PC


FXの経験が浅いうちは本当の怖さを知らないので、エントリーの時にプレッシャーが掛かることが少ないかもしれません。

しかし、大損をしたり、連敗をしたりしているうちに徐々にエントリーする時に恐怖心を感じることもあります。


また、儲かってくるとせっかくの利益を減らしたくない…という気持ちも出てくるので、エントリーの時に妙なプレッシャーを感じることもあります。

ここでは、エントリーの時に感じるプレッシャーを軽減させる方法について考えて行きます。

スポンサーリンク


プレシャーを完全に排除することは不可能

FXはお金が掛かった真剣勝負です。

なので、多少は軽減できてもプレッシャーを完全に取り除くということは不可能だと思います。

どんなに、上手な人でもエントリーの時には多少の負荷は掛かっているはずですし、損切りになった場合には気持ちが良いものではありません。


また、ロット数が多くなって行けば行くほど、メンタルに掛かる負荷は大きくなって行きます。

なので、1,000通貨ぐらいでは安定して稼ぐことができていたのに、10,000通貨ぐらいにした途端に、エントリーの時にプレッシャーが掛かるということもよくあることだと思います。


そういった場合は、ロット数の上げ方が早すぎるという問題もありますが、少し負荷が掛かるぐらいのロット数での取引に慣れる必要も出てきます。


関連記事:FXでロット数を上げると勝てない?おすすめの増やし方を紹介!



プレッシャーが掛かっている状態でも淡々と続ける

基本的には為替自体に意思があるわけでは無いので、こちらがプレッシャーを感じていることとは関係なく、為替のチャートは動きます。

確かに、プレッシャーが掛かっている状態でエントリーを繰り返すのはメンタル的には厳しいのですが、プレシャーに負けて、そのたびに取引を中断してしまっていては中断ばかりが多くなります。


もちろん、損切りばかりが続いているのなら一度取引をストップして売買ルールを見直したり、過去検証をやり直さないとマズいです。

しかし、売買ルール自体に大きな問題が見つからないのであれば、ある程度は腹をくくって続けて行くというぐらいの覚悟も必要です。


別の言い方をすると、
  • 実際に自分の資金を使って取引をした場合に、どんなプレッシャーが掛かるのか?
  • 自分がどれくらいの額でメンタル的に厳しくなるのか?
は本を読んで勉強をしたり、過去検証をしている段階では分からないことも多いです。

なので、エントリー時にプレッシャーを感じるようになって、本を読み返してみたりすると、改めて理解できることも多いです。(これでプレッシャーを多少軽減できることも多いです)


基本的にはFXは一人でチャートと向き合ったり、自分のメンタルを見つめ直すことが多い仕事ですのです。

プレッシャーを感じ始めたら自分の性格を確認したり、売買履歴を見直してみたりして、プレッシャーが掛かっている状態でも淡々と取引が行える方法を自分で見つけ出して行くことになります。


こういった、事を何度も何度も繰り返して行くうちに少しずつロット数に慣れたり、プレシャーに慣れたり、軽減することができると思います。


関連記事:FXでエントリーが怖いときの対処法!恐怖を克服するコツ!



プレッシャーの原因を特定してみる

そうは言っても、プレッシャーが掛かり続けている状態も厳しいと思いますので、多少は軽減できるかもしれない方法を考えてみます。

まずは、
  • 自分が何に対してプレッシャーを感じているのか?
  • どんな状況でプレッシャーを感じてしまうのか?
かを特定しましょう。

例えば、ロット数が多くてプレッシャーを感じているのなら、自分にはまだそのロット数が多すぎたということになります。

なので、少しだけロット数を下げて取引をやってみるという解決策が思いつくはずです。


その際は、再度ロット数を上げることを見据えて、メンタル的に多少は負荷が掛かるロット数でチャレンジしてみると良いです。


連敗連勝が続くと負けたくないという思いが強くなって、エントリーの時にプレッシャーになることもあります。


どうしても、直近の出来事の記憶が強く印象に残るので、特に連敗をしている最中はエントリーを躊躇してしまったり、連勝中は大胆になってしまうものです。


その時に、熱くなってFXにのめり込んでしまうのであれば、それは危険なので一度、取引はお休みして頭を冷やす必要があります。


ただ、連敗や連勝ということはFXを続けて行けば必ず起こることです。

なので、売買ルールから外れた行動をしていないなら、メンタル的に負荷が掛かっても多少は踏ん張らないとチャンスを見送りすぎる癖がついてしまいます。


もちろん、休んでおけば損をしないという考えもできますので、この辺りは一概には言いきれない部分もあるのですが、休んでもいつかは取引を再開することになります。


結局は、プレッシャーの原因が特定できたら、改善点を自分なりに考えて、再度取引に臨んでいく以外に抜け出す方法は無いのかもしれません。

いずれにしても、プレッシャーの原因が分からないと、ただ漠然とプレッシャーを感じている状態ですので、まずは思い当たる原因をノートなどに書きだしてみて検討してみることで多少は軽減できるかもしれません。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

FXを続けて行くのであれば、エントリーの時にプレッシャーが掛かるという問題とは常に向き合う必要があります。

トレードの知識が豊富な人やトレードが上手な人でもエントリーの時には、多少のプレッシャーは感じながらトレードを続けています。

なので、プレッシャーを完全に排除するというよりは、軽減させるぐらいに考えて、プレッシャーが掛かりつつも淡々と取引ができる状態を目指して行くべきだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク