電卓


FXの手法ややり方を色々と勉強していくと、ナンピンという考えがあることを知り興味を持つこともあるかと思います。

資金管理や損切りがしっかりと行えないのであれば、大損になってしまう可能性もあるのですが、昔からある考え方ですし、リスクがあるのはどんな手法でも同じ事であると考えることもできます。

ナンピンを行うのであれば、まずは1,000通貨以下で練習を行ってから本格的な売買に移行することで、いきなり損失を出して資金を減らしてしまうという事態を避けることができます。

まずは1,000通貨以下でナンピンの練習をする

トレードを行う目的はお金を稼ぐことで、良い年をした大人が稼ぐというからにはそれなりの額を想像するのは当然です。

例えば、月に数万円の小遣い稼ぎをしたいと考えるのであれば、リスクのあるトレードをやらなくても他に稼ぐ方法はあります。

しかし、いきなり本格的にトレード(特にナンピン)をスタートさせても上手く行かないことが多いです。

トレードで安定して稼ぐことができる人の割合は少なく、勝ち組に入るまでには練習する期間が必要であることは念頭に入れておく必要があります。

特にナンピンは損になる時の額が大きくなりやすいので、逃げるタイミングが下手だと一回で大損をしてしまい、そのままFXから退場させられることすらあります。

なので、まずは修業期間であると割り切って1,000通貨以下の取引でナンピンの練習を行いましょう。

良い年をした大人が数百円~数千円の売買を繰り返すことは正直、馬鹿らしいかもしれませんが、これを怠って破産してしまうような人も多くいることは念を押しておきます。


関連記事:FXは余裕資金で始めるべき!負けられない状況では勝てない理由

ナンピンでも損切りは必要

いくら、チャート分析を行っても、今後の為替のレートが上がるのか下がるのかは分からないです。

なので、一回で上がる下がるを当てに行くのではなく、仕掛けを数回に分割して行いその平均の値段を現在値に近づけたい、というのがナンピンの考え方だと私は思います。

単発で仕掛けたけど、含み損になったのでそれを逃れるためにナンピンを行うという方法と、最初から分割で仕掛けることが予定されていた仕掛け方では、似ているようでいて質(レベル)が違います。

また、ナンピンで仕掛けたとしても、撤退ライン(損切りライン)は決めておくべきで、それ以上含み損が拡大するようなら、一度損切りをして仕切り直す必要があります。

「ナンピン=必勝法」「ナンピン=損切りなし」という考えではリスク管理が抜け落ちていますので、必ず大きな損を出すことになってしまうので、注意が必要です。

いつかは戻ってくるという考え方について

ナンピンを損切りを逃れるための方法と考えるのは危険です。

含み損を抱えても粘っていれば、いつかは戻ってくるという考え方の延長上にナンピンがあるのであれば、ナンピンには手を出さない方が良いです。

確かに、ナンピンをすれば平均値は現在の為替レートに近くなりますので、少し戻った所で逃げられる可能性は高いですし、そのようなことは多いです。

仮に、一度そのようなやり方で損切りをしなくても助かった!という経験をしてしまうと、次回以降も損切りをしないでどんどんナンピンを仕掛けて行くと思いますが、無計画なナンピンを行った後に、さらに相場が動いた場合は「とんでもないこと」になってしまいます。

なので、ナンピンをする場合でも、自分の都合の良い方にレートが戻ってくるという考え方はやめましょう。


関連記事:無限ナンピンと分割売買の違い!


ナンピンと資金管理について

100通貨や1,000通貨単位なら含み損を抱えても耐えられる額にとどまるし、ナンピンをしても資金管理がきちんと出来ているという説明を目にします。

あくまでも個人的な感想ですが、100通貨や1,000通貨のトレードは練習やためし玉を入れる単位のトレードです。

確かに、少ない金額でのトレードなら含み損の額は耐えられる額にとどまるかもしれませんが、それでは利益になる時だって少ない金額なので、本格的なトレードを考えるのであれば、いつまでも1,000通貨以下のトレードを行っているべきではないと思います。

一定の期間練習の売買を繰り返した後は、少しメンタル的に負荷が掛かるであろう金額を動かしてみる必要もあり、練習売買の段階からある程度はそのことも視野に入れておくべきです。

そして、本格的な金額に移行した時に、同じようなことができるのかをよく考えてみる必要があります。

ロット数を上げたら、含み損に耐えられないとかビビッてナンピンができないということはよくあることです。

そのようなことも含めて、ナンピンという方法をよく検証したり、資金管理やリスク管理について考える必要があります。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

ナンピンは必勝法ではありませんが、損切りやリスク管理がしっかりとできるのであれば、今でも通用する方法だと思います。

スキャルピングやデイトレードでナンピンを行うことはおススメできないですが、ポジショントレードを行うのであれば、まずは1,000通貨以下でナンピンの練習を行ったうえで、本格的なトレードに移行するようにすると良いと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク