ファイナンス


FXはお金を儲けるために行うのでどうしても、「儲けたい!儲けたい!」と利益のことをばかりに目が行きがちです。

始めたての頃の私もそうでしたので、気持ちは良く分かるのですが、しばらく続けて行くと思っていた通りに利益にならずにイライラしてしまったりします。

そこで、感情的になって大損をしてしまいFXから撤退さざるおえない状態になってしまっては、元も子もないです。


なので、FXを始めたての頃はまずは負けない状態を目指し、それができるようになったら利益のことを考えるのが実は回り道をせずに勝ち組に入れる秘訣かと思います。

仮に私が最初からこの事に気がついていれば、とんでもないような失敗や余計な大損をせずに安定した状態になることができたと考えています。


ここでは、FXをやるならまずは損切りなどのリスク管理を極めて、大きな損失をおさえることが大切だという事をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


負けない状態とは?

ここで言う、負けない状態とは
  • 年間に1~2回のトレードでたまたま負けていない
  • 損切りを確定しないうちは負けでは無い
という事ではありません。

毎日毎日トレードをする必要はないのですが、それなりの回数をこなしてトータルしてそこまで酷い負けになっていない状態を負けない状態とします。

ビギナーズラックという言葉もあるので、あまり勉強や研究をしない状態でFXをやっても儲かることはあります。

しかし、儲け続けることが難しいのがトレードの世界です。

例えば、100万円を1億円にしたというトレーダーがたびたび登場します。

その話が本当か嘘かの審議は脇に置いておきますが、その1億円を5億→10億にしたという話はあまり耳にしません。

その後どうなったのかは私には分かりませんし、あまり興味もないのですが、ひと時だけ儲けることができてもリスク管理などがきちんとできていないと、最終的には利益を吐き出すことになるという教訓にはなります。


関連記事:FX初心者に必要な手法は一つだけ!あとはリスク管理とメンタル!



ジョージ・ソロスの名言

ジョージ・ソロスという有名なトレーダーがいます。

ブルームバーグのランキングによればソロスは、2015年9月の時点で世界で24番目の億万長者で個人資産は277億ドルにもなるそうです。

ヘッジファンドがまだ世の中に浸透していないころに、ファンドを立ち上げ大成功を収めたことでも有名です。

そんな、ジョージ・ソロスの名言の一つに「まず生き残れ!儲けるのはそれからだ」という言葉があります。

個人資産が277億ドルのトレーダーでも、その点を強調していますので、まずは負けない状態を目指すことが大切なことが分かります。


関連記事:FXは余裕資金で始めるべき!負けられない状況では勝てない理由



負けない状態になるためには

損切りの徹底

損切りができなかったり、損切りが遅いと損失が大きくなります。

損切りばかりでは利益が残らないじゃないか?と考えがちですが、大損てしまう一番の原因は損切りができないことです。

大きな損も最初は小さな含み損から徐々に大きくなっていきますので、損は大きくなる前に処理をしなくてはいけませんし、トレードが上手な人は含み損をダラダラと抱え込んだりはしません。

損切りが躊躇なくできる状態になったら初心者から中級者以上へレベルが上がったとも言えますし、トレードを続けて行くのであれば避けては通れないのが損切りです。


関連記事:FXの早すぎる損切りについて!チャート分析でポイントを決める!

トレード回数の限定

損切りは躊躇なくできるが、次から次へとトレードを繰り返ししまう状態も負ける確率が高くなります。

いわゆる「ポジポジ病」と呼ばれる状態ですが、無駄なトレードは精神力を疲弊させますし、場合によってはトレード中毒のようになってしまうこともあります。

デイトレードであれば、一日のトレード回数を厳しく制限することは生き残るうえでは、とても大切なことです。


関連記事:オーバートレードとは?常に売買をしないと満足できない?

トレードに休みを入れる

意識的にトレードを休むことも大切です。

特に連敗中などはむきになって、損失を取り返したいと無理なトレードを行いがちですが、それで傷口を広げて行って破産するパターンも多いです。

利益になることもあれば、損になることもありますので、自分の感情がぶれていることに気がついたら数日~数週間トレードを休んで、区切りをつけることもリスク管理になります。

休んだって、意味がないと感じるかもしれませんが、気持ちが一度リセットされ冷静にチャートリーディングを行えるようになります。

昔の相場師の方々も売買に区切りを入れることを大切に感じていて、調子よく利益を積んで行っているのに突然しばらく相場を休んだりすることもあったようです。

人から見ると良く分からない行動ですが、自分の中でリズムをコントロールしていく方法だったのだと思います。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

トレードはまずは負けないことです。

コンスタントにトレード回数をこなして、口座のお金が極端に減らない状態になっていることがとても大切です。

大きく稼ぐことができても大きく負ける可能性があるやり方では、どこかでメンタル的な負荷に耐えられない瞬間が出てきて、その時にとんでもない大失敗をやらかしてしまうというパターンは、昔から同じです。

まずは口座のお金を減らさないようにリスク管理を徹底することをマスターして、その後に利益を伸ばすことを考えていくことが、細くても長くトレードの世界で生き残る秘訣です。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク