成功


FXは大切なお金を掛けた真剣勝負の世界です。

一歩間違えば大金を失う可能性もあり、そうなれば自分の人生が台無しになってしまうことだってありますし、場合によっては家族まで巻き込んでしまうかもしれません。


なので、FXで稼ぎ続けたいと思うなら、楽しくない検証作業や自分の弱点を分析する嫌な作業も必要になってきます。

ビギナーズラック的な感じで、すぐに利益が出る人もいますが、長い期間FXを続けて行けば、必ず実力の違いが収益結果に出てきますので、ある程度の努力はしていかないと一定以上のレベルから上には行けないと考える方が常識的な考え方だと思います。


ちょっと堅苦しい文章になってしまうと思いますが、相場の世界で生きて行くからには、必要な心構えだと思いますので、最後まで目を通して下さい。

スポンサーリンク


FXは楽しい?楽しくない?

FXに限らず何でもそうですが、趣味や娯楽のうちは楽しかったことも、それを職業にすると少しも楽しくない…ということは多いと思います。

逆に言えば、FXに楽しさをを求めているうちは、まだ趣味的要素を排除しきれていないとも言えます。


FXは全ての取引で利益になることは無く、損になる取引も出てきます。

当然ですが場数を多く踏んでいけば、含み損を抱える場面や、損になる取引が続くことだってありあます。


利益になった時には喜んでいるけど、損になった時にはカッとなったり極端に落ち込んだりしている状態では、淡々と相場を張って行くことはできません。

こういった感情を抑えながらトレードを続けて行くことは、想像以上に難しい行為で、ほとんどの人が感情に振り回されてFXで損を出してしまいます。


過去検証を行ったり、トレードが終わった後に反省を繰り返すことで、自分の性格上の弱点などを把握することだできるので、FXで利益を出し続けるためにはこれらの努力は怠るべきではないと思います。


関連記事:FXの勝ちトレードでも反省が必要!勝って兜の緒を締めよう!



トレーダーと鴨の水掻き

「鴨の水掻き」という言葉の意味は、水面上に浮かんでいる鴨は優雅で気楽そうに見えるけど、水面下では必死に水掻きを動かしてる様子から、傍から見ると楽しそうにしている人でも人知れず努力や苦労をしているという事を表現している言葉です。


FXトレーダーは世間から見れば、定職にもつかないニートだとか、ただのギャンブラーだというイメージが強いと思います。

その事については、分からない(分かろうとしない)人達にどう思われても気にする必要は無いと思いますが、FXで安定して利益を残して行きたいと考えるなら、努力(鴨の水掻き)は絶対に必要です。

適当な売買の結果は自分に返ってくる

まあいいか…という適当なやり方を続けて行けば最終的には必ず損になりますし、資金管理のルールや売買ルールを破った場合も長い目で見れば、最終的には損という形で自分に返ってきます。

これは古今東西不変の法則だと思いますので、FXをやるからには自分を厳しく律する必要があります。


資金管理のルールを突き詰めていったり、何故売買ルールを破ってしまうのか?(なぜ損切りができない?など)を細かく分析することは、楽しい作業では無いです。

もしかしたら、非常に苦痛を伴う作業になるかもしれません。


しかし、FXを行う目的はお金を稼ぐことで、金儲けである以上はそこに楽しさを求める必要は無いと思います。

何でもそうですが、自分が楽しい(面白い)思いをしたい場合は金を払ってサービスを受けるのが普通です。

お金をもらう(稼ぐ)ということは、つまらない作業を繰り返したり、嫌だと思うことでも、やらないといけないということだと思います。


その努力を世間から認めてもらえるか、認めてもらえないかは関係ありません。

あくまでも私の考えですが、FXは承認欲求を満たすために行う行為ではないと思います。


FXや副業に興味がある人であれば、勉強や努力については共感してもらえる場合もありますが、FXに興味が無い人にとっては、ただの遊びやギャンブルだと思われることも多く、相場師(専業トレーダー)はとても孤独な職業です。


関連記事:FXの成長曲線は人それぞれ!他人と比較すると焦って失敗する



努力の先にある未来

ステップ


相場師(専業トレーダー)は孤独ですし、場合によっては、世間からは楽をして金を稼いでいるろくでもない人間だと思われるかもしれません。

また、努力をしたからといって必ず儲かるとも限りません。

それでも、FXで安定して利益を残すことができるようになれば、明るい未来が待っていると思います。


例えば、専業トレーダーになれば煩わしい人間付き合いからも解放されますし、ある程度は時間も自由に使うことも可能です。

また、全員が専業を目指す必要も無いと思います。

仮に兼業であってもFXを極めることで、得ることができる恩恵は多いと思います。

会社から貰っている給料にプラスしてFXで毎月+10万円~+20万円の収益があれば、金銭的な余裕は全然違ってくると思います。


大切なことは、FXに対して真摯に向き合って努力を続けることです。

そして、結果を焦らず、まずは負けない状態を目指しましょう。多くの人がFXで失敗するのは、はじめから結果を求めるからだと思います。

はじめてすぐに安定して利益を残すことは難しいので、はじめは少額の取引でFXの練習を繰り返す過程は大切です。

まとめ

適当な(いい加減な)売買で、たまたま(まぐれで)利益になることがあってもビギナーズラックが永遠に続くことは無いはずです。

トレードで成功するためには自分の長所を伸ばすだけではダメで、自分の短所を改善していく必要があります。

自分で自分にダメ出しをしていく作業は苦痛ですし、それを毎日毎日続けて行くには強い忍耐力を要します。

残念ながら他の専業トレーダーとの交流がないので、皆さんがどうしているのかは分からないのですが、FXで安定して利益を残している勝ち組トレーダーは、間違いなく人知れず努力を重ねていると思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク