計画


FXについて色々と勉強していくとインジケーターについて掘り下げてみたくなることも多いです。

しかし、色々なインジケーターを組み合わせたり、パラメータをいじってみても意外と勝てないことも多いです。


インジケーターを使って高勝率を狙ったり、負けない手法を追い求めることは聖杯探しに近くなっていきますので、努力の方向性がずれている可能性があります。

ここでは、インジケーターを研究するときの注意点をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


インジケーターは遅効性がある

インジケーターの種類は色々とありますし、組み合わせを含めるとその数はかなり多くなります。


ただ、どのインジケーターにも言えることは遅効性があるということです。

インジケーターは価格に対して色々な計算をして導き出すものなので、過去の傾向を把握するのには役に立ちますが、インジケーターが何かしらの指示を出したときには価格自体はある程度動いていることがほとんどです。


インジケーターを使うことを否定はしませんが、この事をよく理解してインジケーターが出すシグナルには遅効性があることは、差し引いて考えておかないとイメージ通り儲からないという現象が出てきます。


関連記事:グランビルの法則で勝てないのはなぜ?上手く使えない理由は?



後付けになりやすいので注意が必要

例えば、インジケーターを使って過去検証をしているとどうしても、結果が良くなるように後付けで都合よくインジケーターを組み合わせたり、パラメーターをいじりたくなります。

この様な行為をカーブフィッティングといいます。


カーブフィッティングは検証上は上手く行くけど、リアルトレードでは上手く行かない原因の一つです。


また、オシレーター系のインジケーターは買われ過ぎ・売られ過ぎの数値に張り付いたまま、価格が一向に切り返さないということも多いですし、それを避けるために色々とフィルターをかけて行くと、トレードチャンスが激減してしまいます。


FXに関する書籍を何冊か読むと、インジケーターについて説明がされていますが、説明上分かりやすいチャートを後付けで例として出していることがほとんどであることも念頭に置いておくと、インジケーターが機能しなくて慌てるということも少なくなります。


関連記事:カーブフィッティングとは?FXの過去検証でやりがちな失敗!



インジケーターで未来を予測することは不可能?

インジケーターは過去の値動きがこういだったとか、それに対して価格が今この辺りにあるということが分かる道具の一つです。


なので、インジケーターに過度な期待を持つと機能しない時の落胆が大きくなります。

個人的にはインジケーターは、あくまでも物差し程度に使うべきで、未来を予想するために使うべき物ではないと考えています。


我々は為替のレートそのものを売買しているので、例えばドル円のRSIだとかポンド円のがどうなっていても、価格が全てであるという考えに近いのが私の考えです。


いくらRSIが売られ過ぎのエリアにへばり付いていても、レートが下がり続けているのであれば、その間に買えば損になりますし、それまでは雲に抑えられる動きをしていても、次回は雲を突破することもあります。


インジケーターを色々と表示させてるけどイメージ通りに利益が出ない人はこの辺りの考えをよく理解するとまた違ったチャート分析ができるかと思います。


関連記事:インジケーターを使わないでプライスアクションににこだわる理由


売買に統一性を出すための利用方法

ここまでは、インジケーターに過度な期待をすることは問題であると書いてきました。

しかし、インジケーターを使うことにもそれなりのメリットもあります。


その中の一つに、売買に一貫性が出てくるということがあります。

いくらプライスアクションの方が優れていると言っても、段々と感覚的な要素が強くなってしまい、後から見たら自分の売買に統一性がないとスランプに陥った時に改善方法を考えることができません。


インジケーターを使って仕掛けるタイミングを決めているのであれば、少なくても毎回毎回違うパターンで仕掛けているということはないので、売買には統一性があるといえます。


あくまでも物差し程度で、インジケーターで未来を正確に予想することは不可能なのですが、仕掛けるタイミングをはかったり、相場のうねりを把握するのに役に立つのであれば、邪魔にならない程度にインジケーターを表示させておくことはありだと思います。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

インジケーターは遅効性があるので、どうしても後付けになりやすい性質があります。

しかし、そのことを十分に理解したうえで使うのであれば、使いこなすことは可能だと思います。


また、インジケーターは道具なので、コロコロと変更するといつまでも使いこなすことができません。

これを使ってみよう!と思ったらしばらくの期間は使い続けることが大切です。


関連記事:FXでインジケーターの組み合わせについて!使いすぎると逆効果?

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク