成功


FXのデイトレードを行う際に5分足をメインに使うトレーダーも多いです。

これについては、5分足では短すぎるのでノイズが多いという意見も多いのですが、人それぞれ好みがあるので、5分足を使うか15分足ぐらいを使うのかは、大きな問題ではないです。


ただ、5分足だけを使ってデイトレードやって失敗するパターンも多いので、デイトレードやる際に確認しておいた方が良いことをお伝えします。

スポンサーリンク


5分足でのシグナルの信憑性について

チャート分析には色々な方法があるのですが、例えばチャートパターンなんかもあります。

5分足で
  • Wボトムが完成した
  • ヘッドアンドショルダーが完成した
  • トライアングルをブレイクした
と判断して仕掛けてもそれがダマシであることも多いです。


インジケーターでも同じことが言えて、5分足で
と判断できても、チャートパターンと同じくダマシに終わることが多いと思います。


確かに、5分足で上手く仕掛けに成功したら、早いタイミングで仕掛けることができますし、一日に数回のトレードチャンスがあるかもしれないので、5分足に魅力を感じる人は多いです。

ただ、5分足だけで判断をしていると、チャートを近視眼的に見ていることになり、大きな流れに沿ってトレードが出来ない原因になります。


関連記事:FXのデイトレードでメンタルが崩壊する原因と対処法!



5分足のダウ理論が機能しない?

5分足がダマシになりやすいのは、ダウ理論にも当てはめることができます。

ダウ理論は
  • 直近の高値と高値、直近の安値と安値がそれぞれ切り上がっている時に上昇トレンド
  • 直近の高値と高値、直近の安値と安値がそれぞれ切り下がっている時に下降トレンド
と判断できます。


ダウ理論についてこちらでまとめています。
↓ ↓ ↓
ダウ理論の使い方!目線の固定やトレンド転換を見極める!


これを5分足でも使うことは出来るのですが、大切なのはもっと上の上位足ではどうなっているのかを確認することです。


5分足で上昇トレンドと判断できても、1時間足では下降トレンド中であれば、5分足の判断で買っても失敗に終わる確率の方が高いかもしれません。


もちろん、1時間足では下降トレンド中でもいつかは切り返して上げに転じるので、その初動をとらえるために5分足で早めに仕掛けて行くという戦略もありますが、その場合でも、1時間足での値位置が大切です。

まだまだ、下げの余地がある最中に買いを入れても、失敗する可能性の方が高いので、転換を狙って5分足のダウ理論を使う際にも上位足の値位置を確認すると無駄打ちが減ります。


関連記事:FXで目線を切り替えるタイミングは?上位足を確認する重要性



5分足のダウ理論が機能する場面

5分足でダウ理論を使う方法も色々ありますが、ここではこれまでの流れが転換するポイントの初動に乗る方法を模索してみます。

買い
上のチャートは5分足で安値が切り上がりつつある場面でダウ理論では、それまでの下降トレンドが崩れ始めている場面です。

Aのポイントでは買いを検討したいですし、実際にその後、上昇しています。


このポイントを1時間足で見てみると

1時間足
このポイントになります。

前回の安値付近から反発を開始したポイントであることが分かります。


売りのパターンも見てみます。

売り
上のチャートは5分足で順調に上昇していた場面ですが、安値の切り上がりが崩れて上昇トレンドの流れが崩れ始めています。

その後、ピンク色の部分のボックスを下に抜けてから、下落に勢いがついています。

この場面を1時間足で見てみると

1時間足
Bのポイントです。


確かに1時間足上でも直近の安値と高値は切り上がっているのですが、もっと左側を確認すると大き目な下げを開始したであろう起点が確認できて、その値段付近で上値を抑えれれているようにも見えます。


また、安値と高値もそれぞれ3~4回ぐらいずつ切り上げていますので、そのまま上昇していくと考えるよりも、多少調整が入ると考えることができれば5分足での下げをとらえることも可能です。

上位足の値位置を確認

上では2つの実例を出しましたが、このようにして5分足のダウ理論のパターンが怪しくなってきたときに、上位足の値位置や左側の傾向を確認することで、転換の初動をとらえることも可能です。


もちろん、そのままトレンドが継続していくこともありますし、このやり方はトレンドの継続を期待する、ダウ理論の使い方とは少し違います。

ただ、5分足のダウ理論を使って失敗するケースも多いので、そんな場合は発想の転換をすることで負けトレードが勝ちトレードに変わることもあります。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

デイトレードをやる際に5分足を使う人も多いですが、5分足のダウ理論だけではチャート分析の根拠としては弱いかもしれません。

マルチタイムフレームなどと聞くと複雑なことをやるイメージもありますが、単純に上位足の値位置を確認するだけでも結果に違いが出てくるかもしれません。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク