迷路


FXで稼ぎたいと考えてトレードを開始したものの、思っていた通りに稼げなかったり、順調に利益を出していたけど突然勝てなくなることもあります。

実際にお金が絡んでくる事柄で、よくわからい(頭の中で整理がついていない)状況でFXを続けて行くと、連敗地獄に入り込んで抜け出せなくなることもあります。

ここでは、FXを続けていて「よくわからなくなった」「行き詰った」ときの対策について考えて行きます。

スポンサーリンク


何をやっているか分かっていない状態はリスキー

FXは上手く行けば稼ぐことが可能ですが、失敗した場合は損になってしまいます。

全てのトレードを勝ちトレードにすることは不可能なので、続けて行けば、必ず負けトレードは発生すると考えるべきだと思います。

なので、自分のトレードスタイルの勝率儲かるときの平均pips数・損する時の平均pips数などはきちんと把握しておく必要があります。

これを把握するためには、自分なりに売買ルールを決めたり、過去検証を行う必要があるので面倒だと感じる人も多いと思います。

しかし、自分が何をやっているかを分かっていない状態はリスキーです。

損をしたり、収益がトントンの状態が続くとついつい焦ってトレードにのめり込んでしまうことは多いですが、まずは冷静になって自分のトレードスタイルについて考えてみるべきだと思います。


関連記事:FXで売買ルールが決められない?作れない時の解決方法!

やらなければ損にはならないという事実

やればやるだけ損をしている状態で、トレードを続けることはNGです。

確かに、損をすれば気分は悪いので早く取り返したいと思うのは当然ですが、そういった感情に任せてトレードを続けていてはすぐに資金が底をついてしまう可能性が出てきます。


やらなければ利益になることもないのですが、やらなければ損になることもないという考え方に頭を切り替えて、自分の売買履歴を振り返って反省をする期間を設けることによって、色々な気づきが出てきます。


それを踏まえて、売買ルールを作り直したり、ロット数の上げ方などを見直すという地道な作業を繰り返しているうちに「よくわからい」という状態から抜け出すことが可能になります。

基本的には、FXを始めたばかりの頃は誰しもが手探り状態からのスタートになりますので、苦しい期間になるかもしれないですが、この期間を乗り越えた先には安定した利益が待っていると思って頑張るべきです。


関連記事:FXの成長段階でよくある失敗のパターン!



相場環境が悪いのか?自分が悪いのか?

相場環境の変化に対応するために

よくわからい…という状態の中には、相場環境の変化に対応できていないというパターンもあるかもしれません。

基本的には、相場歴が長くなってくると色々な相場環境を経験しているので「今はレンジ相場だ!」「ある程度トレンドがある!」といった感じで相場環境の変化に対応することもできます。

例えば、相場が動かない年にレンジの往来を取りに行く方法で利益を出すことができたとしても、相場に勢いが出てきた場合は、往来を取りに行く方法をいつまでも続けていても厳しいはずです。

これは、逆の事も言えて、トレンドフォロー系のやり方で利益を出していた場合は相場の動きが小さくなってきたときに苦戦します。

相場は動きが大きい時期と動きが小さい時期を呼吸のように繰り返しながら、続いていきますので、これらの見極めは非常に重要になります。


しかし、ある程度時間が経過しないと(一定期間のチャートの形成がないと)今がレンジ相場なのかトレンド相場なのかの判断が難しいですし、それがいつまで続くかは誰にも分からないことです。

これは、経験が長くなると少しずつ覚えてくることではありますが、相場師にとって永遠のテーマであると思いますしいつまでたっても答えが出ないテーマだと思います。

だからこそ自分の売買を深く反省したり、常に売買ルールをカスタマイズし続ける必要があると私は考えています。


関連記事:FXの勝ちトレードでも反省が必要!勝って兜の緒を締めよう!

自分が悪くて行き詰ることも…

せっかく上手く行っていたのに、もっと稼ぎたいと考えて余計なルールを加えたり、違うやり方を併用したために売買のリズムが狂っていき最終的には「わけが分からない状態になってしまった…」といパターンもよくあるパターンです。

これは、相場環境の変化と言うよりは、自分の心の中で起こっていることを上手く処理できていないがために起こる現象だと思います。


トレードで最も大切なのは、メンタルであるという意見が多いのものこういったことが、たびたび起こることが多いからだと思います。

しかも、トレードを行っている最中は自分では変な方向に突き進んでいることに気がつかないことも多いので、「よくわからい…」だとか「行き詰って困っている…」という状態にあるのなら、まずは自分のメンタルがどういった感じなのかをよく見つめ直してみると良いです。


できれば、ノートなどを用意して、現在の状況やそれに対してどんな対策を考えているのかを記録として残しておくべきです。

また、そういった事柄の答えは一日で出す必要はないので、じっくりと時間を掛けて検討して答えを出すのが良い解決方法だと思います。(もちろん、その間トレードはお休みすべきです。)



まとめ

FXを続けて行くと「よくわからない…」という感じで行き詰ることも出てきます。

勉強不足でチャート分析の方法が分からないのであれば、色々と勉強をやり直す必要も出てきます。

逆に、知識が多いがために分からなくなってしまうこともあるのですが、そんな場合は自分が相場のどの波を取りに行きたいのかを確認し直したり、メンタルの状態を整理してみると、考えがまとまってくることが多いと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク