ストレス


FXでは100%の勝率は維持できないです。

なので、どうしても負けが続いてしまうこともあります。

儲かっている時には有頂天になりやすく、損が続いている時には落ち込んだり取り、損を返したいと考えるのが人間の心理なのかもしれませんが、トレードが上手な人はこの辺りの気持ちをうまくコントロールしています。

トレードでは負けた時の対処の違いで結果に大きな違いが出てきますので、負けが続いている時の考え方や対処法を確認していきます。

スポンサーリンク


損切りを外すのはマズい考え

損切りが大切だということは色々な所で語られていますし、損切りをしなかったために大損をしてしまったという、体験談もよく耳にします。

なので、損切りはできるようになったのだが、損切りをした後に結局は仕掛けた方向にチャートが戻るということも多いです。

何度もそのようなことを体験すると、損切りをすることがバカらしく感じることも出てくるかもしれません。

しかし、損切りをしないで様子見をした時に、大きくトレンドが発生したら払う代償はかなり大きなものになることは想像できると思います。

確かに、ほとんどの損切りはしなくても大丈夫だったということが多いですが、一回の大損で壊滅的なダメージを受けることもあり、それを防いでくれるのが損切りのオーダーです。

なので、損切りが無意味だと感じた場合は、損切りをすることで大切な資産を守っているということをもう一度ど確認しましょう。


関連記事:FXはメンタルによる損失を防ぐだけで負け組から卒業できる!



損切りが続いたときの対処法

結局のところは上手く行かないときに「いかにしてしのぐか」ということになりますので、自分のリズムと相場が合っていないと感じた場合は、上手く対処する必要があります。

損が続くこともあると受け入れるしかない

まずは、損が続くこともあると受け入れることも必要です。

たまに、日ベースでは損になったことが無いといった話を見ることもありますが、その話を鵜呑みにして自分もそうできると考えると危険です。

仮に、その話が本当だったとしてもそれは、たまたまその人ができるだけで、万人に通用する出来事ではないと考えましょう。

勝ちが続くことだってあるのですから、損が続くことだってあります。

極端に酷い場合は売買ルールを見直す必要もありますが、ある程度は仕方ないことだと割り切る気持ちも必要です。

問題は、負けが続いている時に傷口を広げてしまわないことです。

ロットを抑える

まずは、負けが連発している時はロットを抑えることが大切です。

ムキになって取り返そうとロットを上げるのは、ただ感情のおもむくままにトレードを行っていて、リスク管理ができていない状態といえます。

負けた次にロットを大きくして勝てることもありますが、続けて行けばいずれは壊滅的なダメージを受けることになります。

マーチンゲール的なやり方は破産する人が良く行う方法ですので危険です。

なので、負けが続いている時はロット数を抑えて、調子が戻ってきたら元のロット数に戻すようにしましょう。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!

休む

何もしないで待つのも立派な仕事です。

何もしなければ、利益のチャンスを逃すのでは?と考えがちですが、損のトレードを見送ることができているならそれは「見えない利益となっている」と考えても良いと思います。

負けが続いている時は少なからずメンタル的に負荷が掛かっていますので、数日~数週間相場からはなれることで、気持ちを一度リセットすることは必要です。


関連記事:FXの成功率と休むも相場について考える!手数が多くても勝てない



いつも勝てるという気になるのは危険

トレードの目的は、勝ったり負けたりしながらトータル(差し引き)で利益に持っていくことです。

なので、毎日少しでも勝つことが目的になったり、いつも勝てるような気になると一回一回の勝ち負けにこだわるようになってしまいます。

そうなると、絶対に負けられないという思いが強くなりますので、必然的に損切りに抵抗を感じたり、より確実なポイントだけで仕掛けようという考えになります。

100%確実なポイントを見つけることなどは不可能なことですし、損切りをしなければいつかは大きな含み損を抱えてしまうということになります。

なので、いつも勝てるという気になったり、絶対に負けなくないという思いが強くなって来たら危険な兆候です。

自分の心の中で起こっていることを客観的に判断することは難しいのですが、例えばトレード日記を書くときに、どこで買ったどこで売ったなどということ以外にも、メンタル的な変化なども書いていくと、客観視しやすいです。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

結果が良い時に順調に進めて行くことは誰にでもできます。

しかし、トレードでは結果がダメな時(ダメな期間)に、どうしのいでいけるかが重要です。

壊滅的なダメージを受けなければ次のチャンスはいくらでもありますので、上手く行かない時期は無理をしないで、損失をできるだけ少なくしていくことは非常に大切なことです。

金が無くなればトレードができなくなりますので、自分の資金を守るという意味でもよく考えるようにして下さい。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク