難破船


FXをやっていて、「自分がポジションを作るとなぜか必ず逆行する…」と思えることも多いはずです。

「買えば下がるし」「売れば上がる」といった感じで、FXって勝てないようにできてるんじゃないか?と段々と自信を無くしてしまう人も多いです。

この記事では、ポジるとなぜか逆に行くと感じる原因(理由)やそれに対しての対処法を確認していきます。

スポンサーリンク


FXは持っていられない動きをする

よくよく考えてみれば分かると思いますが、必ず負ける(逆に行く)という理屈はおかしいと思います。

何故なら、為替自体には意思があるわけでは無いからです。

あくまでもFXのチャートをみて、買うとか売るとかの判断を下しているのは自分自身で損益の結果は自分自身で下した決断の結果であると考えるべきです。


最終的には上がるか下がるかのどちらかに動くとしても、自分がポジションを抱えてから上下の結果がでるまでには紆余曲折の動きがあり、途中ではポジション保有に耐えられないような動きをすることも多いです。


上昇する前に一度、すこし下げて根拠の薄いトレードを行っている人達を振るい落としてから上昇したり、ダラダラと横ばいの動きを続けて皆が嫌になって投げた後に大きく動くということは、FXに限らず相場ではよくある光景です。


こういった、動きに一喜一憂して腹を立てたり、必要以上に落ち込んでいる状態では、安定した利益を残すことは無理だと思います。

マイルールを作って淡々と取引を繰り返すべき

場当たり的にその場の雰囲気で買ったり売ったりしていても、売買に一貫性が出てきません。

自分がポジると必ず逆に行くと思うなら、その逆のパターンでエントリーをすればよいはずですが、そもそもやっていることに一貫性がないとその検証すらできないと思います。


なので、自分の性格や生活のリズムなどを考えて、ポジション保有後の動きに対して自分がどんな心理状態になるのかも考慮しながら、自分なりに売買ルール作る必要があります。

そして、売買ルールを決めたらある程度の期間は淡々とルール通りにトレードを続けて行くことが大切です。

その場の雰囲気に流されて売買ルールを破っていては、いつまでもポジると逆に行くという無限ループから抜け出せないと自分に厳しくFXに取り組むべきです。


関連記事:FXで売買ルールが決められない?作れない時の解決方法!



皆が思っている方に動かないことも多い

今は、TVやネットで様々な情報を目にすることが多いので、嫌でも情報が目に入ると思います。

為替の動向やNYの株価などについても、すぐに目に飛び込んでくると思いますし、それに対して色々な予想も情報として目に入ります。


基本的には相場観は人それぞれなのですが、大きなニュースや事件が発生した時は、ほとんどの人が同じ方向感を持っている時もあります。

しかし、実際に為替が上がるか下がるかはその時になってみないと分からないことが多く、皆が思ている方に動かない(想定外の動きをする)ことも結構な頻度であります。


ほとんどの人が下がると言っているから売るとか、皆が買いで儲かっているから自分も買うという感じで相場を張っても逆に動くことが多いはずです。

なぜなら、FXで常に儲かっている勝ち組の割合は少ないからです。(上位5%ぐらいだと言われえています)

なので、皆がこの方法が良いと思えたり、理にかなっていると思える方法では稼ぐことができなかったり、皆が思っている方向とは逆に動くということはよくあることです。


関連記事:FXの成功率は何%?勝ち組の共通点を分析!



売買履歴を反省して分析をすべき

「儲かった、損した」という記憶は意外と曖昧なことが多いはずです。

基本的には、儲かった時より損した時の記憶が鮮明に残りやすかったり、直近の売買の記憶が大きく印象に残っているはずです。


なので、自分がポジションを取った時だけ逆に動くと感じているなら、それが本当にそうなのかを確かめてみるべきです。


FX会社の売買履歴を確認すれば、過去に自分がどこで仕掛けたり、どこで損切りや利食いをしたのかは確認できます。

できれば、チャートを印刷して売買履歴を元に、自分が仕掛けた場所や降りた場所に印を書きこんでいくと色々なことが分かってくるはずです。

  • 自分の記憶が曖昧であること
  • ポジると必ず逆に動くという法則は無いこと
  • 売買に一貫性が無いこと
  • 見送ったトレードでも逆に動いていることも多いこと
などが、おぼろげにでも見えてくると思います。

こういった、作業は地味ですし面倒な作業です。

ほとんどの人がやりたくないと感じる作業だと思います。


上にも書いたようにFXで安定して利益を残せている人の割合は、上位5%ほどで本当に少ない数字です。

ただし、負け側の95%の中にはほとんど勉強もしないし、自分の取引結果について反省もしないという人達も含まれています。


地味ではあっても、売買履歴を見直したり、自分がポジションを作ると逆行すると感じる原因を追究していくことで、上位5%に入れる確率がぐんと上がりますので、すぐには結果が伴わなくても諦めずに作業を続けて行くべきだと思います。


関連記事:相場で過去検証と実際の結果に違いが出る?理由と対策を考察!

まとめ

自分がポジると必ず逆に行く…と感じる場合の考え方や対処法について考えてみました。

自分の売買履歴を確認したり、売買ルールを作る作業は面倒ですが、やはり大切なお金を掛けた真剣勝負ですし、仮にFXで安定して稼ぐことができるようになれば、色々な夢が実現できると思います。

努力をしたからといって必ず報われるとは限りませんが、勝ち組は地味な努力を続けていことは間違いない事実です。


関連記事:相場で簡単なことを続けることの大切さと、続けること難しさ

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク