男性


FXで含み益が出た時はすぐに利益を確定させて、含み損が出た時には粘るという人も多いですが、それだと損を抱えた状態で過ごす時間が圧倒的に多くなります。


それに耐えることこそが仕事で、含み損に耐えるメンタル強化をすべきだという考えもあるようですが、個人的にはその考えには少々疑問が残ります。

ここでは、「FXの含み損を気にしない」のはちょっとマズいのでは?という話をしていきます。


全体的な、資金管理にも影響することで、FXで生き残りたいと考えるのなら大切な考え方だと思いますので、是非最後まで読んでみて下さい。

スポンサーリンク


含み損を気にしない考えの限界…

まだ、FXの練習段階で少ないロット数で取引を行っているのなら、含み損と言ってもそんなに大きな額ではないので、気にしないことも可能だと思います。


しかし、それは額が小さいからできることで、ロット数が大きくなって来れば話が違ってくるはずです。


そして、いつかはロット数を上げて行かないと本格的に金儲けができませんので、少ないロット数で練習をしている段階でも、そのことは念頭において練習をすべきです。


少ないロットならできるけど、ロット数を上げたらメンタル的な負荷が掛かり上手く行かなくなることも多いです。

ましてや、大きなロット数で含み損に耐えるなどということは想像をしただけでも恐ろしくなるのではないでしょうか?


なので、含み損に耐えるだとか、含み損を気にしないというやり方には少々慎重になるべきだと思います。


関連記事:FXでメンタルが強いってどんな状態?強化する方法の誤解について



耐えてる時間が長いと効率が悪い

損小利大という言葉もあるように、損をする時にいかに小さく抑えておいて、利益をできるだけ伸ばして行くことが相場で効率的に儲けるコツだと言われています。


この考え方と反対の考えが、含み損に耐えるという考え方です。

もちろん、はじめから計画的に買い下がったり、売り上がる場合は、はじめの方のポジションに関しては含み損になるのですが、それはあくまでも、ためし玉ですので、イメージと違う展開になれば躊躇なく損切りをするべきです。


含み損を抱えている状態だと、どうしてもその損がなくなって欲しいという思いから、希望的観測になりがちで、冷静にチャート分析ができないことが多いです。


そして、自分の希望とは逆に相場が展開していけば、含み損は拡大していってメンタル的にも厳しくなっていきます。


冷静にチャート分析ができていたら、違う考えも出てくる場合が多く、耐えている時間が長いということはそれだけ効率が悪い時間を過ごしているとも言えます。


関連記事:FXの含み損で夜も眠れない?耐えられないときの対策!



資金管理の観点から考える

仕掛けてみたものの損になったからそのポジションに関しては、ひたすら耐えて仕掛け値付近に戻ってくるという方法では、資金管理という面から見てもあまり良い考えとは言えません。


FXでエントリー(仕掛け)を行う時には、どうなったら降りる(利食いをする、損切りをする)かを決めておく必要があり、それは大切な資金を守ることと直結します。


FXで勝率を100%にすることを夢見ていてもそれは現実的ではありません。

勝ったり負けたりの繰り返しで、差し引きでいくら手元に残るか?という事を考えて行く仕事ですので、負けた時の処理の上手さで収益に大きな違いが出ます。


また、含み損に耐えていても戻ってくるという保証もないですし、更に含み損が拡大した場合にはダメージが大きくなります。


関連記事:FXは損切りしない方が儲かる?戻らない場合はどうなる?

メンタルについて

FXはメンタルが大切だというフレーズはよく耳にしますし、実際にメンタル的なことは大切なことです。


なので、メンタルを強化したり、メンタルを安定させるためのトレーニングを取り入れることで、より利益を安定させることができます。


しかし、メンタルを強化するといっても、含み損に耐えることがメンタル的に強いという考えの方向に進んでしまっては、少し方向性が違うといえます。


常に冷静にチャートを分析できる工夫や、どんな状況になっても自分で決めた売買ルールを破らないというメンタル強化は必要ですし、儲かったり損したりすることで、いちいちぶれない心も必要です。


お金が掛かっていることなので、慣れないうちは損を出せば落ち込むこともあるでしょうし、儲かって喜ぶことも多いはずです。


しかし、常に自分を見つめ直しながら経験値を積んで行けば、ある程度の耐性はついてきます。


含み損が拡大する前に損切りをして仕切り直すという行為も、慣れれば抵抗なく行えるようになりますし、一度損を出すので気分は悪いかもしれないですが、最終的にはその方が手元にお金が残ることが分かって行きます。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

儲かった時には早く利益を確定させて、損をしている時にはそのポジションにしがみつくのでは、損小利大の逆になってしまいますので効率が悪いです。


人間である以上どうしても、利益を早めに確定させたいですし、損は先延ばしにしたいですし、相場で稼ぐのが難しい原因の一つです。

すぐには実行に移すのは難しいのですが、概念だけでも理解してFXの練習を積んで行けば少しずつ、損小利大に近づけることができます。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク