ビンタ


決済(手仕舞い)をしてその直後に、売り買い反対の売買をすることをドテン売買といいます。

ドテンは直前のトレードが利食いか損切りかは関係なく、買いから売り、売りから買いにひっくり返して売買を行うことを指します。


ドテンは昔から難しいとされていますが、レンジ相場の往来を取りに行くのなら、利食いの後にポジションをひっくり返すこともあります。


ただ、損切りの後に、見込み違いだったと思いドテンを行いそれも損になったら、「往復ビンタ」をくらってしまうことになります。


往復ビンタで傷口を広げて行き、売り買いを何回も繰り返して1日が終了してしまう状態(オーバートレード)では規律の取れたトレードとは言えません。

ここでは、「往復ビンタ」について考えて行きます。

スポンサーリンク


往復ビンタは避けたい

往復ビンタになってしまうということは、目線がコロコロ変わっていると言い換えることもできます。

もちろん、見ている時間軸やその時の相場の状況次第なので、ケースバイケースなのですが、損切りの直後に「損になったから、見込みが違った!」と考えて、反対の方向に仕掛けるのはちょっと強引な仕掛け方といえます。

すぐに先ほどの損を取り返すことができることもありますが、その場の雰囲気(目先の動き)で目線を切り替えているので、長い目で見ていけば損切の後にすぐにドテンをしても、深みにハマってしまうことが多いです。

2連敗以上のダメージ

仮に、損切り後にドテンをして、また損切りになってしまったら、2連敗になります。

実は、この2連敗は単に2連敗しただけではなく、1回目の方向で仕掛けておけば2回目は利益になったかもしれないので、余計なことをやって利益のチャンスを損にしてしまった可能性すらあります。

なので、2連敗以上に大きなダメージになってきます。

また、3回目の仕掛けはどっちにすれば良いか分からなくなってしまいますので、その後のトレード判断にも影響します。


関連記事:FXで逆も真なりについて!勝てないので真逆の事をやると儲かる?



往復ビンタを避けるために

とっくに目線を切り替えなくてはいけない場面なのに、しつこく同じ方向に仕掛けてやられていくパターンも問題ありですが、往復ビンタを何回も繰り返して、バタバタとトレードを繰り返すのは避けたいです。

往復ビンタはちょっと工夫すれば改善できる可能性が高いので、対策を見ていきます。

負けたら一回チャートから離れる

利食いの後にドテンをして負けるのもあまり良くないですが、それは往復ビンタでは無いです。

往復ビンタは、損切りの直後のにドテンをしてまた負ける状況ですので、損切りになった後にメンタル的におかしくなってドテンをしてしまうのであれば、損切り後はチャートから離れて、頭を冷やすのが一番です。

すぐに取り返さなくてもトレードチャンスはいくらでもありますし、毎日勝つことがトレードを行う目的ではないことを一度冷静に考えてみて下さい。


関連記事:FXはチャートから離れるのも技術の一つ!24時間監視は無理!



目線を固定する

やり方にもよりますが、デイトレードぐらいの時間軸で売買をしていて、その日のうちに目線が切り替わることは珍しいと思います。

もちろん、売り買い両方ありだと判断できる日もありますし、トレード転換するような日は途中で目線を切り替えないと、対応できないですが、それはどちらかといえば基礎ができた人が応用として行う売買です。

なので、基本的にはその日は「買い」なのか「売り」なのか目線を固定して、その方向で仕掛けて行く癖をつけると、往復ビンタは避けることができます。

しばらく、続けて安定して利益が残せるようになってきたら、自然と目線の切り替えもできるようになっていると思います。


関連記事:FXで負けが続いているときに、取り戻そうとするのは致命的なミス

1日の取引回数を厳しく制限する

往復ビンタの後にさらに、ドテンをしてまた損になったら最悪です。

また、損切りになったらすぐに反対に仕掛けてしまうのも冷静さに欠ける判断です。

後から売買を見直してみて、何を根拠にトレードを仕掛けたり、手仕舞いを行ったのかが分からないと困ります。

順調に利益になっている時は冷静にチャートを分析できるのに、損切りになったらムキになって強引なトレードを行っても良い結果にはならないです。

普段は冷静沈着な人でも、お金が掛かったトレードになると性格が豹変してしまう人も多いです。

1日の取引回数を厳しく制限することでムキになって何回もトレードを行っていく「ポジポジ病」を避けることができますので、取引回数についても売買ルールに組み込んでおくと良いです。


関連記事:FXで大きく動くときは取れる?荒っぽい動きはリスキーで難しい?

まとめ

トレードを行っていけば、連敗することはあります。

しかし、損切り直後にドテン売買をして「往復ビンタ」をくらうとダメージが大きいので、損切り後に目線を切り替える場合は、かなり慎重に判断を下したいです。

しっかりとした根拠があって目線を切り替えたのであれば、それは仕方なない損なのですが、感情任せにドテン売買をして出す損は、避けられる損です。

細かいことなのかもしれませんが、トレードはちょっとしたミスから傷口が広がって行くこともおおいので、損切り直後は特に慎重になる必要があります。


関連記事:FXは勝ちにこだわり過ぎると失敗する?勝率より内容が大切!

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク