トレード


FXって結局は上がるか下がるかの二択なので、続けて行けば勝つ負けるの勝率は50%ぐらいになって行くはずだと考えていると、突然やってくる連敗に驚いてしまいます。


次は勝てるだろう!連敗はそのうち抜け出せるだろう!とムキになってトレードを続けると、気がつけばとんでもない損になっていた…ということになりかねません。

10連敗とか20連敗することも絶対にないとは言えませんので、ありえないと思える連敗に直面した時の対策を確認していきます。

スポンサーリンク


どんな手法にもドローダウンはある

やり方や手法は色々あって、それによって勝率や狙いに行く値幅は違うのですが、100%の確率で勝てる手法は存在しないです。

なので、FXを続けて行けば負けトレードも出てきますし、当然連敗も出てきます。


自分がやっているやり方と相場つきが噛み合わない時は連敗が続くこともあり、この事をドローダウンと言います。

過去の検証やデータ上では儲かるやり方・手法でも必ずドローダウンのタイミングがあることは、はじめから想定しておかないと、突然やってくる連敗に対処できないです。


関連記事:FXで逆にしか動かないと感じた時の確認事項!?


10連敗・20連敗など、ありえない連敗だってある

連敗があることは分かるし、ある程度は耐えることも必要なことは理解しているけど、10連敗や20連敗と負けが続くと流石にメンタル的にも気持ちが折れてきます。


また、実際にその間資金は減り続けているので、リスク管理という側面から見ても、その状態でトレードを続けて行くという考え方には疑問が出てくる数字です。

例えば、1日に1回のペースで売買を行ったとして20連敗したのであれば、約1ヶ月の間負け続けているということになります。

その状態で、21回目の売買を何事もなかった感じで張り込める人はあまりいないと思います。


相場のことなので、10連敗・20連敗と連敗が続くことはあり得ますが、実際はそうなる前に手を打つ必要があるはずです。


関連記事:FXで連敗を早く抜け出す方法!メンタル崩壊の前にやるべき事!



連敗の入り口を探る

私の経験上の話になってしまいますが、とんでもないミスを犯したり、連敗から抜け出せなくなるなどの状態に入り込む前には前兆があるものです。

私の場合だと、例えば、
  • 連勝が続いて気持ちが大きくなっていた
  • ルールを少し破っても結果的には儲かった
  • 違う売買ルールを検証もせずに実践した
  • 監視する通貨ペア数を増やした
  • ロット数を上げた
  • 私生活で気になることがある状態でFXをやった

このような状態の時は、自分でも気がつかないうちに連敗地獄への入り口に足を踏み入れている可能性が高いです。


私の場合はですが、手法とかやり方というよりは、このような自分の心の中で起こっていることが原因でトレードのリズムを狂わせてしまい、連敗に入り込んでいくことが多かったです。


これは人それぞれ違いますので、自分の過去の売買をしっかりと見返してみると色々と気がつくこともあると思います。


関連記事:FXはメンタルによる損失を防ぐだけで負け組から卒業できる!

自分の感情を調べるコツ

自分の感情(メンタル)を冷静に見つめながらFXに取り組むことは大切です。

自分の感情を冷静に把握するのに、一番良い方法は、トレードが終了するたびに反省日記を付けてることだと思います。


日記には収益結果やチャート上のポイントに加えて自分の感情についても書いていくようにすると、どんな時に気持ちが大きくなったり、ビビったりするのかが分かるようになります。


反省日記は人に見せるものでは無いので、正直な気持ちをそのまま書いていくようにしないと書く意味がないです。


また、日記は書いたらそれで終了ではなく、例えば土日や月末に見直しをするなどして、定期的に反省を繰り返す必要があります。


このような地味な作業の繰り返しを行うことで、連敗に入り込んだ時に「これはヤバい!」と感じっ取れるようになってきます。

その感覚がついてくると、手に合わない時や自分のメンタルが少し荒れている時に「休む」という決断ができるようになります。


関連記事:FXの売買記録・トレード日記の書き方!



休みを入れられるようになると楽になる

連敗になるか、ならないかは結果が出ないうちは分からないので、休むのは無駄な行動だと感じるかもしれません。


でも、実際に連敗から抜け出せなくなってしまった状況よりは、その間相場を休んでいた方が良いはずです。


毎日トレードをやらないといけない、という決まりは無いです。

連敗が続けば段々と焦りが出てきますし、損の額も増えて行きますので、それが精神的にプレシャーになります。


逆に連勝が続くことで、気持ちが大きくなったり、損切りに対して抵抗が出てくることもあったり人間の感情はちょっとしたことで変な方向に向かってしまうことも多いです。

FXの場合はそのちょっとした気持ちの変化で、損になってお金を失うリスクが潜んでいますので、自分のメンタルを落ち着かせるという意味でも適度に「休み」を入れるということは意外と重要です。


>>FXの練習をして成功するために最適な方法!


まとめ

「こんな連敗はありえない!」と思ってみても、実際に起こったことなのでそれが真実です。

手法自体に優位性があれば、続けて行けば良いという考えもできますが、実際に資金が減り続けて行くので、負け続けているやり方を続けるというのは個人的にはちょっと乱暴な資金管理では?と思います。

とりあえずは、一度「休み」を入れて、何故連敗に陥ってしまったのかを確認すべきだと思います。

ブログランキングに参加しています。下の二つのボタンを一日一回ずつクリックして頂けると、ランキングが上がり、記事作成のやる気につながります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ  



スポンサーリンク