを取り入れる必要があるのは確かです。


いずれにしても、損は出来るだけ小さくしておくことが大前提で損の額を抑える行為はある程度、自分(こちら側)でコントロールできることです。


ただ、利益幅に関しては、いくら利を伸ばしたいと考えていても相場が動かなければ利は伸びません。


なので、動かない相場や利食い余地がない場所で仕掛けた玉を粘っていても結局は行って来いの展開になって、程々の含み益のところで利食いをしておいた方が良かったのでは…と悩まされることは頻繁にあります。


この辺りの話は永遠のテーマとも言える問題ですが、損小利大にこだわり過ぎてせっかくの含み益がマイナスになったりチャラになったりするのであれば、ある程度の利益で満足してとにかく勝ち癖をつけていくという考えでしばらくやってみると、また違ったアイディアが浮かぶこともあるので相場は奥が深いです。


関連記事:デイトレードのポジションをオーバーナイトさせて利を伸ばすコツ



毎日毎日値位置が変わっていることも確認すべき

例えば、上のチャートのAの辺りでデイトレードを行ったとして儲かったとします。

その後数日間上昇を続けて、もう一度買うということは最初に買いを行った日より高い値位置で仕掛けていることになります。


もちろん、その日その日で売買を仕切って行くのがデイトレードで、その日の結果と次の日の結果が関係ないという考え方もできます。


しかし、以前に買った値段より高い位置から更に買いを行うことに心理的な抵抗を感じることもあります。


また、デイトレ単位で売買を行っている人ばかりではないので、数日間の上昇を確認して利食い売りを仕掛けてくる、スイングトレーダーも存在します。

これらの理由から、上値余地という観点から見ても不利な値位置だと考えておくと、不利な位置(この場合は高い値位置)で仕掛けたポジションの利を伸ばすという発想はちょっと無理があると考えた方が、収益は安定すると思います。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

デイトレードで損小利大は狙える日と、狙えない日があります。

動きが小さい日に利大を狙っても不発に終わりますし、日足などをみてそろそろ上値余地や下値余地がない場面で粘っているのも問題ありです。


できれば、日足などで確認して波の初動の部分をとらえることができた場合は利を伸ばしたいですし、可能なら含み益をオーバナイトさせることで含み益に粘りを出すことができます。


こんな感じで、デイトレで仕掛けた時の値位置などを上位足で確認する癖を付けて行くと、利を伸ばすべきか、程々のの利幅で利食いをすべきかの判断のヒントになります。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク